HP制作にも使える! 誰でも簡単に縦長のLPを作れる「ペライチ」「Instapage」が良さげ!

 - 

 -  >

 -  Web Design

あるサービスのLPをみていたら一番下に「created by ペライチ」という記載があったので、気になってみ見てみたのですが、これすごくいいサービスですね!

似たサービスで、「Instapage」というサービスもあります!

Instapage: Landing Page Software for Better Marketing
ペライチ – あなたのサービスやショップを魅力的にみせる 1枚の紹介ページがつくれるサービス

 

Lp easy

 

LP(ランディングページ)ってなんだよという人も、このサービスはかなり使えると思うので、ここで離脱しないでくださいw

ちなみに、LPとはこういうものです。広告などを使用して飛ばすページはその会社のトップページに飛ばすよりも、その広告に合わせたページに飛ばしたほうがいいので、その着地ページがランディングページです。

一般的に「ランディングページ」や「LP」が指すものは、一つの商品やサービスを売るための、一枚の長いWEBページです。

【ランディングページとは│10分で理解できるLPの基本】より)

 

ベーシックな形のHPである必要はない

NewImage

●ITproのページ構成(上部)。ヘッダと本文,ナビゲーションがある

 

NewImage

●ITproのページ構成(下部)。フッタ内には著作権表記,その他細かいリンクが入っている

エンジニアのためのWebデザイン教室 – 第8回 Webページの基本的な画面構成とレイアウト手法の歴史的変遷:ITproより)

 

ベーシックなウェブサイト、ホームページはこのようにヘッダー・メインコンテンツ(本文)・サイドバー(ナビゲーション)・フッターによって構成されていることが多いです。

このブログもPC版はその4つで構成されています。

 

ただ、すべてのサイトがこの4つで構成する必要があるかというとそうではありません。

ホームページとか、ブログであってもLPのようにワンカラムで構成してもいいと思うんですよね。その方がスマホ対応も楽ですし。

もちろんサイトによりますが、サイドバーに色々なものを掲載してもあまり成果につながらないことが多いです。

 

LP型のホームページは今後増える!

LPが縦長で余計な情報が入っていない理由の一つとして、コンテンツへの没入感があります。(特化した情報を特化したターゲットに届けていることが前提ですが)

メディア系だとすでにサイドバーなしのLPに近い形のものが増えています。Mediumや海外メディアのQuartzBIG ISSUE ONLINEもリニューアルを行ってからはワンカラムの縦長のデザインにしています。自分もこれからワンカラムにリニューアルする予定です。

LP型のホームページも増えています。三井不動産全体のサイトはさすがに、ベーシックなサイトですが、一事業部や一サービスに特化したサイトであれば、このような形式の方がいいと思います。
31 VENTURES|三井不動産株式会社 ベンチャー共創事業部

 

規模や事業内容によりますが、ベーシックな形のHPにしてほぼ見られない情報をどんどん増やしてくよりも、ターゲットを絞った最低限の情報を1ページに盛り込めば、こういったLP制作ツールを活用して十分に良いサイトを作ることが可能だと思います!

今後のトレンドを考えても、色々と活用することが可能そうなサービスです!

 

Instapage: Landing Page Software for Better Marketing
ペライチ – あなたのサービスやショップを魅力的にみせる 1枚の紹介ページがつくれるサービス

 

Instapageの使い方などはこちらの記事が詳しいです。

無料で簡単にオシャレなLPを作れるInstapageがスゴい! | Ptengine Blog

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2015 All Rights Reserved.