十分の一以下! 二つの方法でPDFファイルをめちゃくちゃ軽くできる!

 - 

 -  >

 -  Web Design

PDFをメールに添付しようとしたら重くてアップできない

PDFをサイトにアップしようとしたら重すぎて、アップすることができない・・・

 

そんなことってありますよね。

自分は最近ウェブデザインの仕事をしているのですが、それに関連して色々なサイトの更新作業も行っているのですが、PDFをzipに圧縮してアップしなければいけなかったのですが、PDFのデータサイズが大きくてアップすることができませんでした。

NewImage

 

そこで色々な方法を調べていたら、二つの方法を使ってPDFファイルをなんと十分の一以下まで軽くすることができました!

 

 

Adobe Acrobatで軽くする!

一つ目の方法は、Adobe Acrobatというソフトを使います。

この目的以外にはまだ使ったことがないのですが、こういうPDFファイルの修正などを目的で使うソフトのようです。

新しい文書を一から作成するのに貴重な時間を費やす必要はもうありません。紙の文書やPDFファイルに含まれる既存のコンテンツを活用し、PDF上での直接修正も、Microsoft Office形式への書き出しも可能です。編集作業は、コンピューター、ブラウザー、モバイルデバイスいずれの環境でも違和感なく進めることができます。

Adobe Document Cloud | Adobe Acrobat DCより)

 

この方法でまず3分の1ぐらいまでは軽くすることができます。

今回はこちらのPDFファイルを選択。
軽量化する前は56.8MBも容量がありました。

NewImage

これをAdobe Acrobatで開いたらメニューバーの「ファイル」から「別名で保存」を選択。

NewImage

この時にフォーマットを「Adobe PDF ファイル(最適化)」に設定するのがポイント。これだけで大幅な軽量化が実現します!超簡単!

【80%カット】PDFファイル超簡単に、圧倒的に軽くする方法。より)

 

Adobeの製品なのでクリエイティブクラウドを使っている人なら無料でこれだけでまずかなりファイルを軽量化することができます。

 

ただ、自分の場合これよりもまだ少しだけ軽くする必要があったんですよね。

そして、色々と調べていたらこんな方法も見つかりました。

 

 

ウェブサービスを使って無料で軽くする!

もう一つは、PDF 圧縮 – オンラインでPDFを無料で縮小できる!というサイトを使って軽くすることが出来ました。

この2つの方法を使うことで、だいたいもとのファイルの十分の一くらいまで軽くすることが出来ました!

 

この方法は、ブラウザ上で行うのでクリエイティブクラウドに入っていなくても簡単に無料で軽くすることができます。

ファイルの崩れがないかをチェックしてみても2つの方法どちらのあとも特にズレはなかったので、とても便利な方法です!

 

そして、Adobe Acrobatはすでにやっているファイルもけっこうあるので、それだけだと軽くならないこともありますが、この方法はやっていないこともあるのでオススメです!

PDFを軽くしたい、軽くしなきゃないという時は試してみてください!

 

Adobe Document Cloud | Adobe Acrobat DC
PDF 圧縮 – オンラインでPDFを無料で縮小できる!

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2015 All Rights Reserved.