ビットコインを中心に未来を考える! 「マネーと国家と僕らの未来」

 - 

 -  >

 -  ソーシャルデザイン, 書評

実業家のホリエモンこと堀江貴文さんと農家学者の茂木健一郎さんとプロデューサー金杉肇さんによるマネーと国家と僕らの未来を読みました。

ビットコインの解説から始まり、ビットコインが今後どのように社会に影響を与えていくのか、そしてビットコインにとどまらない未来や、それぞれの思想の話をしています。。

ビットコインはどういうものなのか、まだちゃんと知らなかったので、少し難しい部分もありましたが、その解説としても、もっと広いビットコインが及ぼす社会への影響を考える上でも面白いです!

 

はじめに 堀江貴文

・お金の本質は、紙幣や硬貨というモノにあるわけじゃなくて、信用と言う目に見えないものにある。だから、みんながそこに信用を託すさえことができれば、どんなものであってもお金として通用する。ビットコインは「仮想通貨」として呼ばれている。これは奇妙な表現だ。お金の本質である信用とは、そもそも目に見えない仮想のものだから。「仮想通貨」の呼び名は、手で狂れられる紙幣や硬貨に対して、デジタルな存在だからという理由でつけられたんだろうけど、それは外見にとらわれた名称であって、その本質を考えれば、いわゆるリアルマネーだって同じく仮想の存在だ。

・仮想通貨は、国の信用によって支えられているわけではない。作ろうと思えば誰でも作れる。実際にビットコイン以外にもたくさんの仮想通貨が生まれている。だけど、作ることはできても、信用してもらえなければ多くの人に使ってもらうことはできない。お金を誰でも作ることが出来るという今の状況は、お金と信用の関係を改めて考えるいいきっかけになると思う。

・ビットコインの台頭は、多くの人が今まで当たり前のように受け止めて来たお金と国家の関係を根底から揺さぶろうとしている。

 

多数決のマネー

お金は誰でも自由に作れる 堀江貴文

・ビットコインはオープンソースなお金だ、つまり、誰でも使えるだけではなく、発行にも決済にも関わることができる。発行の仕組みも、決済の内容も公開されている。そして、国家という強大な権力を持ってしても、意のままに操ることはできない。

ビットコインの仕組み

・暗号技術を使ってネット上でお金の価値をやり取りするP2Pの仮想通貨であり、決済網だ。オープンソースだからアルゴリズム(仕組み)には誰でもアクセスすることることができるし、誰でも作ることができるけれど、かなり先進的な仕組みだから、簡単に作れるというわけではない。通貨の発行量には、2100万BTC(ビットコイン)という上限がある。

自由な個人がみんなで管理

・ビットコインには、総取引台帳を独占的に管理している人や組織は存在しない。それはP2PでつながっているすべてのPCによって管理されている。中央集権的な旧来の通貨とは真逆の発想だ。

 

ビットコイン革命

未来をイマジンできる脳とは? 茂木健一郎

不特定多数の知恵と力

・ビットコインの「すごさ」は、不特定多数の無名の人の知恵や力が集積して成り立っているところだ。

・このことは、専門家と呼ばれる人のある種の仕事が不要になることを示しているとも解釈できる。一人の専門家が長い時間をかけて蓄積してきた知恵を、不特定多数の人々の知恵の集積が凌駕する時代が実現しつつある。

感情による判断は危険

・従来の通貨とはまったく成り立ちの子よなるビットコインが安全かどうか、これまでの経験からはまったく判断がすぐにはつかないから、不安を感じても不思議なことではない。さらには、ビットコインに代表される文明の新しい潮流を批判したくなる心情もわかる。これまでの常識を覆されるのは、変化を好まず、現状を維持したがる安定志向の人には不安だろう。しかし、その不安にとらわれて感情的に反発してしまうのは危険だ。

 

所有からシェアへ

好きなことをして稼ごう 金杉肇

プチジョブの時代が来る

・この先10年で旧来の大企業という枠組みがなくなり、起業する人が増えると言う予測もあるくらいだから、いずれ就職と言うシステムも大きく変化することは明らかだ、同時にプチジョブの時代が来るのではと予測している。

マネーと国家と僕らの未来より)

 

このように、それぞれの立場でビットコインやテクノロジーを中心とした話が繰り広げられており、三人で対談をしている部分もとても面白いです。

 

従来の通貨とはまったく成り立ちの子よなるビットコインが安全かどうか、これまでの経験からはまったく判断がすぐにはつかないから、不安を感じても不思議なことではない。さらには、ビットコインに代表される文明の新しい潮流を批判したくなる心情もわかる。これまでの常識を覆されるのは、変化を好まず、現状を維持したがる安定志向の人には不安だろう。しかし、その不安にとらわれて感情的に反発してしまうのは危険だ。

この本の中で印象に残っていることの一つがこの部分です。

少し前に、メディア業界のポーター、マクルーハンから学ぶ! 「今こそ読みたいマクルーハン」という今こそ読みたいマクルーハン (マイナビ新書)の書評記事を書きましたが、マクルーハンも近いことを感覚比率ということで言っています。

 

・マクルーハンにとっては人間が生み出すすべての道具がテクノロジーであり、テクノロジーは感覚と深く結びついているものです。従って新しい道具の登場は、感覚比率の混乱をもたらすことになります。しばらくすればそれは落ち着き、新しい感覚比率の下で社会行動が営まれることになるわけですが、とにかく技術の内容云々ではなく、新しい技術は必然的に混乱と不安を招くと考えられるわけですね。こうした不安の反動として引き起こされるのが、過去へのノスタルジーです。不安の裏返しで、過去の感覚比率を相対的に良いものと感じてしまい、新しいテクノロジーの導入が過去のテクノロジーを理想化してしまうわけです。

・新しいテクノロジーが必然的に不安をもたらすからといって、それを迎え入れる準備を怠ってよいということにはなりません。1969年に行われたプレイボーイ誌のインタビューにおいて、マクルーハンはこんなことを言っています。
古い価値観を更新する準備を怠れば怠るほど、新しい技術環境によって、より大きな苦痛がもたらされるでしょう。

今こそ読みたいマクルーハン (マイナビ新書)より)

 

まさにビットコインは、紙幣・硬貨ではなくデジタルであることなど感覚比率が乱されている一つの事例だと思います。

ビットコインはMicrosoftが支払い対応の導入を決めたり、どんどん世界では普及が進んでいます。

スクリーンショット 2015 01 02 11 55 47

coinmapより)

 

この地図をみるとわかりますが、使える場所の多くは欧米です。

今後どこまで普及していくかはわかりませんが、このまま日本でも普及していかなければ、「古い価値観を更新する準備を怠れば怠るほど、新しい技術環境によって、より大きな苦痛がもたらされるでしょう。」ということが起こってくかもしれません。

 

関連記事はこちら。

メディア業界のポーター、マクルーハンから学ぶ! 「今こそ読みたいマクルーハン」
評価経済社会でどう生きて行けばいい? 「僕たちは就職しなくてもいいのかもしれない」

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2015 All Rights Reserved.