2019年、オリンピック前年「表現の自由」はどうなる? 「有害都市」

 - 

 -  >

 -  ソーシャルデザイン, マンガ

NewImage

 

となりのヤングジャンプ : 有害都市というマンガが面白いです!

2019年、東京の街ではオリンピックを目前に控え、“浄化作戦”と称した異常な排斥運動が行われ、猥褻なもの、いかがわしいものを排除するべきだという風潮に傾き始めていた。
そんな状況下で、人の屍肉を食べたいという抗し難い欲求にかられる“食屍病”の蔓延を描く作品を発表する一人の漫画家がいた。“表現の自由”を巡る業界震撼の衝撃作!!

 

オリンピックの前年の年である、2019年を舞台に表現の自由をテーマにしたマンガで、5年後の2019年にこのようなことが実際に起きていてもおかしくないと思うような、面白いマンガです。

また、作者は筒井哲也さん(STUDIO221)という方で、予告犯と言うマンガは映画化もされるようです。(映画『予告犯』公式サイト

 

スクリーンショット 2014 11 20 20 17 51

スクリーンショット 2014 11 20 20 21 28

スクリーンショット 2014 11 20 20 21 41

スクリーンショット 2014 11 20 20 21 49

スクリーンショット 2014 11 20 20 25 04

スクリーンショット 2014 11 20 20 25 20

スクリーンショット 2014 11 20 20 26 43

 

このような、内容で本当にこれから起きてもおかしくなさそうな内容です。

まだ、2話しかありませんが、今後の展開が非常に楽しみなマンガです!

 

Twitterでも非常に人気です!


 

また、となりのヤングジャンプというサイトを知らなかったのですが、無料でけっこう色々なマンガが読めて、面白そうなマンガがたくさんあります!

NewImage

となりのヤングジャンプ : となりのヤングジャンプについてより)

 

ブラウザで読むタイプなのですが、一話ごとなので、DLも速くてスムーズに読むことができて、とてもいいサイトです。

とりあえず、ここで色々読んでみている途中なので、他にもいい作品があったら紹介をしていきます!

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.