「見えない。そんだけ。」は本当だった! ブラインドサッカーに参加して、コミュニケーションの大切さを再確認!

 - 

 -  >

 -  ソーシャルデザイン

日本ブラインドサッカー協会|Blind soccerが行っているOFF TIMEに参加してきました。

 

 

ブラインドサッカーってどんなスポーツ?

知らない人もいると思うので、まず、ブラインドサッカー自体を簡単に紹介していきます。

 

これは世界レベルの人たちのプレイの様子ですが、全く見えない状態にも関わらず普通にプレーをしています。

このように目隠しをしながら、仲間の声とボールの音を頼りにプレーを行います。(ボールの中に鈴のようなものが入っていて、音がなる仕組みです。)

もとは、障害者向けのスポーツで、パラリンピックなどの種目でもあります。

 

サッカー未経験者とこの人たちで、試合をしたら、ブラインドサッカーの選手の方が勝ちそうなくらい普通に上手いです!

 

協会のHPのこの文章が非常にいいなと思ったので、紹介します。

ブラインドサッカーはたとえるなら可能性という名の種火です。

この種火に「国際大会に向けての強化」という薪をくべれば、パラリンピックを目指した強化事業になり、どのように選手を育てていくか育成の事業になります。

この種火に「コミュニケーションを密に図りながらチームプレーをする」という薪をくべれば、一般の方々に向けたコミュニケーションのワークショップとなります。

この種火に「強い信頼関係が構築されないとパフォーマンスが高まらない」という薪をくべれば、信頼関係構築からのチームビルディングができます。

この種火に「子どもたちへの教育」という薪をくべれば、障がい者理解の促進に貢献できます。

ブラインドサッカーは、視覚障がい者はもちろん、晴眼者も含め、さまざまな問題や課題に価値を提供する可能性をもつ種火なのです。

ブラインドサッカーの魅力、可能性 | 日本ブラインドサッカー協会|Blind soccerより)

 

障害者向けのスポーツとして、コミュニケーションの大切さを知るためのワークショップとして、チームビルディングの研修として、教育として、様々な効果が本当にあるなと実感できる体験でした。

 

また、TEDの動画もあります。

 

ここで、ブラインドサッカー見える人と見えない人が協力し合うことでできるスポーツと言っています。

NewImage

ブラインドサッカーのルール | 日本ブラインドサッカー協会|Blind soccerより)

 

リンク先にそれぞれの役割が詳しく書いていますが、目の見える人「晴眼者」も重要な役割を果たしています。

このように、チームが一体となりコミュニケーションをとることで、ブラインドサッカーは成り立っています。

 

 

オフタイムで実際に体験

そして、オフタイムでは実際にあんな風にサッカーをすることはありませんが、少しずつ見えない状態でのコミュニケーションを体験したり、実際に少しだけボールに触れてワークをしたりします。

10355380 553258188140573 8227197655675675485 n

 

このように目隠しをして、準備運動からワークを行ったり、ちょっとだけですが、サッカーも行いました!

目隠しして、サッカーするってどんな感じなんだろうって興味があったので参加してみたのですが、非常に面白くていい体験になりました。

 

また、自分は小中高でサッカーをしていたので、見えなくてもボールに触れていさえすれば、ある程度のプレイができるのかなって思っていたら、予想以上に難しかったです。

見えないと、少しのズレで変な方向にボールが行ってしまったりするので、本当に難しいです。

 

ちなみに、この写真は自分ですが、そこまでハードな動きがあるわけではないので、こんなガチガチのサッカースタイルで行く必要はありません。

運動嫌いの人でも楽しめます!

 

また、下記に詳しいワーク内容が書いてありますので、目隠しさえあればできるものもあるので、ぜひ一度やってみて下さい!

それだけでも、十分色々な発見があると思います!

目隠しでサッカーをする。ブラインドサッカーの体験会「オフタイム」に参加したよ : まだ東京で消耗してるの?

 

「見えない。そんだけ。」は本当だった!

参加して思ったことのまず、一つがこれです。

NewImage

これは、世界選手権2014ブラインドサッカーの世界選手権のキャッチコピーですが、そこに「見えない。そんだけ。」とあります。

本当にこれってそうだなって思いました。

 

ブラインドサッカーの日本代表である、ハジが今回のオフタイムには参加していたのですが、ハジは目が見えません。けれども、ボールの音とか声を聞きながら、普通にサッカーをしています。

本当に「見えない。そんだけ。」であって、見えなくたって、色々なことができるし、むしろ見えないからこそできる色々なことがあるんだなと改めて思いました。

 

 

Communication is King

もう一つ参加して思ったことがこれです。content is kingのぱくりですが。

目隠しをしながらプレイをしたり、動いたりするので、当然頼りになるメインは聴覚です。だからこそ、ボールがどこにあるのかということを仲間とコミュニケーションを取りながらプレイを行っていきます。

そうすると、コミュニケーションの大事さを改めて実感することもできますし、コミュニケーションの取り方も大きく変わってきます。

 

そして、コミュニケーションをしていく中で、見えないからこそ、見えてくるものがたくさんあります。

数時間前までまったく知らない人同士だったにも関わらず、互いに声をかけあって協力していく、そんな体験はなかなかできません。

 

ここまで色々書いてきましたが、このブラインドサッカーの面白さは体験してみないと絶対にわかりません。かなり面白くて、タメになる体験になるので、興味を持った人はぜひ参加してみて下さい!

また、参加者向けのクーポンもあるので、一緒に行ってみたい人は声をかけて下さい!

OFF TIME|ブラインドサッカーから学ぶコミュニケーション

 

また、ちょっとだけ紹介しましたが、11月16日(日)〜24日(月,祝)に「IBSA ブラインドサッカー世界選手権 2014」も開催されます。

世界選手権2014 チケットガイド | その他 | 日本ブラインドサッカー協会|Blind soccer

 

 

関連記事はこちら。

あなたは「目隠し」でサッカーができますか?驚愕の障害者スポーツ「ブラインドサッカー」 : まだ東京で消耗してるの?
目隠しでサッカーをする。ブラインドサッカーの体験会「オフタイム」に参加したよ : まだ東京で消耗してるの?
ブラインドサッカーに学ぶ(1)-宮 直史ブログ-“信はたていと、愛はよこ糸”

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.