広がり方が凄すぎる! アイスバケツチャレンジに見る、ソーシャルインフルエンスの起こし方!

 - 

 -  >

 -  ソーシャルデザイン, ファンドレイジング, マーケティング, 寄付 ,

ALS (筋萎縮性側索硬化症)の認知度向上のための「アイスバケツチャレンジ」が日本でもどんどん普及していっていますね。

アメリカだと、レディー・ガガ、ザッカーバーグ、イーロンマスク、日本だと駒崎弘樹さん、孫正義さん、堀江さん、他にもアーティスト・スポーツ選手・起業家・ジャーナリスト各界の様々な著名人が参加しています。

広がる「アイスバケツチャレンジ」とは何か? 難病へのチャリティに有名人たちが氷水をかぶる(2) | インサイド
アイスバケツチャレンジに参加したIT業界の著名人一覧(日本含む65人) #IceBucketChallenge | nanapiマーケティングマニア
ミュージシャンの「アイス・バケツ・チャレンジ」まとめ。フー・ファイターズ、ガガ他 (2014/08/21) | 洋楽 ニュース | RO69(アールオーロック) – ロッキング・オンの音楽情報サイト

 

 

アイスバケツチャレンジとはそもそも何か?

まずこのチャンレンジは、かなり広まっていますがちゃんとわからない人もいると思いますので、簡単に説明します。

その前にまずALS (筋萎縮性側索硬化症)についてです。

「ALS」という病名を聞いて、どんな病気か思いあたる人は少ないでしょう。ALSは、脳や末梢神経からの命令を筋肉に伝える運動ニューロン(運動神経細胞)が侵される病気で、難病の一つに指定されています。現在、日本に約8,300人前後の患者さんがいると考えられており、原因究明の研究が多くの研究者によって進められています。

・運動ニューロンは脊髄にあって、 手、足、舌、のど、呼吸を司る全身の随意筋を支配しています。 どの運動ニューロンが侵され、どの筋肉が弱くなるかによって、 最初にあらわれる症状は大きく2つのタイプに分かれます。

・ALSが進行すると、手足の麻痺による運動障害、コミュニケーション障害、嚥下障害の3つの症状に、 呼吸障害が加わり、4つの症状がすべてあらわれるようになります。

ALS: 筋萎縮性側索硬化症ってどんな病気? | ALS / LIVE TODAY FOR TOMORROWより)

 

全然知らなかったのですが、僕のいた時間というドラマがALSをテーマにしたドラマだったらしいです。また沢尻エリカの1リットルの涙も近い病気ですが、「脊髄小脳変性症」という違うもののようです。

 

またALS啓発のために氷水をかぶってみた | 駒崎弘樹公式サイト:病児保育・小規模保育のNPOフローレンス代表でも紹介されている、ALSの当事者であり、END ALSという団体を立ち上げ、99%ありがとう ALSにも奪えないもの (一般書)という本の著者である藤田正裕さんのTED動画も知る参考になります。

END ALS: 藤田 正裕 at TEDxTokyo 2014 – YouTube
「ALSよ、くたばれ!」 30歳にして余命数年を宣告された広告プランナー・ヒロが抱いた”怒り”とは? | ログミー[o_O]

 

前置きが長くなりましたが、アイスバケツチャレンジはこのALSという病気の普及・啓発をし、寄付を集めるためのキャンペーンです。

 

アイス・バケツ・チャレンジは体が自由に動かせなくなる難病、筋委縮性側策硬化症(ALS)の認知を高め、寄付を募るための活動。指名された人は、寄付をするか、氷水をバケツでかぶり、その様子をソーシャルメディアに投稿するか、もしくはその両方をやるか選択する。20日までに3000万ドル(約31億円)以上を集めた。

「氷水バケツ」世界で広がるソーシャル寄付 27歳発案者が事故で亡くなるより)

 

なぜ氷水を被るんだ、という批判が多いですが、この氷水を被るという行為は、面白くするだけではなく、ちゃんと意義があります。

氷水を被ることで、脳などが冷やされることにより、一時的に機能が停止して、ALSの状態を少し実感できるという目的がある。

Think The ALS Ice Bucket Challenge Is Stupid? You’re Wrong.より意訳)

 

 

どのようにソーシャルインフルエンスを引き起こしたのか?

賛否両論ありますが、このアイスバケツチャレンジの拡散状況は本当に凄いです。

この広がり方を、ソーシャルインフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図 (アスキー新書)という本をもとに分析をしてみます。

NewImage

ソーシャルインフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図 (アスキー新書)より)

 

まだどんどん広がっている途中なので、ソーシャルインフルエンスを起こしているという規模になっているとは言い切れない部分もありますが、まだまだ広がっていくのかなと思います。

 

まずこのプロジェクトはアメリカでは7月に開始し、日本ではどのように広がっていったのかということをTwitterとこの記事アイスバケツチャレンジに参加したIT業界の著名人一覧(日本含む66人) #IceBucketChallenge | nanapiマーケティングマニアを中心に見てみます。


 

 

自分が見た中で一番早く行った著名人は、Rettyの武田さんでその後に続々とIT系の人に繋がっています。

そして、駒崎さんのところからも色々な方面へ広がっていっているのかなという感じです。

 

その前からもアメリカの著名人が中心に行っていると言うことで、日本でも少し話題になっていましたが、大きな話題を読んでいるという感じではありませんでしたし、あまり実行している人も少ない感じでした。

やはり、インフルエンサーの人たちが実行していることで、大きく変わっている感じです。

 

まず、自分ゴト化という面では、自分が氷水を被ることで、ALSを体感させられることがあります。

そしてソーシャルインフルエンスにおいて重要な仲間ゴト化については「仲間ゴト化を促進させるために最も重要なのは、共有されやすいコンテクスト作り、つまりトーカブル(話したくなる要素)、バザブル(話題になる要素)なネタになっているかどうかである。人は感情が動いたときにそれを誰かに伝えたくなる。誰かに伝えることで感情的なバランスを保とうとするのだ。」このようにあります。

賛否両論あるやり方ですが、共有されやすいコンテクスト作りがこの事例は非常に上手いです。

 

氷水を被るという、面白要素が入っていることが、当たり前ですが、ここまでブームになっていることの大きな要因です。

バザブルになっている要因としては、やはり著名人の多くがやっているということです。戦略PRで考えると、おすみつき感を出すことができているということです。

ただ、アメリカではどのようにこのキャンペーンが始まっているのかということがわからないので、そこはわかり次第書いてみようと思います。

 

また仕組みにしっかりと、口コミを生む要素が入っていることも大きいです。

次にチャレンジする人を3名指名できるというところにより、誰もが気軽に指名して、次に広げることができます。

 

そして、世の中ゴト化は秋元康とまゆゆが氷水まみれ、アイス・バケツ・チャレンジにトライ | エンタメNEXT – アイドル情報総合ニュースサイトということも出てきていますし、たぶん起きている途中なのかなって思います。

TV見てないし、見れる環境にないからわからない。。。

 

このように、口コミを生みやすい形をとり、そして実際に行動もとりやすい形を作っていること。そして著名人・インフルエンサーを巻き込むことができていること、キャンペーン自体にバイラル要素が埋め込まれていることが大きいでしょう。

あとは、ここがこのキャンペーンの一番難しいところですが、どこまでALSの普及・啓発ができ寄付などの持続的な行動を引き起こせるのかということでしょう。

 

またジャストギビングがEND ALSへの支援ページも立ち上げています。

ALSアイスバケツチャレンジ!!

 

関連記事・書籍はこちら。

ALS関連

「ALSよ、くたばれ!」 30歳にして余命数年を宣告された広告プランナー・ヒロが抱いた”怒り”とは? | ログミー[o_O]
ALS: 筋萎縮性側索硬化症ってどんな病気? | ALS / LIVE TODAY FOR TOMORROW

 

 

ソーシャルインフルエンス・アイスバケツチャレンジ関連

社会への影響力を最大化する「ソーシャルイフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図」 | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
レコード・ストア・デイから考えるソーシャルインフルエンス | Musicman-NET
1日限定。ソーシャルメディアを閉鎖せよ!~ソーシャル インフルエンス成功事例~(VRI コラム) – インターネットコム
1日限定。ソーシャルメディアを閉鎖せよ!~ソーシャル インフルエンス成功事例~(VRI コラム) – インターネットコム
難病ALSのチャリティ「頭から氷水」はどう広まったか–Facebook分析 – CNET Japan

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.