たった10分の作業で、WordPressの読込速度が半分! php7でWordPressが驚くほど高速に!

 - 

 -  >

 -  プログラミング

このブログを半月前ほど前に、ロリポップからAWSに移管しました。

ロリポップにそこまで不便はしていなかったのですが、なんとなくクラウドサーバーにしてみようかなと思ったので、AWSに移管してみました。

php-7-features-that-will-woo-every-php-fan

 

そこで、php7が速いという話を聞いていたので、導入をしてみたら、本当に爆速になって驚きました。

想定していたのより、ずっとずっとすごくバグ速になりました。

WordPressが遅いと言われて困っているエンジニアの方はぜひ一度php7への以降を試してみてください。

 

Lollipop
新卒フリーランサーのブログ!(ロリポップ・解約をしているところですが、正式な解約になるのが11月のようなので、そこまではサイト自体は残ってます。)

 

Awsphp7
新卒フリーランサーのブログ!(AWS)

 

chromeのディベロッパーツールでtimelineの比較上はこんな感じです。細かい見方をちゃんとわかるわけではないのですが、完全なロードに8秒ほどかかっていたものが、半分の4秒になっており、読込速度が半分になっていますね。

テーマをいじったり、他にも表示高速化のためのプラグインを入れたりしたので、完全なフェアな対決ではないのですが、読込速度の違いは実際にサイトを見てみるとより、直感的にもすぐわかると思います。

 

レンサバでもエックスサーバーならphp7対応

当サービスではこの PHP7 に、 モジュール版PHPと同等の処理能力を持つ動作方式「FastCGI」と

キャッシュによる高速化と負荷軽減効果を持つPHPの拡張モジュール「OPcache」を

標準で有効化して提供いたします。

高性能な PHP7 に加え、高速性を最大化させる環境により、さらに快適にWebサイトを運用することが可能となります。

なお、ご契約いただいているすべてのサーバーアカウントで PHP7 を導入するのは、

国内レンタルサーバー事業者として初めてです。

(2015年12月9日時点、当社調べ)

全アカウント対応、国内初!PHP5 の2倍以上の実行速度を誇る「PHP7」導入のお知らせ – 2015/12/09 | レンタルサーバー【エックスサーバー】より)

 



ここの部分はブロガーを想定読者として書いていますが、エックスサーバーは急激なアクセス増加などにも耐えられるようなので、ブロガー界隈でもよくオススメされているレンタルサーバーです。(他にも対応しているようなレンサバはありましたが、レンサバにあまり詳しくなエックスサーバー/a>
しか聞いたことがなかったので、エックスサーバーを掲載してます。)

 

ここまで来て。php7ってなんだよという人もいるはずなので、ここまできてphp7のかなりざっくりした概要についても書いておきます。

めちゃくちゃ簡単に書くと、php7は既存のphpの進化形で、最新のphpです。そして、WordPressはphpで動いてます。なので、進化系で、新しいphpを使ったほうが断然いいということです。

(WordPressの本体はphp7に対応をしていますが、プラグインやテーマによってはphp7に対応していないということがありえるので、実際にphp7に移行するにか十分なテストをし、自己責任で行って下さい。)

 

ちなみに、awsなどのクラウドサーバーにエンジニアではない方がWordPressを入れることは絶対にやめたほうがいいです。

クラウドサーバー(VPS含め)とレンサバの違いをざっくり説明すると、全部自分でサーバー自体を構築するか、構築されたサーバーを使うかという感じです。なので、レンサバでphp7などの最新の技術がすぐに使われることはあまりないですが、クラウドサーバーには自分に色々なツールを入れていくので、php7のような最新のツールを入れることができます。(WordPressが動くとこまでは恐らく初心者でもできますが、運用するところまで、初心者ではクラウドサーバーでできない可能性が高いですが・・・・)

ただ、それはセキュリティ対策なども自分でやらなきゃいけないということです。セキュリティ対策をしないで、サーバー・サイトを乗っ取られたとしても当然自己責任です。自分はこのブログをAWSに移行する前も少しはサーバーの設定をしたことがありましたが、これを気にサーバー周りの設定をちゃんとやって、セキュリティ対策などもしていく中でちゃんとやってない期間もありましたが、3〜4ヶ月くらいかけて以降をしてますし。

 

なので、この話がよくわからないけど、手っ取り早くWordPressのサイトの読込速度を向上したいという方は

を使ってみましょう!

WordPressをクラウドサーバーで既に運用している方は、php7にアップデートしてみましょう。

was(amazone linux)の場合は、確かたったこれだけで、設定が完了し、いつの間にか爆速でした!

参考サイト
CentOS6/CentOS7にPHP5.6/PHP7をyumでインストール – Qiita
とにかく速いWordPress(6):「WordPress“1000倍”高速化」チューニング 第二弾──「PHP 7」を導入する (1/2) – @IT

ちなみに、AWSでちゃんとWordPressを動かすには、無料のマイクロだと厳しそうです。Apache・php・Mysqlなどの再停電のWordPressは動きますが、セキュリティ対策とかしていくとメモリ的にけっこう厳しいです。アクセスにもよりますが、それ以外で動かしてるのがけっこうメモリ使います。(そのあたりをもっと上手くできればいいのですが・・・・)

 

関連書籍はこちら。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2016 All Rights Reserved.