人は誰かのために行動はできても、社会のためには行動しにくい? 今週の面白かった記事まとめ!

 - 

 -  >

 -  その他

今週も面白かった記事をまとめます。

NewImage

 

 

日本人はどんどん利他的になっている? 「日本人の国民性調査2014」 | CSRのその先へ日本人はどんどん利他的になっている? 「日本人の国民性調査2014」 | CSRのその先へ

 

社会貢献などの利他意識は震災後も継続して伸びているが、やっぱり行動にはつながっていなく、また人の心理として、誰か個人のための行動は起こせても、社会のためのような大きなことのためには行動を起こしにくいようです。

 

 

「ニート」という言葉が外れました。(工藤啓) - 個人 - Yahoo!ニュース「ニート」という言葉が外れました。(工藤啓) – 個人 – Yahoo!ニュース

 

若者の就労支援の政策の言葉が、ニートではなく無業者に変更になったそうです。

ニートと無業者の大きな違いは求職活動をしているかしていないかという点です。そこによって、受けられる支援が大きく変わるリスクを減らすためのようです。

また、就労を目的とするのではなく、定着・継続を目的とするように変更するのも、とてもいい変更だと思います。

 

 

社会を良くしたい 「世直し」投資、じわり広がる  :日本経済新聞社会を良くしたい 「世直し」投資、じわり広がる  :日本経済新聞

 

社会投資関連の日経からの記事が増えてきています。このブログでもまれに書いていますが、社会投資は世界では広がっていますし、日本でも広がっていきそうなところです。

 

 

No Guts, No Growth. : Tokyoだけは別の国と考えたほうがいいんじゃないか仮説No Guts, No Growth. : Tokyoだけは別の国と考えたほうがいいんじゃないか仮説

 

この記事はすごくなるほどなと思いました。要は情報感度が高い人は東京に集まっていて、ウェブサービスとかの一つの閾値になるんじゃないかなということです。

ちなみに、このブログも東京のアクセスが4割ほどを占めていて、大阪・神奈川などの都市で多くのアクセスが占められています。

イノベーター理論のアーリーアダプターまでの多くは、やっぱり東京にいるんでしょうね。

 

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.