弁護士ドットコムを事例に、コンテンツマーケティングの実践方法を考える

 - 

 -  >

 -  その他

NewImage

弁護士ドットコム – 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索の記事は何らかの形で多くの人が見たことがあると思います。

弁護士ドットコムは時事問題などを弁護士・法律の観点から分析を行っている弁護士ドットコムという企業のオウンドメディアで、PVは一千万を超えることもあるようです。

 

 

コンテンツマーケティングを行うには、自分たちの強みと型を作る

弁護士ドットコムが素晴らしいのは、自分たちの強みと型を持っていることです。

 

まず分かりやすい強みですが、弁護士ドットコムは弁護士の集団なので、法律に強みを持っています。

自分たちの強みを活かした、法律の専門家から見た観点での記事を書いています。

 

コンテンツマーケティングで発信しても、内容がつまらなければ当然読者を集めることはできません。

PVを追うことだけが意味あることではありませんが、読んでもらい面白い、タメになったと思ってもらう必要があります。

そのためには、自分たちの専門性・強みを活かした記事を書いていくことが必要です。

 

 

そして、二つ目に素晴らしいのが、自分たちのコンテンツの型を持っていることです。

弁護士ドットコムの多くの記事は、「時事的な話題×法律」です。

ワールドカップの優勝国を賭けよう――仲間内の「賭け事」が許されるのはどんなとき?|弁護士ドットコムトピックス
ベンチャー企業の経営者に朗報? 拡充が見込まれる「エンジェル税制」とはなにか|弁護士ドットコムトピックス

 

ワールドカップのようなライトな話題で多くの人が気になると思うような記事や、エンジェル税制といったニッチな話題まで、幅広く取り扱い自分たちの型で記事を書いています。

コンテンツマーケティングを実践するというのは、ほぼブログを書くことと同義です。そして継続出来なければ意味がありません。

 

しかし、ブログを書くことは非常に手間がかかり、大変です。

大変な作業でも、継続して行う為には、自分たちの発信する内容の型を作るとやりやすいです。

 

弁護士ドットコムの場合は時事問題×法律です。

自分たちの団体の特色に合った、ブログの更新をしていくことが継続への第一歩です。

 

 

関連記事はこちら。

ヤフトピ砲がガンガン飛んでくる!最強オウンドメディア「弁護士ドットコム」に聞くトピックス運営方法とは? | somewrite (サムライト)
コンテンツマーケティングが秀逸な法律Q&Aサイト:弁護士ドットコムのオーセンスが資金調達を完了 | The Startup

 

関連書籍はこちら。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.