アルバイトも離れるブラック企業ZENSHO(すき家)

 - 

 -  >

 -  オピニオン

こんな記事がありました。

全国のすき家で閉店騒ぎ アルバイト不足により営業できなくなる店舗が続出 : マネーニュース2ch
すき家「地獄のワンオペ」で客ですら同情。店一時閉店も|| ^^ |秒刊SUNDAY
すき家春の退職祭りで一時閉店に追い込まれる店続出 「鍋定食なんか作りやがって!もうやってられん!」 : はちま起稿

 

F036fd7f s

 

基本的に24時間営業で、一般的な店舗ならばいつでも営業を行っているはずのゼンショーグループすき家がクルー(アルバイト)が足りずに恐らく店舗を回す人がいないために一時的な閉店をしている店舗が続出しているということです。

自分もすき家でアルバイトをしているので、すき家のブラックさはよくわかっているつもりです。

 

すき家のブラック企業と言われる所以を簡単にまとめてみます。

 

 

アルバイトの一時間当たりの売上目標が決まっている

労働時間売上という一時間当たりのの一人のクルーの売上基準が決まっている。(この基準は昼夜の時間はいくことは可能だが、夕方深夜は超えることは難しい。また夕方深夜は様々な接客提供以外の作業があるが、その売上基準は変わらない)

そしてこの労働時間を基準にアルバイトは基本的に自分の働いた時間を書類に書き、提出することが出来る。

店舗のシフト管理者・マネージャーにより、どこまで労働時間に基づき正確にクルーの働いている時間を管理するかは違っているのですが、要するにシフトの時間を働いても、客入が悪く売上が悪ければ、自発的に時間を削らなければならないという可能性があるということです。

 

またこれまで、この労働時間によるクルーがつけられる時間が決まっていることにより裁判になったこともあります。まだ他の店舗ではこのようなことが起きているのかわかりませんが、この労働時間売上に行ってない分の働いた時間の給与を勝手に削除されるということもあるようです。

牛丼の「すき家」、勤務時間の削除による賃金不払いが横行 現役店員が刑事告訴:MyNewsJapan

 

 

働く時間の長さ

自分はよく15時間はぶっ続けで働くことがあります。(これは自分で望んでいることです。)

15時間は自ら行っていることなのでいいのですが、クルーが足りずに最大37時間労働というものを見たことがあります。自分も人手不足により、最大20時間は働いたことがあります。

 

クルーの数が足りずに店舗が回すことが出来ないので、こういった働き方をせざるを得ないという現状があります。

 

 

ワンオペ(一人で店舗を回さなければいけないこと)がある

オーダー取りから会計といった接客業務から、提供や仕込みといった作業まで全て一人でこなさなければいけないことがあります。正直ワンオペは地獄です。

自分ほとんどやったことがないですが、超大変でした。

 

客入のタイミング次第でかなりの時間を待たせることもありますし、少しの入客で作業がどんどん溜まっていきます。

何度かワンオペのあとの引継をされたことがありますが、とてつもない状況になっていました。

 

 

マネージャー(社員)が鬼畜のように使われる

上記のワンオペをすることはたいていマネージャーです。

マネージャーは人手不足により、誰も人が入らない店舗の業務をしたりしなければならないので、必然的にワンオペをすることもあります。

 

とにかくこのようにマネージャーの仕事は大変なようで、離職率は自分が見ているだけでもかなり高いです。

またまともに休みを取ることもできないようです。

その代償?として初年時の年収で600万以上をもらうこともできるらしいですが・・・・

 

 

主にこのこれらのブラックさがこれまでありました。

しかし更にブラックさが増してきたため、上記のような閉店騒ぎが起きています。

その原因がすき鍋です

 

Photo gyusuki 1000100

 

まず食べたことがある人はわかるかもしれませんが、すき家では一番長く調理?時間がかかります。また火を使っているので、提供はしにくいし、幅も取り全てのクルーにとって大変なメニューです。

そして一番仕込みための作業の時間が他のメニューよりも何倍もかかるくらい大変です。

 

他にも細かい部分は色々あるのですが、このメニューのせいでとてつもなく作業が大変になりました、今まではシフトの決まっている時間までに作業を終えることが出来たのですが、まず時間通りに上がることができなくなってしまいました。

つまり労働時間に基づき、サービス残業をせざるを得ないということです。

 

 

このようにこれまでも一定程度のサービス残業をせざるを得なかったが、更なるサービス残業を強いられ、バイトの労働自体が大変になってしまったということです。

今まではある程度大変だが我慢できたが、更に大変にさせられたことによりクルーが辞めていき、閉店騒ぎが起きているということです。

 

 

企業の最も大切なことを忘れていないか?

ゼンショーグループはすき家を中心とした飲食店グループで、日本で一番の売上を誇っています。

そして牛丼チェーンの中でも一位で、牛丼チェーン三社の中で、唯一消費税増税後の値下げを発表しています。

 

すき家が牛丼チェーンの中でトップに立ち、これまで安い値段で牛丼を提供することが出来てきました。

すき家・ゼンショーはこのことを忘れていないでしょうか?

 

「企業は人なり」とよく言います。

ゼンショー・すき家の場合は現場で店舗を回しているのはクルーです。

 

なぜこれまである程度のブラックさがありながらここまで存続することができたかはわかりませんが、ブラックさがありながらも働き続けたクルーのおかげですき家はここまで大きくなることが出来ました。

 

 

ここまで色々とすき家のブラックな部分を言ってきたため、不満を言っているようなブログになりましたが、自分はすき家・ゼンショーが好きです。

深く知っているわけではありませんが、「世界から飢餓と貧困を撲滅する」という理念も素晴らしいと思います。

しかし最も身近に一緒に働いているクルーをもっと大切にして欲しいです。

 

給与・残業代はもちろん、労働内容を含め、クルーがもっと働きやすい環境を作って欲しいですし、そうしていくことが更なるゼンショー・すき家の発展に繋がっていくのではないでしょうか。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.