ベビーシッター事件に見る貧困問題

 - 

 -  >

 -  オピニオン, ソーシャルデザイン , , , , ,

「ネットでベビーシッターを探すなんて、親が無責任すぎる」という人に伝えたいこと : イケハヤ書店という記事を見て痛烈に感じるものがありました。

このような事件がやっぱり起きているんだという悲しさと、こんな意見を言う人はるんだという驚きです。

 

8aaa1cbf50fc5ffe884cf9e05052f777 

(この写真は子供のイメージ写真を探しただけなので、特に意味はありません。このこどもはとても可愛いですね。)

まず事件の概要はそのまま引用します。

横浜市で、今月14日に幼い男の子の兄弟2人がベビーシッターの男に預けられたあと、行方が分からなくなり、警察が捜査していたところ、17日、保育室として使われている埼玉県富士見市のマンションの部屋からこのうち2歳の長男とみられる男の子の遺体が見つかりました。

(遺体は不明兄弟の兄か ベビーシッター聴取 NHKニュースより)

 

 

横浜市磯子区の20代の母親がベビーシッターを依頼したとみられるインターネットのサイトは、子どもを預けたい人とベビーシッターの仕事をしたい人が相互に書き込みを行う掲示板になっていて、契約を結ぶ際には当事者間が直接連絡を取り合う仕組みになっているということです。

(母親が依頼したとみられるサイトは NHKニュースより)

 

 

要するに、ベビーシッターを斡旋する仲介業者を介さずに、ベビーシッターを雇うことができるサイト(恐らく掲示板のようなもの)があり、そのサイトを使ってベビーシッターを雇ったら、子供が行方不明になってしまい、亡くなっていることがわかったという事件です。

 

 

ほとんどイケハヤ書店からの引用なので、まずイケダハヤトさんの意見を引用してみます。

 

時間・金銭に余裕がない人ほどハイリスクなサービスを利用する

好き好んで、あえて「リスクが高いサービス」を利用する人なんていない、ということは理解しておくべきだと思います。ネット上のハイリスクなマッチングサイトを利用する方々は、時間的・金銭的に合理的判断をした結果、こうしたサービスを利用しているわけです。

端的にいえば、「時間・金銭に余裕がない人ほどハイリスクなサービスを利用する」という状況が生まれてしまいがちなのです。これは公正とはいえないでしょう。

余裕のない親たちが、安心してサッと子どもを預けることができるインフラを整えていくべきだと思います。そして、そのためならぼくたちは負担増も受け入れていくべきです。問題を家庭のなかで解決させようとする限り、ハイリスクなサービスを利用せざるを得ない人たちは減っていくことはないでしょう。

「ネットでベビーシッターを探すなんて、親が無責任すぎる」という人に伝えたいこと : イケハヤ書店より)

 

 

自分はこれを読んで、当然のことだろと正直思いました。

ただこれが当たり前じゃない人もいるんですね。

(こちらもイケハヤ書店より引用です。)

 

報道で知る限り母親とベビーシッターの男は面識もなく簡単にインターネットでのやり取りである。母親として見ず知らずの人に預けた場合、安全性とか誘拐とか頭になかったのだろうか。親として無責任な面があったのではと思うのは私だけだろうか。

自由主義・民主主義は相手を信用する。性善説が基本になるが、自分の子供を簡単に知らない人に預ける、あまりにも安易なやり方に何とも無神経と言わざるを得ない。

3月18日(火)ムネオ日記より)

 

 

自分はこの母親のことを知らないので、どういう心境を持って、この子供を掲示板を使ってベビーシッターに預けたのか本当のところは分かりません。

ただ推測するに、本当はネットを使って個人のベビーシッターに預けたくなかったし、できるならちゃんとした、保育園なりベビーシッターに預けたかったと思います。

 

このような形式をとったのは、止むに止まれないない行為だったと思います。

安全性・誘拐の可能性が頭にないはずがありません。

 

 

しかし、そのような危険性を理解しながらもこのようなサービスを利用しなければならない、利用者の実態がここではうかんできます。

一般的な業者を仲介したルートでベビーシッターを雇いたくてもお金を支払うことが出来なければどうしようもありません。

 

またこの業界に詳しいわけではないので、はっきりしたことはわかりませんが、ベビーシッターを仲介する掲示板のようなサイトは結構あるようです。

そして一般的に考えても、このようなサイトのベビーシッターでも基本的には危険な目にあうこともほとんどないでしょう。

そのためこの母親にとって利用するハードルは結構低かったと思います。もちろんリスクの高さは理解していると思います。

こういった一見リスクが高そうなものでも、基本的には一度使ってしまえばリスクの高さはわかっていても安心してしまうものだと思います。

 

 

まとめると同じような意見になりますが、この事件の本質はこのサイトや掲示板のようなものが存在することでもなく、母親の無神経さでも何でもありません。

このような親が、このようなサービスを使用せざるを得ない環境にあります。

恐らくこの使用せざるを得ない環境というのは、貧困から来ます。

 

 

鈴木宗雄さんは最後にこんなことをいっています。

一日東京事務所で仕事をしながら、簡単に人を殺す何の罪もない子供をと思う時、どうしてこんな日本になってしまったのかと自問自答しながら暗い一日を送った次第である。

3月18日(火)ムネオ日記より)

 

 

この加害者?側の理由は全くわかりませんが、このような事件が起こった理由は明白だと思います。

恐らく今後も起きるでしょう。

 

子供の貧困、シングルマザーの貧困などの問題を解決しなければこの問題はどうしようもないと思います。

政治家ならこんな明白な理由を自問自答せず、駒崎弘樹さんのようにしっかりと行動をしていって欲しいですね!!

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.