メディア人はメディアのことを何にも分かっていない??

 - 

 -  >

 -  オピニオン, メディア

ウェブライターよ。なぜ君たちはこれほど文章がヘタなのか? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

この記事から始まって、色々な意見を目にしたので、自分もそこに乗って意見を書いてみます!

 

6a00d83451f7c769e2011279089c4328a4 500wi

 

関連記事

なぜWebライターの文章が下手か?そりゃ本当のプロがいないからだよ – Hagex-day info

紙のライターよ、「文章の巧さ」を誇る暇があるなら「マネタイズ」を頑張りなさい : イケハヤ書店

「ウェブライターの文章が下手」という記事がなんか的を得ていない気がしたので。 |インターネット | ぬふふ.com

 

 

まずこれらの記事の要点をまとめてみます。

 

たしかに、新聞や週刊誌から下りてきているウェブニュースあたりを除けば、ネット上に晒されている原稿は、紙媒体のそれと比べ、圧倒的に精度の低いものが多い。

・句読点の打ち方のセンスの無さ
・無駄な漢字の使いすぎ
・副詞や接続詞や単語や語尾などの安直なダブり
・「きれい」だの「かわいい」だのの曖昧な形容詞の乱発
・意味のない改行や強調文字
・すぐに修正できるゆえの不注意な誤字

……諸々、文脈のつながりだとかリズム感だとか見た目(文章と見た目は一般的には無関係だと思われがちだが、一つのコラムや書籍の見開きを瞬間的に眺めたとき、“見た目”の善し悪しは確実にある)をダメにする要素は挙げればきりがないが、やはり一番の原因は、

「ウェブでしか書いてない人は、決められた文字数のなかで原稿をまとめる訓練をしていない」

これに尽きるのではないか。

ウェブライターよ。なぜ君たちはこれほど文章がヘタなのか? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)より)

 

 

プロの編集者不在

Web系コンテンツの話を聞いていると、紙媒体から訓練された編集者やってきて担当する場合もある。しかし、今まで文章を書いたこともなければ、校正をやったことがない人が、「今日から編集担当ね」となることも珍しくない。
誰でも最初は素人だが、上司や校正さんの厳しいツッコミを受けて訓練を受ける紙媒体系編集者と違って、Web系媒体の編集者はそのような経験をすることが少ない。

そしてWeb系の編集者(媒体)は、1つの記事のクオリティを求めるよりも、多くのエントリーの更新&PVアップの方が圧倒的にプライオリティが高いのだ。Web系コンテンツの編集者の質が低いと、書き手の質も落ちる。

なぜWebライターの文章が下手か?そりゃ本当のプロがいないからだよ – Hagex-day infoより)

 

 

飛行機で出張をすると、機内誌を読む機会があります。どれもよく整った文章なんですが、じゃあその書き手がウェブで稼げているかというと、ほとんど答えはNOなんですよね。ライターによってはツイッターすらやっていないという絶望的なケースも…完全に逃げ切りモードなんだろうなぁ。

紙のライターよ、「文章の巧さ」を誇る暇があるなら「マネタイズ」を頑張りなさい : イケハヤ書店より)

 

 

・文章の面白さや形式は、そもそも二の次。
・検索されないキーワードだと見られない
・検索エンジンからトラフィックが獲得できたら御の字。

こんなのだから、まぁそもそもインターネット上のwebサイト記事でプロライターが活躍できる『価値』が何なのかがワカラナイ。

インターネットでは検索キーワードに対する解が有ればいいだけなのだから。

面白い文章や感動できる話や素晴らしい文章を求める場所ではない。

・売れるほど面白い或いは素晴らしい価値があるテキストコンテンツなら自分で販売すればいい。

のだが 何故webのライターを馬鹿にしているのかが意味が理解できなかった。

「ウェブライターの文章が下手」という記事がなんか的を得ていない気がしたので。 |インターネット | ぬふふ.comより)

 

 

要約するとこんな感じです。

まず上の二つの記事(ウェブライターよ。なぜ君たちはこれほど文章がヘタなのか? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)なぜWebライターの文章が下手か?そりゃ本当のプロがいないからだよ – Hagex-day info)は紙メディアで稼いでいる人でしょう。

 

そして下二つの記事はウェブを主戦場として、文筆業を営んでいる人でぬふふ.comの方はわかりませんイケハヤ書店は正にブログで稼いでいるウェブライターの人と言えるでしょう。

 

 

色々な意見がありますが、自分がこれらを読んで感じたことは以下の3つです。

紙のライターはメディアとテクノロジーの影響を理解していない?

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体のメディアとテクノロジーという章にこうあります。

皆さん、新しいメディアが出てくるたびに、「このメディア上では、ユーザーはどのような無言のメッセージをアーキテクチャから受け取るのだろうか?」と自問自答し続けましょう。

 

紙のメディアとウェブメディアではアーキテクチャが全く違います。そのためそれぞれのメディアに求められているものは全く持って違います。

紙のメディアは立読みはありますが「購入」という形を持って読者に届きます。

そしてウェブメディアの読者に届く経路は基本的に2つで、基本的に無料です。

1.検索流入
2.外部サイトの被リンク(ソーシャルメディアを含む)

そして、この二つの経路から読者を獲得するために必要なことは、「魅力的なタイトル」「SEO対策」「視覚的な見やすさ」「ソーシャルメディアとの連携」などなど様々なものがあります。

これらを行った上でウェブメディアにおいて重要なのは、上手な整った文章ではなく、読者の心に響くかどうかです。そもそもとして、ウェブで綺麗な整った文章を書く必要はなく、伝えたいことを伝える分の文章力さえあれば問題ないのです。

このように簡単に考えるだけでも、紙とウェブのメディアのアーキテクチャは大きく違い、提供側に必要なスキルも読者側が求めているものも全く違います。

 

 

紙のライターはリニア・ノンリニアの違いをわかっていない?

にリニア・ノンリニアについてこうあります。

ノンリニアなコンテンツの特徴とは、制作者側ではなく、読者側に時間軸のコントロールが委ねられており、最初から見なくてもいいし、どこからどう見ても成り立つように断片化されてバラバラになっているコンテンツということです。

 

ウェブメディアによる記事は基本的にとてもノンリニアな記事です。

読者はいつでもサイトから離脱することができ、自分のメディアの情報消費時間を完璧に自由にコントロールすることができます。

そのため読者が求めるものが全く違ってきます。ウェブおいて読者は今現在、気になることだけ知ることができれば十分なのです。

 

 

最後に一番感じたことはこれです。

・当たり前を常に疑い、消費者のニーズを、あるいわ自分たちの本来的なミッションを、これまでのしがらみを脇において、常にゼロベースで考え続けることが必要です。

・「シブヤ経済新聞」や「ディマンドメディア」のような新しいニュースメディアが出てきた時には、「そんなもの、ジャーナリズムではない」という議論がよく出てきます。しかし、私に言わせれば、これは寿司職人が「回転寿司なんて寿司じゃないね」と言っているレベルの議論に過ぎません。消費者が、寿司業界の内側の「あれは寿司じゃない」と同業者の足を引っ張るような内輪揉めの議論に、興味を持つはずがありません。

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体より)

 

文章の書き方など、紙のライターにとって当たり前のことがウェブライターにはできていないということですが、こんなことは読者にとっては基本的にどうでもいい、興味がないことです。

読者が関心あることは正しい綺麗な日本語を使っているかどうかではなく、そのメディアの記事を読むことで有益な情報を得ることができるかどうかです。

 

ウェブライターよ。なぜ君たちはこれほど文章がヘタなのか? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)にはその視点が抜けている気がします。

下手な文章が求められていないのであれば、紙・ウェブ問わずに読まれることはありません。

つまり文章が下手であろうが、上手であろうが伝えたいことが読者に伝えられていればどっちでもいいのです。

 

 

もちろん文章が上手に超したことはないでしょう。その文章力に自信がありウェブの読者に価値をていきょうすることができるのなら、こんな本質ではないことにうだうだ言ってないで、ウェブで自ら情報を発信していけばいいと思います。

今は誰でもソーシャルメディアや無料ブログを使って情報発信することができます。

ウェブメディア雇って下さいという姿勢ではなく、自分がメディアとなって発信すればいいのです。

 

 

関連記事はこちら。

ソーシャルメディアから新聞まで、メディアの基本を知れる。「メディアメーカーズ」 | Kobayashi Blog

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.