キャリアデザインの描き方

 - 

 -  >

 -  オピニオン, キャリアデザイン , ,

今色々なところでキャリア教育が行われていたりキャリアデザインが重要だとよく言われていますが
そもそもなぜキャリアデザインは重要なのでしょうか?

まずキャリアデザインとは
キャリア=経歴。一生にわたる職業上の活動や行為、轍、足跡。

デザイン=設計・レイアウト・構想をたてること。

つまりキャリアデザインとは
自分の将来を構想・生き方を考えること=人生設計

そしてキャリアデザインが重要な理由は以下の3つに集約されます。
①キャリアデザインを描くことで将来に希望を持ち、今を頑張ることができる
②キャリアデザインができることで行動のPDCAを回すことができる
③様々な価値観が認められ、様々な職業が存在する多様化する社会だからこそ、自分の生き方を主体的に自分の意志で決めていくことが大切

そしてキャリアデザインを描く上で一番大切なことが「多様性に触れること・多様な人に出会うこと」です。
多様性に触れることで「自分の価値観を知ること+社会を知ること」の二つが同時にできるからです。

「他人は自分を映す鏡」とよく言うように、人と自分を比べること、自分のことを人に話し意見をもらうことで
自分の価値観は定まっていきます。
そして人を通して情報を得ることで社会の生の情報・実情を知ることができます。

だから色々な人に出会い、多様性に触れることがとても必要です。

しかし無縁社会という言葉にあるうように、人と人との繋がりが希薄化していたり
学生は学生だけ、社会人は自分の企業の繋がりがある一定の範囲だけと多様性に振れざるをえない環境というものはなくなっています。

同時に学生団体を通して様々な人と触れ合っている学生や、ボランティアを通して多様性に触れている社会人もたくさんいます。
ソーシャルメディアを通してたくさんの繋がりを作っている人もいます。

ソーシャルメディア時代だからこそオンライン・オフラインを繋げ多様性に触れ続けることが
今の時代でとても大切なことです!!

参考図書はこちら。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2013 All Rights Reserved.