ファンドレイジングをしたければまず自分が寄付者になろう!!

 - 

 -  >

 -  オピニオン, ファンドレイジング

自分はファンドレイジングを寄付者という立場で実感するために、昨年くらいからよく寄付をするようになりました。

寄付者の気持ちを学ぶためにも、自分が寄付者になると言うのはとても重要なことだと思います。

寄付金

 

例えば、自分がいま活動している認定NPO法人カタリバでもマンスリー会員になって、毎月寄付しているのですが、その活動に関わっていく中で自分は同時に交通費などの経費もとても欲しいと思っています。

寄付をして支援をしたいけど、自分に活動のためにかかっているお金も同時に欲しいということです。

 

寄付という支援をすることと交通費をもらわないということも同じ金銭的な支援になるはずですが、交通費の辞退をしたいとは何故か全く思いません。

 

 

何となくこのような行為をしている理由はわかっています。

寄付という行為は「与える」という気持ちのいい行為ですが、交通費の辞退という行為は特に気持ちいい行為でも何でもないからだと思います。

 

寄付という行為は本来とても非合理的な行動です。

ただしこの与えるという行為をすることで、普通の仕事とは違った満足感やマズローの五段階欲求でいう承認欲求・所属欲求的なものを得ることが出来ます。

 

これがファンドレイザーとして、寄付を求める際に一番重要なことです。

ファンドレイジングをする上で当然のことですが、寄付者はNPOにとってとても重要な顧客です。

そしてその顧客を求めていることは承認欲求や所属欲求のような、とても不明確でわかりにくいものです。

 

これを理解するためには、自分が寄付者になってみることが近道です。

寄付を自分の手で実際にしてみることで、どういうお礼やコミュニケーションがあると嬉しいかがということが理解できるようになります。

 

これに関して、あるファンドレイザーがすごくいいことを言っていたので、編集して引用します。

今夜は、あるNPOの活動説明会に参加させてもらいました。お話は、右脳も左脳も突き刺さりました。目の前に情景が思い浮かぶようなエピソード、複雑な課題の構造の解説、マクロなデータもあり、本当に2時間があっという間でした。

本当に深刻で、耳をふさぎたくなるような現状。でも最後には不思議と「解決できるのかもしれない」と、明るい気持ち、わくわくする気持ちになるお話でした。

気づいたら勝手に手が動いて寄付会員になっていた!!(これぞ神の見えざる手。) てかあのお話を聞いたら、活動に参画しない理由を探す方が逆に難しいじゃないか~!?というくらい、共感しました。

 

このように実際に他団体のファンドレイジングを体感して学ぶために、自ら寄付をすることがとてもいい方法です。

そのためファンドレイジングをしたいと考えている人はマンスリーでも都度でもクラウドファンディングでもいいので、実際に自分のお金で寄付をしてみましょう!!

関連記事・書籍はこちら。

NPO関係者必読本!! ファンドレイジングが社会を変える | Kobayashi Blog
「社会を変える」お金の使い方~投票としての寄付 投資としての寄付 | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
寄付のガイドブック! 「世の中を良くして自分も幸福になれる「寄付」のすすめ」 | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
寄付するのは心の琴線が触れるとき! いつ寄付をしているのか考えてみる! | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!

 

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.