何のために資格を取るの??

 - 

 -  >

 -  オピニオン, キャリアデザイン

“資格があると、転職に不利になる!?” 人事部は、「資格取得」をこう見ていた!|20代のあなたに、会社が期待していること|ダイヤモンド・オンラインという記事を読んで非常に共感しました。

周りの知り合いの大学生でも結構とりあえず秘書検とかフィナンシャルプランナー資格を取っておきたいな人が多くいますし、先日会った高校生もとりあえずこれから就活があるから色々な資格をとっておきたいなという人がいました。

こういう人に見られるのが、資格を取っておけば何とかなる、就職できると思っていることです。

これは学生だけに見られることなのかと思っていたら、こういう若手社員でも結構いるようですね。

この記事でもこのようにあります。

本来最も成長することができる仕事の場において、仕事以外のことに関心が向かってしまっていることに対する「機会ロス」の感覚とでも言えば良いでしょうか。仕事を通してこそ実力が養われるわけですから、自らの価値を高めようとするならば、本来は全精力をそこに注ぎ込むべきなのです。

なぜ、そのような行動に及ぶのでしょうか。何らかの焦りがそうさせるのでしょう。そこには、「このままでは先々生き残っていけるかどうかわからない」という不安がどこかにあるからではないでしょうか。資格取得は、そうした危機感に対する一種の武装手段なのです。

転職の際に履歴書に資格の記載があれば有利になるのではないかという意見もよく聞きますが、むしろ不利に働くことすらあります。これまでの経歴とあまり関係のない資格が記載されている場合、あまり良い印象は持たないのです。

その人の採用を真剣に考えれば考えるほど、自社に入った場合にどのような活躍をしてくれるだろうかと考えます。であれば、仕事にとことん打ち込んでもらいたいと思うのは当然で、資格取得などに精を出してほしくはないのです。

当然のことですが、一番重要なことは「何のために資格をとるのか」「その資格は本当に必要なのか」ということです。

ただ何となく就職できるか不安だから、今の仕事を継続できるかわかんないから資格を取るということは、全く持って意味のないことだと思います。

むしろとりあえず資格を取っている人に対して自分は「この人何にも考えていないんだな」という印象を持ってしまいます。

無関係な資格が履歴書に並んでいると、とりあえず取っているということはわかるはずですので、そういう人と真剣に働いている人は一緒に働きたいとは思えません。

一番重要なのは、自分は何をしたいのか、そして何をできるようになりたいのかということです。その為に資格が必要だったらそこに関連した資格を取ることはもちろん大切なことです。

とりあえず不安だから資格を取るという無意味なことに労力を使うのではなく、自分の人生に必要なスキルを身につけるようにしていきましょう!!

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.