情報をどう切るか! 切り口が面白いブログはやっぱり面白い!

 - 

 -  >

 -  オピニオン, ブログ

一つの情報であっても、色んな切り口、、色んな視点で記事を書く人がいることが、やっぱりブログの面白いところです。

 

一つの例として、Google インパクトチャレンジの発表があり、色々な人がこれに関連して記事を書いているのですが、一つ一つで記事の書き方、書く視点が全く違います。

スクリーンショット 2014 11 06 7 20 06

 

いちおうこれについて、このブログでもGoogle インパクトチャレンジは紹介しようか迷っていたので、簡単に紹介します。

・Google インパクトチャレンジは、様々なテクノロジーの活用を通じ、社会問題の解決にチャレンジ
する非営利団体を支援するプログラムです。

・2015 年 3 月にファイナリストとなる 10 組を発表し、その中から応援したいプロジェクトを選ぶ一般投票を募ります。2 週間後に、審査員団が一般投票の結果と合わせて審査し、選出した 4 組それぞれに 5000 万円の助成金を贈呈いたします。また、Google インパクトチャレンジの日本展開にあわせて、テクノロジ-を活用した女性支援の取組みを表彰する「Women Will」賞を新たに創設しました。
Google は、もっといい世界がやってくることを願っています。
日本の非営利団体の皆さんの世界を変える斬新なアイディアを、心よりお待ちしています。

Google インパクトチャレンジより)

 

5000万円の助成金とGoogle社員からの支援を受けられる、Googleによるベンチャーフィランソロピーで、さすがGoogleって感じの規模感です。

特定非営利活動法人、公益法人、社会福祉法人なら応募できるようなので、気になる団体は応募してみて下さい。

 

 

そして、話を戻すと、これに関連して自分が知っているだけでも5つの記事があります。

Google 非営利団体向けアワード「Googleインパクトチャレンジ」発表! | ぼくなに日記 @bokunani_com
Googleが日本で打ち出す非営利団体支援プログラム「Google インパクト チャレンジ」ーー発表イベント参加レポート | トジョウエンジン
【速報】5000万円の助成!?日本でも始まった「Google インパクトチャレンジ」とは何なのか?【NPO関係者必見】 | 壁と卵
GoogleのCSR! イケてるテクノロジーに5,000万円の「Google インパクトチャレンジ」 | CSRのその先へ
Googleインパクトチャレンジ募集開始!:過去どのようなテクノロジーが受賞しているのか | あんしょうノート

 

そして、本当にそれぞれ違った視点・書き方で書いています。

まず、上の3つは基本的な内容は近いのですが、それぞれの書き方がけっこう違います。

ぼくなに日記はけっこう詳しくこのプロジェクトについて書いていて、トジョウエンジンは広くこの発表会について書かれていて他国の事例も紹介していて、壁と卵は本文にもありますが、最低限にまとめているという感じです。
(すいませんが、色々既出なので、こんな感じで書いています。)

 

そして、CSRのその先へでは、GoogleのCSRについて広く書いていて、あんしょうノートでは他国の受賞団体について詳しく書いてくれています。

そして、同じ情報を扱っていてもこれだけ書き方に違いがあり、面白い記事って、この情報の切り方が面白いものです。

 

情報の繋げ方だったり、情報を見る視点だったり、その人その人が持っている面白い切り口で書くといい記事を作りやすいはずです。

自分もまだまだですが、ブログをやっている人はその人独自の面白い切り口を意識して書いてみましょう!

 

関連記事・書籍はこちら。

編集とは情報と情報を紡ぐこと!
ビジョンを語らなければ独自性は出ない! 「ネットが味方になるWebマーケティングの授業 イケダハヤト編」
同じコンテンツを多角的に見るのは面白い! これがネットのいいところ!

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.