イケダハヤトさんの為末大さんの「諦める力」のまとめ記事

 - 

 -  >

 -  その他, オピニオン

「頑張る」人は一流になれない : ihayato.書店
為末大「諦める力 」:もっと早く読んでおきたかった…と思わせる一冊 : ihayato.書店
「あなたがこの道で一流になる可能性は、万馬券並だと思いますよ」と伝える優しさ : ihayato.書店
為末大さんが語る:本気でやったことがない人は、自分の限界がわからない : ihayato.書店

ihayato.書店にて
諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃないが連日紹介されていました。

為末さんの本は読んでいないのですが、色々と感じたので
まとめ記事を書いてみます。

まずは為末さんのまとめ

スタープレーヤーは、努力を努力と思わず、努力そのものが楽しいという星の下に生まれてきていることがほとんどだ
・今の僕にとって、何かを「やめる」ことは「選ぶ」こと、「決める」ことに近い。もっと若いころは、「やめる」ことは「諦める」こと、「逃げる」ことだった。そのように定義するとどうしても自分を責めてしまう。
・「勝つことを諦めたくない」。そう、僕は「AがやりたいからBを諦めるという選択」をしたにすぎない。
・多くの人は、手段を諦めることが諦めだと思っている。だが、目的さえ諦めなければ、手段は変えてもいいのではないだろうか
・戦略とは、トレードオフである。つまり、諦めとセットで考えるべきものだ。だめなものはだめ、無理なものは無理。そう認めたうえで、自分の強い部分をどのように生かしてかつかということを見きわめる。
・一生懸命やったら見返りがある、という考え方は、犠牲の対価が成功、という勘違いを生む。すべての成功者が苦労して犠牲を払っているわけではなく、運がよかったり要領がよかったりして成功した人の方が実際は多いのではないだろうか。
・全力で試してみた経験が少ない人は、「自分ができる範囲」について体感値がない。
・日本人は全力を尽くして全うするという考え方が強い。しかも、辞め方は万人に納得してもらえるような美しさがなければならないと思い込んでいる。
・「あの人はすごい」と言われるような人は。無意識と意識のバランスが普通の人に比べて格段にいいように見える。
・成長と成功は違う。この違いに気付かないふりをする罪は大きいと思う。
・勉強でもスポーツでも趣味でも何でもかまわないから、没頭し、必死に努力するという体験をしたほうがいい。そうすれば「がんばってもうまくいかない」「あまりがんばらなくてもけっこういける」という感覚が得られるはずである。これが大事なのだ。長期的には「あまりがんばらなくてもなんとなくできてしまう」ことのほうに努力を振り向けた方が成長できる
・努力には、「どれだけ」がんばるか以外に、「何を」がんばるか、「どう」がんばるか、という方向性があるということだ。
・成功する確率の低い若者には「きみは、この先に進んでも成功するのは無理だよ」と言ってあげる大人が必要なのではないだろうか。
・可能性がなくなっていくと聞くと抵抗感を示す人もいるけれど、何かに秀でるには能力の絞り込みが必須で、どんな可能性もあるという状態は、何にも特化できていない状態でもあるのだ。できないことの数が増えるだけ、できることがより深くなる。

続いてイケダハヤトさんのまとめ

・「頑張ってしまう人は一流になれない」
・ここでの語の定義は「頑張る」=「苦労して何かに取り組む」ことを指します
・一流になる人たちというのは、ほとんど必ず、疲れを知らず、淡々と何かに取り組むことができます
・あなたが何かに取り組んでいるとして、頑張らなくてはそのことに取り組めないとしたら、あなたはその道で一流になることはできないでしょう。
・誰かが語る「あなたにはこの道は無理だと思うよ」というアドバイスが、間違えている可能性もあるでしょう。が、ある意味無責任ですが、それはそれでいいと思うんです
・「あなたには無理だと思うよ」と言われても、やる人はやります
無限の可能性を断ち切りましょう。そうして、道は狭く、深くなっていきます。
求道を続けていくと、次第に「自分の限界」を正確に把握できるようになるんです。最近は、こうした自己理解が進んでいくことそれ自体が、面白くって仕方がありません。
何かの道を追求しなくてはいけないのなら、まずは正確に自分の限界を認識することです。その上で、限界を上に押し上げられそうなら、日々の修行を通してパフォーマンスの最大値を高めていく。同時にパフォーマンスのブレを小さくしていく。市場を見渡して、自分だけの強みも磨いていく。あとは運がよければ、一流になれるかもしれません

AKB48の高橋みなみが努力についてこんな感じに言っていますが、正反対ですね。

・努力は必ず報われると、私、高橋みなみはこの人生をもって証明します!
・頑張れよ、ずっと見てるから
・死ぬ気で頑張れ、頑張ったぶんかえってくるから
・自分で決めた道です。後悔しないようにしてください

高橋みなみも努力を重ねて総監督まで登りつめた?人ですので
彼女がいっていることには非常に説得力があります。

それこそ並々ならぬ努力をしている人ですが
しかしそれは彼女の努力はここでいう「頑張っている」状態ではないのです。

頑張っていないから、あそこまで努力することができているのです。
それは誰にでもできることではないですよね。

またキャリアデザインにおいてよくやりたいことを見つけPDCAを回すことが重要だと言われていますが
このPDCAを回すことというのはこの内容に集約されると思います。
・自分の限界を知ること
・何が自分が頑張らなくても、継続してやっていけるか知ること

長くなりましたが要するに
自分が人生の中で頑張らなくて済むことを見つけられたら最高ってことですね!!

しかしそれでも一部の人しか成功しない分野がたくさんあるってことです。

自分も自分が頑張らずにやっていけると思えた非営利の世界で生きていくことを決めましたが
この世界で本当に食って行ける人は一部しかまだいません

その状況を何とかしたいわけですが、そんなに簡単にできることではないし
どんだけやっても運とか環境というどれだけ頑張ったか以外の要素でも
成功は決まってくることは分かっているのですが、それでもやり続けたいと改めて思いました。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2013 All Rights Reserved.