答えなんてわからない。 わからないからこそ考えるために発信する!

 - 

 -  >

 -  オピニオン, ソーシャルデザイン

すごくよくわかるな、すごくいいなって思ったことが、家入一真さんのメルマガの内容であったので紹介します。

3654606577 198692f25e z

 

メッセージを失う心境

数ヶ月前から、僕が「語る言葉がなくなった」と言っているのは、断定的に「これはこうです」っていう言い方ができなくなってきているからで、ある意味、哲学の態度が身についたってことなのかな。新しい心境です。

選挙のときにスピーチライターをしてた高木新平も同じようなこと言ってた。最近一緒に講演をしたんだけど、彼も「全然しゃべることがない」って。

「世界が複雑なことに気付いてしまって、伝えたいメッセージを失ってしまった」

新平はこう言ってた。彼は結婚して、もうすぐ子どもが生まれる。今は、選挙のときとは違う方向に行ってますね。

もちろん、これまで僕が言ってきたことが無駄だったとは思っていないし、嘘はひとつもない。ただ、自分の思考にも変遷があって、選挙に出て、いろんな人と会い、いろんな本を読むなかで、知らない世界を知れば知るほど、今は答えを出せなくなってきている。

答えを出さないと、メッセージを発信しづらい。みんなわかりやすい答えを求めているからね。せいぜい「みんなで考えよう」ってことくらいしか言えなくなるもしくは「僕は個人的にこう思います」ってことを言うにとどまる。オピニオンリーダーになって、「さすが家入さん」って言われるのは、違うんだよね。

家入学級Vol.022<答えを出さず、考え続けるという態度/新しく始めたDJのこと/読書コーナー/Q&A:お金の有効な使い方、回し方/寄稿:家入明子さん> > The Book Project 夜間飛行 | 受信箱に本が届くより)

 

 

答えなんてわからない

自分は、まあこのブログで自分のオピニオンを社会問題に関してとか色々書いていますが、ある程度自分なりの答えを持って書いているものもあるのですが、ほとんどは明確な答えを持たないまま書いているものが多いです。

ただ単に自分がまだまだ勉強不足だからということはありますが、色々な課題が複雑に絡み合って問題が発生していることをどんどん調べれば調べるほどよくわかるんですよね。

 

こんな方法で解決できるんじゃないかなって、何となく思ってたことも、ちゃんと調べていけば単なる理想論に過ぎなかったり、既にやっていてあんまり上手くいってなかったりとかということもあったりします。

高木新平さんが言っている「世界が複雑なことに気づいてしまって」という心境にとても近いのかなって思います

 

 

考えるためのメッセージ

ただ、伝えたいメッセージはないわけではなくて、自分が個人的に思っていることを色々と書いています。

そして、それでいいのかなって、そこにも大きな価値があるのかなって思っています。

 

答えを伝えるメッセージだけじゃなく、考えるためのメッセージで非常に重要だと思っていて、そこからみんなで社会で考えるようなきっかけを作ることができたら最高だなって思っています。

この複雑な社会に明確な答えがあることなんてほとんどないので、こういう考えること・考えるきっかけを作ること、そしてそこから何かその人なりの行動をしていくってことが本当に重要なことなんだなって思います。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.