なぜ僕は寄付をするのか? 「社会的意義×自分ゴト化=心の琴線に触れる」

 - 

 -  >

 -  オピニオン, ファンドレイジング, 寄付

寄付するのは心の琴線が触れるとき! いつ寄付をしているのか考えてみる! | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!リターン?共感? クラウドファンディングで支援をするタイミングを考えてみる! | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!で、自分がどのようなタイミングで、どのように心の琴線に触れて、寄付をしているのかということを書いていきましたが、それらをまとめを書いていきます。

 

まず、自分の寄付経験を再度掲載します。

自分の寄付体験

まず、自分がどのような団体に寄付してきたのかということを整理してみます。

マンスリーサポーター:OVA認定NPO法人カタリバ
都度寄付:Teach For Japan
クラウドファンディング(購入型):3年で辞めた若者100人インタビュー 早期離職白書 (プラス・ハンディキャップ)若年無業者白書-その実態と社会経済構造分析-(工藤啓)石巻の子供達に、働き続けるためのIT技術を学ぶ場を作りたい(古山隆幸)カンボジアの貧困層の農村女性たちに、絆を深める旅行をプレゼントしたい!【日本初】クラウドファンディングで選挙に立候補!ぼくらの力で政治の常識をひっくり返そう!!

 

 

その団体のサービスを受けたいと思えるか

まず、当然のことですが、そのテーマが自分ゴト化されているか、自分がその団体のサービスを受けたいと思えるかということが大きいです。

カタリバ・TFJは、自分もこれが欲しいと思ったことが大きいですし、OVAも活動のテーマが急激に自分ゴト化してきたことが、寄付をしたことの大きな理由です。

また白書制作のクラウドファンディングもその白書を自分が欲しいと思えるかということが大きいです。(リターンが白書ということもありますが)

 

そのため、自分の場合は途上国支援をしているNGOなどの活動は素晴らしい、応援したいと思っても、寄付をしようとは、あまりならないんですよね。

実際支援しているのもかものはしプロジェクトだけですし。

 

まとめると、その活動に社会的意義を感じて、その社会的意義が自分ゴト化されるかということが、まずは大きな要因です。

 

 

社会的意義×自分ゴト化=心の琴線に触れる

さらにいうと、こういう図式になるのかなと思います。

社会的意義を感じている活動が、自分ゴト化されることで、心の琴線に触れるようになります。

 

また、自分ゴト化されるには、そのサービスを受けたいかと思えるかと言うことだけではなく、そのサービスのテーマが好きかどうかということも大きいのかなと思います。

カタリバ・TFJは教育なので誰もが自分ゴト化されるテーマですが、OVAは自分がネットが好きだと言うことも非常に大きいです。

ネットが好きだから、ネット広告を利用したアプローチと言うのがとても共感できるし、そこに可能性を感じることができます。

 

そのため、心の琴線に触れるための自分ゴト化のプロセスには、そのサービスを受けたいか・その活動のテーマが好きか、ということが大きいです。

 

無理矢理整理してみましたが、寄付する理由を明確化するのは、なかなか難しいですね。

 

 

自分のためにも、社会のためにもなる寄付

最後に寄付をすることの意義についてまとめていきます。

福祉にせよ、教育にせよ、医療にせよ、国家が動かなかったときに、小さな声を上げた人々がいたのだ。彼らの志を受けて、その原動力となるお金を、寄付という形で出した人々がいたのだ。その寄付は未来を創ることに投資された。彼らは寄付という投票をすることで、寄付を手元に事業を打ち立てることで、自らが描いた未来を選択したのだ。国がどうだ、なんて関係あったのか。国がどうであれ、自らが描きたいみたいに投資をし、投票したのではなかったのか。彼らが夢見た未来を生きる僕たちが、同じことを出来ない理由はあるだろうか、政治が敗北しようと、僕たちは敗北しない、僕たちが未来を作ることを諦めない限り、僕たちに敗北はないのだ。

「社会を変える」お金の使い方――投票としての寄付 投資としての寄付より)

 

・ダン博士はハッピーマネー(幸福になるためのお金の使い方)の5つの還俗を提唱しているのですが、その中の一つに「他人に投資する」というものがあります。その原則に従って、「誰かのためにお金を使うと、自分の幸福度が増す」というのです。

・よい寄付は、社会も社会も自分も幸せにします。他人を助け、社会の問題を解決し、自分の生き方も変えていく。そこにはネガティブな要素は見当たりません。寄付者意識の高まりは、私たち一人ひとりが、当事者意識を持って、支え合い、助け合う時代の到来を予感させるものではないでしょうか。

世の中を良くして自分も幸福になれる「寄付」のすすめより)

 

このように、寄付することは自分たちの社会を自分たちの手で作っていくための行為であり、寄付のように人のため、社会のためにお金を使うことで、人は幸福になるということが言われています。

自分は、寄付をして、活動の報告などを聞くことで、未来への投資をしている実感がありますし、寄付をすることで幸福になっている実感もあります。

自分のためにも、社会のためにもぜひ寄付をしてみましょう!

 

また、こうやって寄付者の感情を知ることは、ファンドレイジングには欠かせないのかなって思いますので、他の人の寄付エピソードを掲載します。

空き家の活用で待機児童問題を解決する!「小規模保育白書」の出版のためにクラウドファンディングで寄付してみた – 空き家の活用で社会的課題を解決するブログ
サイボウズ青野社長インタビュー!「寄付は○○○にお金を流すこと」ひとり親家庭支援の寄付会員を始めたきっかけとは? | 駒崎弘樹公式サイト:病児保育・小規模保育のNPOフローレンス代表

 

また、ある程度の規模のNPOだと、寄付者の声が載っているところが多いので、そこも参考になります。

 

関連記事・書籍はこちら。

寄付するのは心の琴線が触れるとき! いつ寄付をしているのか考えてみる! | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
リターン?共感? クラウドファンディングで支援をするタイミングを考えてみる! | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
「社会を変える」お金の使い方~投票としての寄付 投資としての寄付 | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
寄付のガイドブック! 「世の中を良くして自分も幸福になれる「寄付」のすすめ」 | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
NPO関係者必読本!! ファンドレイジングが社会を変える | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!

 

 

 

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.