アイスバケツチャレンジを批判している人たちへ あなたはどれだけの行動をしているのですか?

 - 

 -  >

 -  オピニオン

昨日広がり方が凄すぎる! アイスバケツチャレンジに見る、ソーシャルインフルエンスの起こし方! | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!という記事を書いて、広がり方のすごさについて書きましたが、着実に成果が出ているようです。

アイスバケツチャレンジ・ALSについての詳細は昨日の記事をご覧下さい。

14988638402 392ed48994 m

 

いま世界をにぎわせている米国発のキャンペーン「ALS(筋萎縮性側索硬化症)アイスバケツ・チャレンジ」は8月21日までに42億円以上を集めた。

3週間で42億円集めた「アイスバケツ」、日本の寄付文化も変えるか — オルタナ: 「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」より)

運動神経の機能が失われ、全身の筋肉が動かなくなる「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の患者を支援しようと、バケツにいれた氷水を頭からかぶるチャリティーイベント「アイス・バケット・チャレンジ」が国内で広がる中、日本ALS協会に寄せられた寄付金が、8月18〜22日の5日間で、昨年度1年分に迫る394万円に達した。同協会が22日、明らかにした。

(ALS支援:氷水効果で寄付金急増 日本は5日間で1年分 – 毎日新聞より)

 

 

ただこのキャンペーンには、かなりの批判も多くあります。

ネット経由で広がっているし、ネットだとこういう批判が生まれやすいというのはよくわかっているのですが、何とも見ていて嫌な気持ちになります。

 

 

あなたは何か行動をしているのか?

アイスバケツチャレンジに反対している人には、2つのタイプがいるのかと思っています。

①明確な理念を持って反対をしている人たち
②とりあえず反対している人たち

 

①に当てはまるのは、よく知っているわけではないのですが、例えば武井壮さんでしょう。

ロンブー亮さんからご指名ありましたが思うところあって氷水はかぶりません!その代わりにALSに限らない難病支援に、水不足や衛生に関する支援に、飢饉に関する支援に、さらに東北で被災された方々への寄付などにその思いを回します!!これを機会にご指名で、ではなく学んで寄付をさせて頂きます!

— 武井壮 (@sosotakei) August 21, 2014

 

武井壮の「アイス・バケツ・チャレンジ」拒否宣言に「これが正しい」と賛同する意見が多数寄せられる – ライブドアニュース
武井壮 「アイスバケツチャレンジ」辞退表明、支持の声 – Ameba News [アメーバニュース]

 

そして、ここに乗って賛同している人たちのほとんどは、②の明確な理由もなくただ反対しているだけの人たちだと思います。

 

武井さんは、ここで明確な目的を持って、自分は参加しないということを決め、自分なりの方法で社会のために行動をするという宣言をしています。そこに対して自分は共感しますし、社会に対して、行動する手段はいくらでもあるので、それぞれの方法で行うべきです。

そして、武井さんがこのように発言をして、「学んで寄付をさせて頂きます!」という言葉自体にもすごく意味があるのかなと思いますし。

 

そして、②のタイプは、Twitterやどこかの記事のコメント欄などを見ていると出てくるのですが、氷水被るくらいなら、黙って寄付しろとか、趣旨がズレているとかという批判があります。こういうのはかなり自分は嫌いです。

普段何か行動をしているのですか?
あなたは普段少しの水や食料全てのものを無駄にしないで使っているのですか?
趣旨がズレているということですが、あなたはこれがある前からALSを知っていたのですが、そしてこの前から知っていたものがどれだけあるのですか?
>普通にこういう病気をなくしたいとだけ言っていて、賛同してくれるのですか?

 

ネットはバカと暇人のものだから、こうやって批判だけしたいという人もたくさんいるということをわかっているのですが、ほとんどのものが見ていて不快なんですよね。

尊いのは批判ではなく、行動です。どんな形であれ、利己的な目的があれ、行動していることが尊いと自分は思います。

 

 

アイスバケツへの「水かぶっているだけでALSの理解に繋がっていない」批判が、ネット上に散見されますが、ここにNPO業界が長年悩んできた問題を御伝えしましょう。「世界が抱える悲劇と課題を、難しい言葉と必死の形相で我々が叫んでも、世界は我々を一瞥だにしない。」

— 駒崎弘樹:Hiroki Komazaki (@Hiroki_Komazaki) August 20, 2014

 

そして、認定NPO法人フローレンス駒崎弘樹さんが既に言っていますが、普通に伝えているだけではなかなか起こせないムーブメントがしっかりと起きています。

実際にたくさんの寄付が起きていますし、確実に認知も広がっています。

 

認知や寄付に繋がっていない部分もあることは確かでしょうが、そんなものはどんな手法を使ったって同じことです。

このような立派な行動を、少しの負の側面だけを強調して、何も行動をしないような人たちが批判をしているという構造が凄く嫌です。

 

他の物事にも共通していることですが、負の側面を強調するのではなく、いい側面をもっと見ましょうよ!

パフォーマンスだろうが、なんだろうが、それがいいことに繋がっているならそれは素晴らしいことです!

そして、そのように設計しないと、このようなムーブメントは広がりません。

 

 

関連記事・書籍はこちら。

「ALSよ、くたばれ!」 30歳にして余命数年を宣告された広告プランナー・ヒロが抱いた”怒り”とは? | ログミー[o_O]
ALS: 筋萎縮性側索硬化症ってどんな病気? | ALS / LIVE TODAY FOR TOMORROW
広がり方が凄すぎる! アイスバケツチャレンジに見る、ソーシャルインフルエンスの起こし方! | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
社会への影響力を最大化する「ソーシャルイフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図」 | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!

 

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.