地方には地方の最先端、都会には都会の最先端がある!

 - 

 -  >

 -  オピニオン, ソーシャルデザイン

最近就活を辞めてプロブロガーになることにしましたという話をすると、卒業したらどこに住むの?高知?ってよく言われます。

 

そのことに関連して、堀江貴文さんの有料メルマガでこのようにありました。

ブロガーのイケダハヤトさんが高知に移住を決められました。イケダハヤトさんは対談で、「最先端にいる人としか、ぼくは仕事したくない」という発言をされています。最先端でいることを目指すなら、国内で言えば東京や、Lineが社屋建設を決めた福岡市等の地方都市の方がいいと思うのですが、このネット時代、時代の最先端を走るにあたっては地方(田舎)住まいでもデメリットないのでしょうか?
それともやはり東京に出た方がいいのか、お考えを教えてください。

A,ネタで移住したんだと思いますけど。

堀江貴文のブログでは言えない話 Vol.235 > The Book Project 夜間飛行 | 受信箱に本が届くより)

 

まあネタっていう側面は確かにかなり強いと思います。この移住をちゃんとネタにできているからヤフトピに載ることもできるし、PVを伸ばして収益性を高めることができています。

ただしそれをちゃんと収益化できるネタにすることができているのは、地方と都会の最先端の違いがあり、それを活用できているからだと思います。

 

 

地方の最先端

都会の最先端については、特に説明をしなくてもわかると思うので、割愛しますが、地方の最先端というのはどういうことなのか書いていきます。

地方にある最先端というのはまちづくり、地域おこし的なことや、里山資本主義のようなローコストでの生活モデルのことがあります。

 

記事をもとに紹介てしていくと、子どもたちがビジネス、納税、政治を「体で学ぶ」。高知「とさっ子タウン」がすばらしい : まだ東京で消耗してるの?高知県の過疎地に「起業の学校」をつくる!「土佐山アカデミー」共同創業者・林篤志さんに話を聞いた : まだ東京で消耗してるの?徳島の美しい村が実践するのは、“ごみを出さない売り方”!パスタもシャンプーも量り売りする「上勝百貨店」 | greenz.jp グリーンズなどのようなものです。

このような記事は、移住日記 : まだ東京で消耗してるの?greenz.jp グリーンズ | ほしい未来は、つくろう。オルタナS|「いまここ」に若者視点をプラスするエシカルメディアなどを見ると色々な事例などがあります。

 

 

二つの最先端

このように、都会と地方では最先端のタイプが違います。このことに近いことを猪子寿之さんが書かれているこんな記事もありました。

・今後、都市は、世界で競争力のあるスーパー・ハイクオリティに携わる層と、強いコミュニティを持つ層に分断されていくのではないかと思っています。

・コンテンツやモノ、サービスのアウトプットそのものだけではなく、出来上がるまでのプロセスであったり、誰が作っているかであったり、あとは、コミュニティ内でのコミュニケーションのためであったり、そのようなことが価値を作っているのです。

・ハイクオリティに携わる層の多くは、世界で勝ち続けないといけないので、世界の競争にさらされ、仕事がより激化します。そして、世界がマーケットであるため、ある程度世界を転々としなければなりません。つまり、超忙しい。そして、忙しいと、コミュニティを持てないのです。

猪子寿之の考える「全員主役。」時代のビジネスとコミュニティの関係 | GQ JAPANより)

 

ここでコミュニティを活用した事例として、ニコニコ超会議やAKB48、初音ミクがでてきています。またここで言われていることはクラウドファンディングなどにも当てはまるのかなと思います。

そして、このことは、地方にも当てはまると思います。というか地方の最先端と言えるような活動をしているところは、ここでいうコミュニティを上手く活かすことができているのだと思います。

 

このように、地方と都会には違う種類の最先端があり、その人がどういう最先端の中で仕事をしていきたいか、どのような最先端の中で暮らしをしていきたいかということを考えることで、地方・都会の良さというのは変わってくるのかなと思います。

 

 

関連記事・書籍はこちら。

猪子寿之の考える「全員主役。」時代のビジネスとコミュニティの関係 | GQ JAPAN
つながれば、ぼろ儲け!?山崎亮が語るコミュニティーデザインという仕事。(上) |あしたのコミュニティーラボ

 

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.