編集とは情報と情報を紡ぐこと!

 - 

 -  >

 -  オピニオン, ブログ

ブログ記事の末尾に書いた内容に関連する記事とか本とか文献を載せる人とあんまり載せない人っています。

どこからその考えが思い浮かんだのかのかっていうことを知りたい時もあるので、参考文献的なものを載せて欲しいなと思う時があります。

 

 

なぜ参考文献が欲しいか

長く読んでいるブログの著者の考えとか、書き方によってはどこからその考え方が来ているのか分かる人もいるのですが、読んでいる記事によっては何でそのように思ったのかよくわからないことがあります。

もちろん人がブログのような記事を書いている時の考えって、ネットから情報を集めている時だけではないですし、どこからその考えが来ていることが明確化できているわけではありませんが。

 

どのような情報を得て、どのようにその人がそのことを考えるようになったのかということをある程度知ることができるのは、非常に価値があることです。だから参考文献が欲しいのです。

 

 

編集とは情報と情報を紡ぐこと

編集は「集める・編む」と言う言葉が合わさっています。即ち様々な情報を集めて、それらの情報を編み直していくことが編集ということなのかなと思います。

そしてどんな記事にも、必ず編集の過程があります。(純粋なストレートニュースは別ですが)

 

上に書いたことと被りますが、その編集の過程が知りたいから参考文献が欲しいのです。

 

 

参考文献はキュレーション的な価値もある?

これはまだ自分もよく分からない部分でもあるのですが、参考文献とか関連記事が多いブログってキュレーション的な価値があるのかなとも思います。

例えば、らふらく^^ ~ブログで飯を食う~は過去に書いたらふらくさんの記事との紐付けや他者が書いた記事などの紹介が上手いなと思っています。そこで自分はその過去記事に飛んだり、紹介されている記事もよく見ています。

 

なので、らふらくさんは参考文献という形で掲載はしていませんが、こういう記事ってキュレーション的な価値もあるのかなと思っています。

 

 

個人ブログは編集力が命

個人のブログは編集力がめちゃくちゃ重要です。たぶんそこでいいブログになるかどうかが決まると言っても過言ではないです。

色々な情報を集めて、それの紡ぎ合わせ方がいいかどうかということにより、そのブログの価値が決まります。

 

もちろんストレートニュースにも価値はあるのですが、ストレートニュースは人力勝負的なところもあるので、個人ブログのようなところはストレートニュースなどをどのように自分の色を出して、編集をしていくということが大切です。

そして編集の過程というのも素晴らしいコンテンツだと思うので、自分は参考文献がわかるブログというのはいいブログなのかなと思います。

 

 

関連記事・書籍はこちら。

「大事なのはその出来事が起こした変化の大きさ」 | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
個人メディアは文脈性を高めた方が面白い! | The Startup
編集力=組み合わせによる化学反応を追求する力:The Media8 | The Startup
ブログで強く主張しなくてどうすんの?書きたいこと書こうぜ!| らふらく^^ ~ブログで飯を食う~

 

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.