努力は環境に依存するものだ! 『新世代努力論 「恵まれた世代」は判ってない。これがぼくらの価値観だ。』

 - 

 -  >

 -  オピニオン, ソーシャルデザイン, 書評

まだ東京で消耗してるの?イケダハヤトさんの新著新世代努力論 「恵まれた世代」は判ってない。これがぼくらの価値観だ。について書いていきます。

ただ、正確にはこの『新世代努力論 「恵まれた世代」は判ってない。これがぼくらの価値観だ。』は買っていなく、有料メルマガで『ぼくらの努力論 —「やればできる」はバブルの幻想』という本だったときの原稿段階のものしか読んでいないので、いつものような書き起こしスタイルではない書き方で書いていきます。

[無料版あり] イケハヤマガジン – BLOGOS(ブロゴス)メルマガ

 

 

やればできるはもう幻想でしかない

まずこの本の肝になっている部分を、箇条書きで要約してみます。

 

このやればできるという考え、自己責任論を押し付けるような価値観はこれからどんどん変えていけなければならないと自分も考えています。

 

 

努力は環境に依存するもの

努力は環境に依存するものというのは、このように言い換えることもできると思います。

自分よりも賢い人を周りにおくこと

まわりの人が自分より「面白い」「興味深い」「頭がいい」環境に自分を置いてください。まわりがすばらしいからこそ、自分が走り続けなければいけないように仕向けるんです。より簡単な道のりを選ぶのではなく、むしろ自分自身を大変な境遇においてみることが大事です。

EvernoteのCEOが品川女子学院の生徒に教えた、人生に役立つ3つの教訓 | ライフハッカー[日本版]より)

 

ここではプラスの文脈として環境という言葉を使っています。

努力は環境に依存するところが大きいので、努力をしやすい環境に自分を置くということです。

 

そして自分の例で言うと、自分は大学1年生の時からNPO法人Design Net-works Assosiationという学生NPOに所属して活動を行い、2,3年の時は事務局員としてめっちゃハードに活動を行っていました。そして周りもみんなハードに努力をしている人たちばかりでした。

そこでの活動を通して、自分は努力をできるようになりました。本を読んだりして勉強するのも好きだし、活動をよりよくしていくために努力することは楽しいことでした。

 

自分は高校時代はめちゃくちゃ勉強とか嫌いでしたし、努力すること自体が非常に嫌いでしたが、このようにして、努力するスキルを身につけていきました。

またこのDNAに入ってのもたまたまであり、自分はかなり運が良かったからこのように努力をするスキルを手に入れることが出来ました。

 

 

そして逆に一般的に努力をしていないと言われている人たちは、このような環境にたまたまいることができなかったからです。

例えば、子どもの貧困の環境は努力というスキルを身につけにくいことだと思いますし、ホームレスなどの他の社会的課題が起きているのも同じことだと思います。

 

 

成功の基準を競争以外に置く

そして最後に成功の基準を競争以外に置くということですが、今までの日本人の成功の基準って人を基準にしたものが多かったと思います。

年収・職場での地位・学歴などが成功の基準としてありました、少し古いですがバブル期の3K(高学歴・高収入・高身長)はその典型です。

 

そうではなく、自分の成功や幸せの基準となるものを他者との比較に置くのではなく、自分の中に作っていくことが必要です。

島耕作シリーズなどの著者である弘兼憲史さんはこのように言っています。

物差しというのは人と比較する物差しではなくて、自分の中にこれができたらいいなという物差しを持ってて、それが叶えばいいわけだから、人と比べる必要はない。人それぞれなんだと。

(「物事を成した人というのは、言ってみればその分野のオタク」:弘兼憲史『夢は9割叶わない。』 vol.3 | ラジおこしより)

 

人と比べて、人を基準にした成功であれば、必ずそこに競争に負けてしまう人が存在します。

そうではなく、自分なりの成功の基準を持っていれば、その人なりの人それぞれの成功・幸せをつかむことができます。

 

自分の一つの成功の基準は、会社などの他人に縛られずに生きていくということです。

だからこそ、就職をせずにプロブロガーを目指しています。年収という基準を自分の成功の基準に置いていたら絶対にできないことです。

 

プロブロガーとして成功している、イケダハヤトさんでさえ年収は500〜600万円ほどです。もっと高い人もいますが、ブロガーで数千万稼いでいる人というのはあまり聞いたことがありません。

 

このように他者に成功・幸せの基準を置くのではなく、自分の中のこういう風になりたい、こういうように生活をしたいという価値観をもとに成功の基準を作っていくべきです。

 

PS

イケダハヤトさんの有料メルマガ[無料版あり] イケハヤマガジン – BLOGOS(ブロゴス)メルマガは今無料版の拡充をしているようで、無料版でも楽しむことが出来るので、興味がある方はぜひ購読してみてください。

また内容は、イケダハヤト | ask.fm/nubonbaで集めた質問に答えてくれるというものです。自分もよく質問を投稿していますが、しっかり返ってくるので質問を送るのも読むのも面白いです!

 

 

関連記事はこちら。

EvernoteのCEOが語る人生に役立つ3つの教訓 成長したければ、自分より賢い人がいる環境を作れ | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
寄り道がない人生はつまらない 『カタリバ大学 第62講「酒井穣さんと考える 私たちの迷い方」』 | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
傷つけたれた者こそが、我々に救いをもたらしてくれる 『「助けて」と言える国へ』 | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
夢を目標に変えていく! 島耕作シリーズ著者の弘兼憲史の夢の考え方が面白い! | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.