学校なんて行かなくても大丈夫! マッチョな人ならね!

 - 

 -  >

 -  オピニオン, キャリアデザイン

一週間ほど前に堀江貴文さんでが高校の大阪の高校の一日校長をやって、「今は情報を自由に得られる豊かさがある。学校には行かなくてもいい。行動してほしい」と言っていたそうです。

 

・「ホリエモン」と呼ばれるライブドア元社長、堀江貴文さん(41)が17日、大阪府立金岡高校(堺市)の一日校長に就任し、約100人の生徒を前に「今は情報を自由に得られる豊かさがある。学校には行かなくてもいい。行動してほしい」と語った。

・堀江さんが「自分が今、高校生だったら学校に行かずにiPhone(アイフォーン)のアプリを作っている」と話しだすと、生徒たちは驚いた様子。やってほしいこととして「既存のルールや教育を見直して、自分がしたいことは何かゼロベースで考えて。夏休みを有意義に使ってほしい」とエールを送った。

ホリエモン、高校で熱弁「学校行かなくていい!?」 – MSN産経westより)

 

 

マッチョな人は学校じゃなくても、どこでも学ぶことができる

これからの時代を生き抜くために必要な力3つの力! | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!という記事にも書きましたが、情報はネット上にたくさんあります。即ち「今は情報を自由に得られる豊かさがある。」ということです。

そして、ここでいうマッチョな人は主体性に生きる力が高い人ということです。即ち「行動できる人」ということです。

  1. 主体的に生きる力
  2. ITリテラシー
  3. メディアリテラシー

 

堀江さんは自分は高校生なら、iPhoneアプリを作っていると言っていますが、iPhoneアプリを作るためのコードの書き方などはネットを見ればほとんど学ぶことができます。

Yappli – ヤプリ – iPhone&Androidのアプリ作成、開発ツールなどを使えば、コードを書く知識さえ必要ありません。

 

このようなネット上の情報を活かすためのリテラシーと、それを活かそうと考えることができる主体性・マッチョさがあれば、大学はもちろん高校だっていく必要はないと思います。

 

 

ちなみにマッチョさとは、この位のレベルのことをいうと思っています。

・睡眠時間以外のほぼ全てを仕事に使っていないということじゃないかと。

・ここで大事な事はこれを苦しいと思う人は向いていないかもしれないってことだ。私は正直他の何よりも仕事に集中している時間が好きだったし、新しい技術を開発したりするのが面白かったのだ。

起業してほぼ確実に成功する方法|堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」より)

 

堀江さんは8時間くらいは毎日睡眠を取っているようですが、それ以外の時間は通勤時間、遊ぶ時間など全てを徹底的に削り、全てを仕事時間に使っていたそうです。

それを主体的に楽しむことができるような人なら、本当に学校なんて行かなくていいと思っています。

 

自分はそこまでマッチョではないので、いちおう大学に行っています。

ここまでできる人になれていたら、大学は退学してたでしょうね。

 

 

関連記事はこちら。

これからの時代を生き抜くために必要な力3つの力! | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
起業してほぼ確実に成功する方法|堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.