AKB襲撃容疑者が異常者? だからなに?

 - 

 -  >

 -  オピニオン

昨日起きた、AKBの握手会での殺人未遂事件の犯人が「人を殺そうと思った。誰でもよかった」と供述しているようです。

昨日の事件の概要はこちら:事件が起きたからって、とりあえず全リスクを排除するために、無駄な対策をしてはいけない。 | Kobayashi Blog

 

岩手県滝沢市で人気アイドルグループAKB48の握手会中にメンバーら3人が切りつけられた事件で、殺人未遂容疑で逮捕された無職梅田悟容疑者(24)=青森県十和田市=が「人を殺そうと思った。誰でもよかった」と供述していると岩手県警が26日、明らかにした。県警は、梅田容疑者がAKBメンバーを無差別に狙ったとみて調べている。

AKB襲撃容疑者「人殺そうと」「誰でもよかった」供述:朝日新聞デジタルより)

 

 

ネットでの意見

AKB襲撃容疑者「人殺そうと」「誰でもよかった」供述 – 朝日新聞デジタル http://t.co/lnS83ORe0U テメエが死ねよ。

— okaniwa (@mocoride) May 26, 2014

AKB襲撃容疑者「人殺そうと」「誰でもよかった」供述 http://t.co/orv1fYK00i 関係ないひとは身勝手に殺したい、でも自分は死にたくない、このパターンの奴に更正は無理だ。死刑でいい。

— Ryogo Osanai (@or_zemi) May 26, 2014

 

少し過激な意見を抜き出しましたが、このように犯人を責め立てるような論調のものが結構あります。

 

 

犯人を許容し、受け入れて、何がそうさせたかを考えること

この手の事件では、
犯人の人格に焦点が当てられがちだけど間違い。
当然それでは問題は解決しないし、
だから同じような事件が繰り返し起こる。
なぜ犯人が、そのような心境に至ったのか、どんな環境にあったのか、それを解明するのが重要。
例えばパンを盗む人は、悪い心を持ってるからパンを盗むというよりも、貧しくて空腹で仕方なく盗んだという境遇による処が大きく、つまり貧しく無ければパンを盗む必要も無い。
もし豊かでありながらもパンを盗むのであれば、そこで初めて精神の問題となる。
それを単にパンを盗むのは悪いヤツで片付けると、同じ境遇の人がまた同じ犯行を犯すことになる。
今回の事件も24歳無職の男性の境遇を調べ明らかにする必要がある。
そして、そのような境遇を社会的に無くせるのなら、同様の動機による犯行は今後防げることになる。
単に人格論に陥るのは、あまりにも浅はか。;http://t.co/TdRY2q2GO3 #NewsPicks

— B-CHAN(びーちゃん) (@B_CHAN_KZY) May 26, 2014

 

いいなと思った意見があったので、まずはそれを掲載しました。

まだ明らかになっていないので、動機のその背景にあるものは何かわかりませんが、容疑者を異常者と片付けて、事件の責任を容疑者に全て押し付けることは無意味です。

責任は社会にあると考え、社会のどのような仕組みをこのような悲しい事件を引き起こしてしまうことになってしまったか、そしてどのようにすれば、このような事件が生まれない社会を作ることができるかということを考えるべきです。

 

 

居場所が必要

この事件に近い秋葉原通り魔事件について一部か書かれている「空気」と「世間」 (講談社現代新書)という本にこのようにあります。

もし、彼が「世間」に向かってではなく、同質ではない人たちが集まる「社会」に向かって書こうと意識していたら、彼女は見つからなくても、派遣社員の苦しみと不安を語ることができる、最低でも一人の相手を見つけられたんじゃないかと、僕は楽観的に思うのです。

彼はたった一人を求めていたのです。何も、ネット上で人気者になるとか、人気投票の上位になるとか(そういうシステムの掲示板ではありませんでしたが)そんな大きな成功を夢見ていたのではないかと、彼の書き込みを読むと感じるのです。

「空気」と「世間」 (講談社現代新書)より)

 

この秋葉原通り魔事件の犯人と境遇がどこまで近いかということはまだわかりませんが、この容疑者にも恐らく社会に居場所がなかったのだと思います。

だからAKB48の握手会という目立つ場面でこのようなことをしたのだと思います。

 

ほぼ間違いなく、彼は服役したとしても出所することになります。

そのときに容疑者を許容し、社会として受け入れていくということが必ず必要です。

 

それができなければ、またこのような事件が起こりますし、再犯をすることさえありえます。

社会に居場所があること、全ての人が社会に居場所があればこのような事件が起こることはないと思います。

 

 

関連記事はこちら。

事件が起きたからって、とりあえず全リスクを排除するために、無駄な対策をしてはいけない。 | Kobayashi Blog
日本社会の原点を学べる「世間と空気」 | Kobayashi Blog
犯罪者家族を社会がもっと許容することが必要! | Kobayashi Blog

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.