事件が起きたからって、とりあえず全リスクを排除するために、無駄な対策をしてはいけない。

 - 

 -  >

 -  オピニオン

今日のAKB48の握手会で、ファン?がメンバーに刃物で突然襲いかかるという非常に痛ましい事件がありました。容疑者は現行犯で逮捕され、容疑も認めているようです。

 

25日午後4時55分ごろ、岩手県滝沢市で開かれていたアイドルグループ「AKB48」の握手会会場でのこぎりを持った男が暴れた事件で、岩手県警によると、川栄さんと入山さんは頭と右手、男性スタッフは左手に切り傷を負ったが、命に別条はないという。病院に駆け付けたAKB48の運営会社関係者は、川栄さんが右手親指の骨折と裂傷、入山さんは右手小指の骨折と裂傷でそれぞれ手術を受けた、と記者団に説明した。

県警は、殺人未遂容疑で青森県十和田市三本木、無職、梅田悟容疑者(24)を現行犯逮捕した。握手会が行われていた岩手産業文化センター「アピオ」の建物内で、長さ約50センチののこぎりを持ち突然襲いかかったとみられる。梅田容疑者は「私がやりました」と容疑を認めているという。

【AKB襲撃】川栄さんら、手と頭にけが のこぎり持った男を殺人未遂容疑で逮捕+(1/2ページ) – MSN産経ニュースより)

 

まずは、命に別状はないようですが、二人の一国も早い回復とこれからも心の傷を負うことなく無事に活動を続けていけることを祈りたいですね。

 

 

セキュリティーに甘いのは事実

ネット上の意見で、以下のようにセキュリティーの甘さを避難するものが多くあります。

AKBの握手会で起きた刃物で切りつけられた事件だが、何故事前に荷物チェックをしなかったのか?AKBの握手会では握手する前に消毒液で手を消毒してからと聞くが荷物チェックより手の消毒の方が大切なんだろうか?AKB商法といい疑問に思うところが沢山あるね。

— はまやん (@hamayan0820) May 25, 2014


 

実際に握手会でセキュリティチェックで行っていることは、手のひらの確認のみです。(指輪を付けていると外すように注意されます。)

またライブなどでは、手荷物の簡単なチェックはあります。

 

そのためカバンに刃物などを持ち込んで、このような事件を起こすことは非常に容易です。

 

 

セキュリティーを厳しくすることは難しい

このような事件を誰でも起こせる状況にあることは、誰でも想像出来ます。

しかし、空港のようなセキュリティチェックをすることはとても難しいです。

 

何周もループする人に対して、何度もセキュリティチェックをすることも非合理的ですし、そもそもかなりの人数が並び場合によっては一時間以上並んで待つということがある中で、さらにセキュリティチェックをすることは難しいことです。

 

 

リスクを全部排除することは不可能

あまりこういう言い方は好きではありませんが、このようなイベントに対するリスクを全ては排除することは不可能です。

だからむやみにセキュリティを厳しくしたり、イベントを中止にしたり、Twitterで話題になっていますが以下のような形式にすることという形式を取ることは良くないと思います。

 

NewImage

 

とりあえずのリスク排除のために、後手に回るような対策をとることが一番良くないことだと思います。

日本の良さは、安全性が高い相互信頼社会であること。この事件により、握手会に、空港の様なセキュリティーが入るとなると、とても残念だ。先ずは被害者が軽症であり、早く復帰できることを祈ります。 / AKBメン… http://t.co/cBQI7NYxjm #NewsPicks

— 堀義人/Yoshito Hori (@YoshitoHori) May 25, 2014

 

このように今までの握手会はある意味信頼で成り立っている部分もありました、一度こういうことが起きたからって、後手に回るような対策をしないことを各種イベントには求めたいです。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.