就活時期が来年から遅くなることの「意味」

 - 

 -  >

 -  オピニオン, キャリアデザイン

昨年発表されましたが、新三年生でこれから就職活動をしていく、2016年卒の大学生から就職活動の経団連の倫理憲章に夜解禁時期がまた変わります。

そして、新たに少し前ですが、経団連が就職活動の新スケジュールを発表しました。

 

来年からは説明会解禁日が3月解禁で面接などの選考の解禁は8月にしていくようです。

(現在12月説明会解禁で、4月選考解禁であり、震災前までは説明会解禁が10月でした。)

NewImage

人材活用、課題解決のヒントが満載! テンプ ナレッジマガジンよいr)

 

またこの就職活動のスケジュールの変更はたくさんのメリットデメリットがあります。

まず整理された図を引用します。

 

NewImage

人材活用、課題解決のヒントが満載! テンプ ナレッジマガジンより)

 

また他にもこのような意見があります。

学生

・就職活動の開始が遅れ期間も短くなる為、引く手あまたな優秀層と就職できない層の差が更に拡大する
・国の政策の後押しもあり、就職への不安感が大きいことから武器を身に着けようと、海外留学、ダブルスクール、インターンシップが増え、グローバル人材やITなどの専門性を持つレベルの高い層が拡大する
・一方、就職に対する強い不安や焦りの解消として、個人への就職支援ニーズが拡大する
・一般的な学生は、就職活動開始が遅れる為、バイトをする期間が延び、ボランティア活動など社会活動が増える

 

企業

・採用力の低い企業は新卒を採りきれないため、既卒までターゲット層の拡大進む
・採用活動が短期集中化するため、採用効率の良い紹介や採用代行サービスが伸びる 採用活動自体の見直しを余儀なくされる為、コンサルも必要となる
・中小やベンチャーでは、インターンからの採用活動を強化し、大手では、更にグローバルや専門系人材のニーズが拡大
・採用活動に苦戦したその先には、通年採用へのシフトが待っているのではないか?
・通年採用となった場合、人事機能を強化し、内製化が進むのでは

就活が後ろ倒しになることで人材ビジネスにどのような影響が出ることが見込まれるのか? | TOBIRA | powered by intelligenceより)

 

【その1:理工系の学生が損をする】
【その2:教員・公務員併願者が激減する】
【その3:卒論・4年次後半の単位修得で一騒動】
【その4:就職情報会社は損?得?】
【その5:就活ベンチャーは儲かる】
【その6:大手企業が得、中小企業は損】
【その7:結局は長期化が変わらない?】

大学新卒の就活時期後ろ倒し、学生と企業への影響は?学業阻害、採用実数減の懸念も – ライブドアニュースより)

 

既にここれらで言われていることですが、就活開始時期が遅くなることにより、現状の就職活動解禁時期とのギャップを活かせる学生と活かせない学生の格差が拡大すると考えられます。

いわゆる意識が高いと言われるような、インターンシップに参加したり、留学したりというような積極的に学生生活を就職活動で役立つような活動を行っている学生とそうではない学生に格差が生じると考えられます。

 

また就職活動が短期化してしまうため短期に内定を獲得できない学生が出現し、就職浪人をするような学生も増えてしまうと考えられます。

 

このようにメリットを受ける人も多くいますが、時期の変更によりデメリットを受けてしまう学生がむしろたくさんいると考えられます。

大学生が勉強しやすい環境を作るという名目で、今回の就職活動の解禁時期の変更は行いましたが、これによって大学生が勉強しやすくなるということは考えにくいですし、格差が拡大するような時期の変更を政府主導で行っているのは、やっぱり政府のパフォーマンスとしての側面が強いんでしょうね。

 

 

関連記事はこちら。

就活が後ろ倒しになることで人材ビジネスにどのような影響が出ることが見込まれるのか? | TOBIRA | powered by intelligence
大学新卒の就活時期後ろ倒し、学生と企業への影響は?学業阻害、採用実数減の懸念も – ライブドアニュース
人材活用、課題解決のヒントが満載! テンプ ナレッジマガジン

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.