「NPO=ボランティア」ではないよ。 NPO法人とはどんな組織?

 - 

 -  >

 -  NPO

NPO法人はどんな組織であるかということを、正確に理解をしている人はNPO法人に関わっている人でも少ないと思います。

NPOに関わっている人でさえ、NPO=ボランティア、非営利=稼いではいけないと考えている人も少なくありません。

 

 

特定非営利活動促進法に基づき活動をしているのがNPO法人

まず基本ですがNPO法人の正式名称は特定非営利活動法人と言って 特定非営利活動促進法に基づいて法人格を付与された団体です。

阪神大震災を契機にボランティア活動などの市民活動が活発化したため その促進を目的として制定されたのが特定非営利活動促進法です。

 

そしてNPO法人は特定非営利活動を行うことを目的としている団体です。

そして特定非営利活動というのが制定当初は以下の17分野ありました。

1. 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
2. 社会教育の推進を図る活動
3. まちづくりの推進を図る活動
4. 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
5. 環境の保全を図る活動
6. 災害救援活動
7. 地域安全活動
8. 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
9. 国際協力の活動
10. 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
11. 子どもの健全育成を図る活動
12. 情報化社会の発展を図る活動
13. 科学技術の振興を図る活動
14. 経済活動の活性化を図る活動
15. 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
16. 消費者の保護を図る活動
17. 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

そして現在は以下の3分野が増えました。

・観光の振興を図る活動
・農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
・前各号に掲げる活動に準ずる活動として都道府県又は指定都市の条例で定める活動山漁村又は中山間地域の振興を図る活動

この特定非営利活動を行うために存在しているのがNPO法人です。

 

反対に、営利事業というのもあります。

営利事業は、様々な法律によって制定されていて、まだ自分もわからない部分が多いです。

営利事業 – Wikipedia

 

 

非営利と営利の違い

そして非営利という文言がありますが、これは利益を得ることを禁止するものではありません。

この非営利と営利(株式会社)の違いがよく誤解されています。

まずこの営利というのは誰にとっての利益なのかというと、所有者にとっての利益です。

 

株式会社の所有者はもちろん株主です。

法的にはこの株主に利益を分配し、与えるために株式会社は存在します。

 

そしてNPO法人に所有者は存在しません(会員も所有者ではありません)。

だからNPO法人は所有者に営利を分配するという目的がありません。だから非営利組織なのです。

 

つまり非営利とは利益が出ても、それを会員などで分配をしないでミッション(特定非営利活動)のために再投資をするから特定非営利活動法人なのです。

 

 

NPO法人とはどういう組織かわかりましたでしょうか?

このようにNPO法人は特定非営利活動を行うためであれば 極論をいうと何をして稼いだっていいんです(もちろん反社会的なことはダメですが)。そして人を雇ってもいいのです。

実際に民間企業と変わらない稼ぎ方をしているNPOもあります。 特定非営利活動法人 WE21 ジャパンその一つで、リサイクルショップを運営し、その利益を寄付という形で国際協力活動に繋げています。

また認定NPO法人フローレンスは病児保育という社会課題を解決しながら、同時に事業収入も大きく上げています。

 

もちろん必要以上に人件費・管理費にお金を使うことは NPO法人にとって好ましいことではありませんので、何にお金を使うかはNPO法人は慎重にならなければなりません。 特に寄付金・助成金等の支援性の高いお金をもらっている団体は慎重にお金使い 支援者に対してアカウンタビリティを果たしていかなければなりません。

NPO法人についてもっと詳しく知りたいという方は 以下の内閣府HPを見てみてください、特定非営利活動促進法の原本もあります。

内閣府NPOホームページ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2013 All Rights Reserved.