NPOに一番大切な事!!

 - 

 -  >

 -  NPO, オピニオン , , ,

自分の持論としてNPOには事業収入を集める事よりも、寄付を多く集める事よりも大切な事があると思っています。

それは団体としての価値観を持つ事です。

方向性を定めるといってもいいかもしれません。

20120927 198352  1

なぜならNPOなどのソーシャルビジネスにおける、社会的成果・ソーシャルインパクト・ソーシャルバリュー色々な言い方がありますが、その成果を測定するためににはまず団体としての価値観を決める事が一番大切だからです。

「あれもこう見れば、私たちの活動の成果になるよね?」っていうよな曖昧なスタンスではいけないのです。

「私たちの団体は受益者にこの影響を与えたことを成果にします!!」という価値観を明確にする必要があります。

社会的事業における成果は、基本的に曖昧です。

どのように測定すればいいかということが、よくわからないことがあります。

例えば、若者の就労支援を行っているNPOがあるとして、そのNPOのミッション・ビジョンは若者が幸福に暮らせるようにすることだとします。しかし就労支援をして、就職してもらう事により全ての若者が幸せになるかといったらそうではないのかもしれないのです。

このように社会的事業における成果というのは、定量的なものではなく、定性的なものが非常に重要になりがちで、曖昧であり正確に算出することが困難な場合があります。

また社会的成果は常に曖昧です。こういう見方があればそういう見方もある、というように多様な視点から見れば常に正解となるような解はないのです。

特に教育・まちづくりなどの分野が定性的なものが重要になってくるためとても難しいです。

しかしNPOにおいては当然、事業成果をできる限り明確に算出し、支援者などのステイクホルダーに伝えていくことはとても重要です。

その成果を算出するための、指針を立てるために団体としての価値観を持つ事がとても重要です。

だからこそ「この見方もいいと思うけど、私たちの団体はこういう見方をしています」という価値観を明確にしていくことがとても重要なのです。

そしてその価値観に基づいて、事業を行っていく事により、ミッション・ビジョンに基づいた一貫性のある事業を行う事ができるのです。

その為には、できるだけ多様な視点で解決したい社会的課題を分析し、自団体はどのようにその課題を解決していきたいのかということを団体内で徹底的に議論する事が必要です。

どれがいいとか悪いとかではなく、価値観の問題なので、明確な結論が出る事はないかもしれませんが、その中でも団体内で折り合いをつけて、こういう価値観でやっていこうということが明確にあることにより、その団体の方向性が定まります。そしてその方向性に基づいて活動を行っていく事が大切です。

この過程をしっかり踏まないで、活動している団体も多くありますが、そのような団体は価値観が曖昧であるために、ミッションと事業の整合性がとれていなかったり、事業の軸が曖昧だったり、事業の成果が曖昧で何のために活動をしているのかよくわからなくなっていることがあります。

この過程は大変ですし、正解がなく難しいですが、社会的事業を行う上で一番大切な事だと思うので、必ず面倒くさがらずにやっていくようにしましょう!!

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.