NPOの一年を振返り、これからを考える! 「NPOセミナー納め」

 - 

 -  >

 -  NPO, イベントレポート, ファンドレイジング , ,

今日はCANPANの山田泰久さんが主催するNPOセミナー納めに参加してきました!!

講師は以下のメンバーと年末にも関わらず非常にいつも通り豪華な面々で、6時間以上の長丁場にも関わらずあっという間に終わり今年参加したセミナーの中で一番タメになったセミナーでした!!

 

一部:情報発信と資金調達、その傾向と対策
~ブログvsFacebook、クラウドファンディングvs助成金など~
講師:山田泰久さん日本財団 CANPAN

 

二部:コミュニティの傾向と対策
講師:呉 哲煥 さんNPO法人 CRファクトリー 代表)

三部:IT・Webツールの傾向と対策
講師:笠原 孝弘 さん日本NPOセンター

四部:マーケティングの傾向と対策
講師:長浜洋二さんNPOマーケティング研究所代表)

五部:懇親会的なワークショップ
テーマ「セミナーでの学びをいかに団体で導入して、NPO活動に活用していくのか」

登壇者

五井淵利明さん(NPO法人 CRファクトリー コンサルタント)
笠原 孝弘 さん日本NPOセンター
長浜洋二さんNPOマーケティング研究所代表)
河内山信一さんシン・ファンドレイジングパートナーズ 代表取締役)
司会:山田泰久さん日本財団 CANPAN

 

報告記事はこちら。
【開催報告】2013年NPOセミナー納め~今年1年のセミナーを振り返るセミナー~(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2013年12月26日(木)15:00~21:30 -CANPAN・NPOフォーラム~情報開示と発信で資源を循環させる

 

 

情報発信と資金調達、その傾向と対策

情報発信助成金2013振り返り(公開用) from Yasuhisa Yamada

NPOの情報発信において最低限抑えておきたい3つのツール

・HP:ネット上の団体パンフレットにあたる
・ブログ:ネット上の会報誌に当たる
・地域のポータルサイト:地域の電話帳にあたる
・ポータルサイトは意外と見落としがちだが、企業・行政はここから情報を探しているので、しっかり情報を更新していくことが重要

 

2013年の傾向

・ブログの再評価
・FACEBOOK活用方法の見直し

 

2014年の展望

Links for Good | クリックで、世界を変える。 – Yahoo! JAPAN
Google Ad Grants – 非営利団体向け AdWords – Google Ad Grants
あなたの「いいね!」や「シェア」だけで『社会貢献活動』に支援金を届けられます。 新しいカタチの社会貢献サービス [gooddo(グッドゥ)]
・LINEの活用
・YOUTUBE
→若者の中で何かを検索するときYouTubeから検索する人もいる
・ブログはストック、FACEBOOKはフローで情報発信ができる
・個人ならFACEBOOK、団体ならブログ
・普通の代表者ならFACEBOOK、世間に訴えていきたい代表者ならブログ
・ブログを活用したい皆様へ:CANPAN ブログ白書 2012
Facebookの投稿がますます表示されにくくなっている?問題を克服する方法 | SocialCompany.org – ソーシャルカンパニー
・ソーシャルメディアでの明確な「お願い」「報告」が重要
・助成金VSクラウドファンディング=312億VS5,7億
・資金調達において重視したいことで助成金、クラウドファンディングを使い分けることが重要
日本の主要クラウドファンディング 支援額 マップ
日本の主要クラウドファンディング 累計支援額 月次推移 (積み上げグラフ)

 

2014年は動画の年とよく言われていますが、やっぱり動画がNPOにも来るということですかね!!

またソーシャルメディアでシェアや寄付を明確にお願いするべきということはよくわかります。その方が明確に協力したくなりますからね!

 

FACEBOOK・ブログのそれぞれの顧客の導線・流れのスライドが素晴らしかったです!!

こういうふうに顧客が自社メディアに来ると分かれば施策を行いやすいとすごい実感しました。

 <2013-9-638/p>

コミュニティの傾向と対策

Canpan npoフォーラム npoセミナー納め__crファクトリー_ from Yasuhisa Yamada

コミュニティのトレンド

①シェアハウス

・単身世帯の人に対してコミュニティで包摂する一つのアプローチ
・単身世帯の人の割合が増えて、現在3割
・若者以外のシェアハウスが増えている→シングルマザー専門、若者×高齢者

 

②プロボノ

・プロボノ、ボランティアの魅力(人の魅力、新しい経験、充実感)
・自分は働けばいい、納税しているから十分という人たちが、活動を始めている
・ボランティアの担い手はシニア、学生、主婦だったが「会社員・公務員」が増えてきている
・一人一人が自分の問題意識の中で主体的な活動をするようになったことは、社会公共にとって良い傾向である。
・いかにプロボノをというボランタリーリソースを活用していくことがNPOの組織マネジメントで重要になってくる
・社会事業のマネジメント(①寄付者会員・資金調達②ボランティアスタッフ・HR③受益者・サービス)

 ③人と組織のマネジメント

・ITの発達により個人が自由に情報を選択できるようになってきたので、「この団体だから関わりたい」と思えるような「ロイヤリティ」や「エンゲージメント」を高めることの重要性が高まっている
・キーワードは「体験」「対話」「仲間」「居場所」
・いい団体の定義:コミットメント(やる気のある主体的な関わり)とエンゲージメント(団体・組織への愛着)が高い団体
・「主体性」が高ければほとんどの問題は解決する、「関係性」がよければほとんどのことは問題にならない
NPOの人と組織における中心的課題
・温度差、人材の流動
・解決の方向性

①団体の理念の共有
②多様な関わりのデザイン
③愛着醸成、仲間意識・それぞれの想いと現場を持って、実際に行動している人が増えている。

人と組織のマネジメントの好事例

サンタクロースならチャリティーサンタ

説得、説明ではなく感動と共感
伝えるのは言葉でも活動でもなく感動

日本ブラインドサッカー協会|Blind soccer
経営合宿を行い対話をして理念方針の共有している

Madre Bonita

合宿にて自分×団体のプレゼンを行い、自分の言葉でビジョン、ミッション、活動内容を語っている

・愛着醸成、関係性強化が重要

・ダニエル・キムの成功の循環

fig08

NPOにとって非金銭的インセンティブを与えなければボランティアは継続してくれないので、このテーマは非常に重要ですが難しくて実践しにくいテーマですね。

組織運営に迷っている方は無料でコンサルタントも行っているようなので、是非コンサルタントしてもらってみましょう!!

 

そしてはっきりとした研究があるわけじゃないので明確化されたアプローチがないのですが、やっぱりマズローの五段階欲求でいう所属・自我・自己実現の欲求を満たしていくような活動を行っていくことが重要だということですね。

 

 

IT・Webツールの傾向と対策

2014年 最も習慣化したい5つのITトレンド – What's Hot in 2014 NPO x IT from Takahiro Kasahara

2013年印象に残ったITニュース

CODE for JAPAN — ともに考え、ともにつくる
『2030年のよりよい世界』を考えるソーシャルグッド・サミット2013がいよいよ開催!  | 市川裕康「デジタル・キュレーション」 | 現代ビジネス [講談社]
・超簡単カード決済Squareの日本上陸
Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクールがNPO支援スタート
・GooGle for NPOの日本上陸Google for Nonprofits JP – コミュニティ – Google+

 

「2014年最も習慣化したい5つのITトレンド」

①グロースハック

・サービスが成長する仕組みを作る
・CMや広告に資金がかけられないITスタートアップが活用
桜新町の主婦が教えるGrowth Hack

コンテンツマーケティングにより見込み顧客の獲得

・ブログ、SNSで顧客の役立つ情報の提供
・大きな活動していない時にどういう情報発信を行っていくか、どういうニーズがあるかの見極めが重要
ひみつ基地:他団体とも協働で子供に関する情報発信を行い、ニュース記事にもなっている
トジョウエンジン | 途上国のイメージを豊かにするノンストップ・デイリーマガジン:約30名のライターを抱え途上国に関する情報発信を行い、14000いいねを獲得する記事もある
・コンテンツマーケティングをもっと学びたい人へ:Inbound Marketing Articles | HubSpot Blog
・メーリングリスト、FACEBOOKグループのファシリテーション

 

②オンラインコミュニティマネジメント

・オンラインでも感謝を伝える
・オンラインでもファンを巻き込む
・エゴサーチを行い、巻き込んでいく
・経営者がオンラインでコミュケーションを取っていく

③モバイル戦略

Squareの日本上陸
★海外記事の紹介:ファンドレイジングツールとしてモバイル決済システム「Square」活用のメリット・デメリット-NPOサポートセンターブログ
・モバイルマーケティングの検討、実施
・モバイルを意識した、ウェブのもモバイル対応・解析
・アメリカではモバイルでクラウドファンディングのようなキャンペーンが拡散している
・実際の振込はPCで行なっている
・Online to Ofline

 

④リトルデータ活用

・既に手元にあるデータの活用
・活用できるデータはビッグデータだけではない
・データ分析を可能にするオンラインツール
SurveyMonkey: 無料ネット調査・アンケートASP/無料フォーム作成ツール
Google Website Optimizer
・データビジュアライゼーションによりデータの可視化
・知って広める、インフォグラフィックス|もっとよく知る国際保健|保健医療NGO シェア=国際保健協力市民の会

 

⑤ハッカソン

・ともに考え、ともにつくる
International Space Apps Challenge Tokyo 2013
HackaLawson (ハッカローソン) 2013|ローソン
・NPO×ITもまとめそんを開催:NPOxIT JAPANまとめサイト

 

このセッションは最高によかったですね!!
自分がいま学びたいことがドストライクでした!!

笠原さんが講師だと聞いた時から超楽しみでしたが、NPO×ITに非常に関心がある自分には最高のセッションでした!!

そして特別難しいテクノロジーの導入を勧めるものでははなく、どの団体でも少し頑張れば導入できるようなものなのがさらによかったです。

またSquareはローソンで購入でき、ほぼ無料で購入できるようで、自分も一つもらいました!!

こうやって支払いを行い易い体制を作りファンドレイジングに繋げていきたいですね!!

 

 

マーケティングの傾向と対策

Npoマーケティングの傾向と対策 長浜1226 from Yasuhisa Yamada

NPOマーケティングのトレンドと今後の傾向

①従来通りファンドレイジングが大きなテーマ
②データベースの導入普及
③WEBの活用拡大
④有料広告へのチャレンジ
⑤モバイル端末の活用促進
⑥プロボノ活用によるマーケティング力の強化

 

草莽塾参加団体が学んだこと

・地道な作業を厭わないこと
・「何となく」ではなく、論理的根拠のある課題を設定すること
・PDCAを回すこと
・根拠、根拠、根拠!

 

リアルの場を活用したコミュニケーション戦略の再認識

・顔の見える活動(信頼性の獲得)
・熱意の伝播力(共感の醸成)
・ボランティアの活用(高い費用対効果)
・メディアの露出(PR効果)
・ソーシャルメディアをの親和性(拡散への期待)

 

WEBを活用した業務効率の改善と効果の拡大

・NPOの活動はいいね、リツイートを得やすいことを再認識
・NPOに必要なのは「共感」と「納得」を得る力
右脳に直感的なものを伝えて共感を得て、左脳に論理的に伝え納得を得る

 

マーケティングというどの団体にも普遍的に必要なもので、ここまでのセミナーが少しまとめられましたね。

やはりどこも傾向と課題はある程度似ていると感じました。

モバイル端末の重要性・プロボノの活用は他のセミナーでも出てきましたね!!

 

そして今後特に重要になってくるのは有料広告、その中でもFACEBOOKだと考えています。

セグメントされたターゲットにダイレクトで広告することができるので、FACEBOOKは今後さらに活用の方向性が高まりそうです。

また草莽塾参加団体が学んだこととしては、数字関係が多かったので、やっぱりNPOセクター全体として数字に強くなっていくことが重要ですね!

自分は逆に右脳が弱いですが(笑)

 

 

セミナーでの学びをいかに団体で導入して、NPO活動に活用していくのか

長浜さん

・複数人で参加することが重要、長がつく人が参加していると尚いい
・学んだことを発表する
・アクションを起こす

笠原さん

・二人のキーパーソンがいるといい、特にIT系の場合運用と分析を分けたほうがいい。
・内部の勉強会で共有を行うといい、その際資料の事前共有と予習が重要。
・自分は忘れやすい方なので、ツイッターで学んだことをや書評を書いてアーカイブに入れて保存している。

河内山さん

・議論を深めるようにしている、学んだことを議論することに価値がある。
・他のメンバーにもわかるように置き換えて話している。

五井淵さん

・メンバーと一緒に考えるようにしている
・重要なメンバーに根回しを行い、導入を進めやすいようにしている
・セミナーを受ける際は運用ベースで考え、講師に必ず質問するようにしている
・そのセミナーのステイクホルダーと関係を作るようにしている

 

セミナーの受講後のことまでみんなで考えるという、最高のセミナーでしたね!!

個人としての学びも大きかったですが、自分もここで学んだことをしっかり団体に持ち帰って、実行に移していかねば!!

 

【開催報告】2013年NPOセミナー納め~今年1年のセミナーを振り返るセミナー~(日本財団CANPAN・NPOフォーラム)2013年12月26日(木)15:00~21:30 -CANPAN・NPOフォーラム~情報開示と発信で資源を循環させるで他の参加者の学びなどを見ることができます。

 

また第三部の笠原さんお勧めの書籍は以下で購入することができます。

 

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2013 All Rights Reserved.