教育現場で見て、知ることの価値! そこから「社会のために」が生まれる?

 - 

 -  >

 -  NPO

ETIC.が「NPOソーシャルビジネス就業意識調査」という調査を行っていて、その調査結果の記事が公開されていました。

データだけ公開されていたり、PDFで論文みたいに公開されていても、見る人って少ないと思うので、こういう形式で小分けにして公開していくのはいいですね。

3508186171 0f7421ffba z

 

【サマリ】NPO・ソーシャルビジネスに関する20代・30代の就業意識調査 | DRIVE – ソーシャル・NPO・ベンチャー 求人情報
【サマリ】NPO・ソーシャルビジネスに関する20代・30代の就業意識調査 | DRIVE – ソーシャル・NPO・ベンチャー 求人情報
学校やテレビで社会問題を取り扱うことが、NPOの担い手増加につながる?続・NPOソーシャルビジネス就業意識調査 | DRIVE – ソーシャル・NPO・ベンチャー 求人情報
NPOで働く人は「社交的で、人の役に立ちたい、目立ちたがり屋」? NPOソーシャルビジネス就業意識調査・最終回 | DRIVE – ソーシャル・NPO・ベンチャー 求人情報

 

 

実際に触れることの重要性

一つ印象的だったデータがこれです。

NewImage

・特筆すべきは、 “働きたい”層“で、「学校の授業や研究でNPO・ソーシャルビジネスや社会問題を取り扱った」が約2割にのぼっている点です。

・一方、「自分や周囲の人が、NPOやソーシャルビジネスのサービスを受けた」経験は未だ低い水準です。NPO法人に限っても、今や認証団体数は5万を超え、その数は全国のコンビニエンスストアの総数を超えるといわれています。これだけ数が多ければ、それらが提供するサービスを受ける機会も身近にありそうですが、まだまだそうとも言えないのが現状です。

・教育現場において、NPOやボランティアについて取り上げられる機会が増えていくことが、長い目で見てNPOやソーシャルビジネスへの興味関心や理解を促すことにつながるのではないでしょうか。

学校やテレビで社会問題を取り扱うことが、NPOの担い手増加につながる?続・NPOソーシャルビジネス就業意識調査 | DRIVE – ソーシャル・NPO・ベンチャー 求人情報より)

 

先日「ポール・ピフ: お金が人を嫌なヤツにする?」というTEDに関連した記事を書きましたが、そこでは、実際にビデオなどを見るだけで寛容になっていくという話がありました。

NPOの発信には大きな意味がある! 「お金が人を嫌なヤツにする?(Does money make you mean?)」 | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!

ある実験で、たった46秒間子どもの貧困についてのビデオを見るだけで、裕福な人も寛容になり、赤の他人のために行動をするようになりました。

 

これらを見ると、やはり実際に見る・知ることによって、社会のために働きたいとかそういう意欲って生まれやすく、生まれるようになってくるのかなと思います。

 

また、NPOのサービスを受けた人はこれからどんどん増えていく途中にあるのかなって思います。

実際にカタリバでは、カタリバを受けてカタリバに来たって人も、このようにけっこういます。

カタリ場の先輩に認めてもらえたことで、踏み出せた一歩 | キャリア教育・学習ならカタリ場

 

 

やっぱり教育だけではないですが、色々な場面でNPOなどに関わる場面があると良いのかなって思います。

 

 

関連記事・書籍はこちら。

NPOで働きたい人必読書! 「NPOで働く 『社会の課題』を解決する仕事」 | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
ライフハッカー「非営利団体で働く前に知っておくべきこと」について | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
日本社会に必要な共感力 そしてこれからノブレスオブリージュが根付いていかなければならない | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.