カタリバができるまでのストーリー 「カタリバという授業」

 - 

 -  >

 -  NPO, ファンドレイジング, 書評 , ,

認定NPO法人であるNPOカタリバ
「カタリバ」という授業――社会起業家と学生が生み出す “つながりづくり”の場としくみを読みました。

カタリバ創始者の今村さん・竹野さんの「想い」が詰まった素晴らしい一冊です。

 

カタリバは高校生に対して、大学生からのキャリア教育を行っているNPOですが
震災以降女川・大槌でという活動も行っています。

 

最近スタッフを増やしていて、今では正社員が50人以上
そしてインターン生を含めると80人以上のスタッフがいるようです。
現在もDRIVEにてファンドレイザーの求人を出しています。
特定非営利活動法人NPO カタリバ | DRIVE

 

またカタリバはウェブの広報がとても上手でHPのデザイン・メッセージがとても凄いので、是非見てください。
ウェブでの広報がうまいためか、プッシュ型のファンドレイジングをほぼ行わずに1億5000万円近くの寄付を集めています。
main-visual
認定NPO法人カタリバ | 子ども・若者の「生き抜く力」を育む教育

 

本の内容は2010年に出版されたものなので、今のカタリバとは少し違う部分もありますが
今村さんと竹野さんのカタリバを作るきっかけそしてどのようにしてここまでの組織にすることができたかという内容です。

カタリバの持つ熱気

・教師という高校生にとって縦の関係ではなく、大学生という「近い立場の利害関係のない大人」が「ナナメの関係」を作っている
・普通の大学生が研修によりキャスト(カタリバではキャストと呼ぶ)に変身する
・学校ごとに綿密にプログラムが組まれている
・具体的に生徒たちにどうなって欲しいかプログラム化されている
・「ナナメの関係」により、高校生は少し先の未来を見ることができる

カタリバが生まれる経緯

・今村さんの実体験として高校の同級生と大学や学びへの感想の違い、その本質が「環境の差」
・「何のために何を学ぶのか」、早い段階で自分の人生や学び続ける意味を考える機会さえあれば、どこにいようと充実した生活が送れるので花会、そしてひいては未来につながる行動ができるのではないか。
・こうした思いが時間かけて、「高校生と社会の接点を」「気づきの機会を」「きっかけ生まれるナナメの関係」「1人の100歩よりも、100人の一歩」といったコンセプトになっていった。

・多くの社会人にダメ出しをされたが、数少ない支援をしてくれた人が当時SFCの助教をしていた鈴木寛さん
・荒れた中学校に在籍していたが、当時の学年主任が褒めることで子供の「格好いい」の基準を変えていった
・大学入学がゴールになってしまっているので、進学先で学ぶ動機付けも弱い。
・就職活動で否応なく自分を振り返ったときに、「もっとできたことがあったのでは」と公開しはじめる学生がたくさんいます。
・机上の自己分析ばかりして就職した結果、職場の現実に悩んで心を病む人も多い。
・ニーズだけではビジネスにならない
・生徒の価値観に寄り添い”心に火を点ける”機会をつくれば、本来持っている大きな力を出せるようになるはずなんです。
・高校生には「価値のモノサシ」があまりにも限定されている
・学校教育では「学力」「スポーツ」の二つが最大の価値基準になっている
・「高校とはこういうものだ」という空気が高校を支配している
・多くの高校生が自分に自信を持っていないが、それは少しのきっかけで変えられる
・情報があっても、多様な経験へ、自分自身の体験へとつながっていない
・今、世の中で求められているのは、他者のモノサシを尊重した上で自分のモノサシを設定して、納得できる人生を歩んでいくことでしょう
・高校生たちに足りないのは、情報ではなく感情。感情を揺り動かすくらい、全力をかけてぶち当たってくれる人の存在なんです。

どう収益を得ていくか

・「思い込みでは人に伝わりません。だから、立ち上げの準備時期に、徹底的に市場調査をしなければなりません。私たちも、最初の時期はひたすら高校生や学校現場から話を聞いていた。ここで自分から思い込みを修正することができたし、学校の先生の苦労や生徒の実情を知ることができた。最初のこうした取り組みをしっかりしておかないと、やろうとしていることがぼやけてしまうし、どうしてもやるんだという執着心が育たない。当事者の話を聞くことは自分の気持ちの確認作業にもなりました」
・今はカタリバの共通言語になっている”ナナメの関係”や”ラベルを剥がす”といった表現も現場を駆け回りながら言語化されていった。
・わかりやすいニーズには落とし穴がある。その裏側には、はっきり見えていないニーズ、言語化されていないニーズがあるからです。それをきちんと掘り起こし、新しい価値として提案することで収益につながる価値を確実に生み出せる

 

想いに共感が出来すぎて、何度か泣きそうになるくらい感動しました。

 

またカタリバは認定NPOなので、寄付をすると控除が受けられるので、活動に共感した方は是非寄付をして下さい。
自分もマンスリー会員になっているのですが、凄い寄付してよかったお思えるNPOです。

ご寄付のお願い | 高校生の心に、火を灯す授業 | キャリア学習プログラム「カタリ場」

 

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2013 All Rights Reserved.