寄付のガイドブック! 「世の中を良くして自分も幸福になれる「寄付」のすすめ」

 - 

 -  >

 -  NPO, ソーシャルデザイン, ファンドレイジング, 寄付 ,

先月発売されたばかりのの寄付のガイドブックである世の中を良くして自分も幸福になれる「寄付」のすすめを読みました。

読んだ感想として、ずっと非営利セクターで活動をして、勉強してきた自分からすると、少し物足りない部分もありましたが、寄付のガイドブックとしては、非常にいい本でした。

 

 

他人のためにお金を使うことで幸福度が高まる

寄付を最大化する3つの戦略

①「選択する」こと
②「つながりをつくる」こと
③「インパクトを与える」こと

 

寄付が日本と世界を変えるー欧米に舞えない伝統を見直す

日本の寄付事例ー先人たちの志とパワー

現代に続く相互扶助の伝統

日本の寄付文化が見えてきた

世界、日本を変える現代の寄付

 

寄付を実践する人たちー何を志しどのように楽しんでいるか

お金というエネルギーを寄付する人たち

  1. 「お金」を寄付している方たちから、ご紹介しましょう。彼らは会社員や大学教授、定年退職を迎えた方など、私たちの同じ一般生活者です。寄付を始めたきっかけや寄付金額、寄付する方法は人それぞれ異なっていますが、プロローグでお伝えした、「選択する」、「つながりをつくる」寄付で相手に「インパクトを与える」という三つの戦略を当然のように実践している点はとても興味深いと思います。そして、寄付する人たちが考えた、「ひと工夫」を加えることで、寄付の効果や価値がさらに高まっている点にも、是非注目して下さい。

寄付×投資で「みんなが幸せになるお金の使い方」を
沖雅之さん(IT企業勤務)×マンスリーサポーター

お金以外のエネルギーを寄付する人たち

寄付初心者のチャレンジ

私たちが寄付できる「お金以外のもの」に、たとえば、物品、自由に使える時間や労働力、そして、人生経験や仕事によって身につけたスキルや専門知識などがあります。

NPOとともに荒川地域の”水みち”をきれいにする
伏見聡子さん(会社員)×ボランティアグループ「見沼田んぼを応援する会」

後悔しない寄付先選び

どうやって寄付先の情報を集めるか

現状では、その団体の信頼性が客観的にわかる明確な指標や基準が存在するわけではありませんから、最終的には、私たちの直感や皮膚感覚のような感性によって、寄付するかどうかを判断しているといったところでしょうか。

インターネットを使って情報を集める

インターネット以外にどんな情報収集手段があるか?

”NPOとの相性”をどう見極めるか

非営利団体を育てるつもりで応援しよう

 

おわりに

よい寄付は、社会も社会も自分も幸せにします。他人を助け、社会の問題を解決し、自分の生き方も変えていく。そこにはネガティブな要素は見当たりません。寄付者意識の高まりは、私たち一人ひとりが、当事者意識を持って、支え合い、助け合う時代の到来を予感させるものではないでしょうか。

今までの日本は、社会を良くする具体的な方策を、経済や公的保険、年金などの従来型システムに頼ってきましたが、それだけでは問題の解決が難しい時代を迎えようとしているようです。寄付のエネルギーを上手に活かす知恵と工夫を、私たちの手で少しずつ加え続けることで、もっとバランスの良い、幸福感のある社会が以外と早く実現すると確信しています。

世の中を良くして自分も幸福になれる「寄付」のすすめより)

 

 

色々な人の寄付のストーリーや、日本の寄付文化の歴史、そしてこのブログでは掲載しませんでしたが、非営利セクターといわれるセクターの法人格のそれぞれの違いや寄付の税金控除についてなど、本当に寄付をするにあたってのガイドブックには適した本です。

 

寄付をすることで、得られることは人によって様々です。

そして寄付の仕方もその人にあった、多様な方法があります。

この本を読んで、是非自分にあった寄付の方法を探してみて下さい!

 

関連記事はこちら。

「社会を変える」お金の使い方~投票としての寄付 投資としての寄付 | Kobayashi Blog
誰でも簡単に毎日寄付をすることができるgooddoが1000万円突破! | Kobayashi Blog
バリューブックスのチャリボンの累計寄付額が一億円を突破!! | Kobayashi Blog

 

購入はこちらより。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.