コンテンツマーケティングのための便利ツール「第三回NPOのためのコンテンツマーケティングセミナー」

 - 

 -  >

 -  NPO, イベントレポート, ファンドレイジング, マーケティング , , , ,

三回構成になっているNPOのためのコンテンツマーケティングセミナーが三回の受講が終了しました。

三回目はイノーバ宗像淳さんから変わってNPOサポートセンター笠原孝弘さんが講師になり、コンテンツマーケティングに使えるツールをテーマのセミナーでした。

 

まずはセミナーの資料です。

コンテンツマーケティングに使える無料ITツール&NPO事例の紹介 from Takahiro Kasahara

 

 

・コンテンツ作成のネタに困った時は時事ネタに乗ることでネタ作りができる

・時事ネタを探すときに使えるツールがGoogle トレンド≪4・5・6月版≫2014年販促カレンダー | Yahoo!プロモーション広告 公式 ラーニングポータル

・情報収集に役立つアプリがSmartNewsNewsPicks

NewsPicksはニュースに対してコメントすることが出来る

・キーワードで情報収集をすることができるのがGoogle アラートVingowZiteFlipboard

・Googleアラート時間がない人向け→キュレーションアプリ普通→フリップボード時間がある人向け

FlipboardはRSSに近いが、購読できるのはFlipboardに登録されているサイトのみ

・LINE@は一方通行の情報発信だが、NPOは無料でパブリックアカウントを発行することが出来る
LINE@ 料金体系 | LINE公式の法人・ビジネスアカウントで集客

LinkedInはビジネスライクなFacebookというイメージ
人のタウンページのようなもので、人の紹介のプロセスをとばして、人と繋がることができる。
Facebookはプライベートと切り分けている人もいるが、LinkedInはビジネスのみで使われているのでそういった使い方が出来る

Flickrは写真アルバムの作成ができ、無料の容量がとても大きく10TB無料で使用できる。

Pinterestは拡散性が高い、写真に文章を付けることも出来る。
自分の写真を集めて広げてもらうことができ、日本のユーザーが少ないので注力する必要性は高くないが、少ないので目立つことが出来る

Instagramはスマホで写真を撮影して、雰囲気のいい写真にすることができる。
チャリティーウォーターはキャンペーンにInstagramで撮影した使用している
芸能人が使っているので、若いユーザーが多い
画像でメッセージを伝えるためにはとてもいいツール

・ソーシャルメディアを使った海外の事例はcharitywater on InstagramRoom to Read on Twitterがとても有名

charity: waterは年間の寄付の8割をデジタルから集めている(デジタルからの寄付の割合はアメリカの寄付全体の1割程度:日本も同様)

Room to ReadはTwitterで世界の教育課題の解決事例の他団体も含め紹介を行っている
団体のテーマにあった最新情報の発信を行ってい、そのテーマにおけるメディアになっている

・動画の中でUstreamが入っていないのは、コンテンツの保存が危ういため。アメリカでは企業の有料版以外のコンテンツは一定期間で消えることになった(日本はまだなっていない)

Googleハングアウトでは団体のYouTubeアカウントにどんどん映像をストックすることができる

ツイキャスは今まで一対一だったがグループ配信が可能になったので、影響力のある人と一緒に配信することが出来る。
かなり若い人にアプローチできる(高校生くらい?)

Storify広告が入っていないのでオフィシャル感があるまとめを作ることができ、海外では企業も使っている

・団体の情報共有方法としてFacebookグループ内でイベントを作成し、イベント内でプロジェクトの整理をしてやり取りをすることが出来る
グループを増やさないことで情報共有をすることができ、またアーカイブのチェックも出来る

CC Searchは質の高い画像を探すことができ、クリエイティブコモンズに基づき、著作権が明示されている
日本語でも検索できるが英語の方が探しやすい

Flickrを利用すると、自由に使っていい画像がどうかを明示することが出来る

・ソーシャルメディアを一括管理するツールの一つとして、Scoop.itでは完全に一括投稿ではなく、SNS別に雰囲気を変更して投稿することも出来る

・メールマガジンを送る場合はデータベースやBCCで送ることも出来るが、メールマガジンのサービスを使った方が開封率やリンクのクリック率などを分析できていい

Bitlyは短縮URL作成し、ソーシャルメディアでのそのリンクのクリック率をCheckできる

TopsyではTwitterであるキーワードやリンクがどのくらい注目されているかなどを調べることができる
エゴサーチとしても使えるが、自分がこれから発信する情報の全体的な意見を事前に調べることもできる
またFacebookも含めて検索できるYahoo!検索(リアルタイム)もある

 

 

このNPOのためのコンテンツマーケティングは一ヶ月間で三回受講しましたが、最後はツール編で今まで知らなかったツールも色々と知ることができました。

 

過去の受講レポートはこちらをご覧下さい。。

どうNPOがコンテンツマーケティングを実践するか「NPOのためのコンテンツマーケティングセミナー」  | Kobayashi Blog
第二回NPOのためのコンテンツマーケティングセミナー 実践編 | Kobayashi Blog

 

また情報収集関連については他にも書いているので、こちらも参考にしてみて下さい。

ニュースキュレーションアプリのまとめ6選!! | Kobayashi Blog
slideshareを活用して、情報収集を加速しよう!! | Kobayashi Blog
[まとめ記事]ウェブでのマーケティングの勉強になるサイト8選 | Kobayashi Blog

 

そして、今回のテーマに関連した記事の一覧です。

次世代型キュレーションプラットフォームNewsPicksがメディアにもたらすインパクト | Tech Babies
あまり記事を読まない僕が、毎週触れる魅惑のコンテンツたち | The Startup
リンクのCTRが向上しそう。「はてなブログ記事紹介ジェネレータ」を導入しました : イケハヤ書店 by @IHayato
佐々木俊尚氏も愛用!フェイスブック・ツイッターの予約投稿なら「Buffer」がオススメ : イケハヤ書店 by @IHayato
誰もが編集者になれる時代~新しいキュレーション・サービス、「Scoop.it」(スクープイット)が一般公開へ  | ソーシャルビジネス最前線 | 現代ビジネス [講談社]
短縮URLのBitlyが大幅アップデートで直接ツイートが可能に – ITmedia ニュース
Googleアナリティクス | ひびの備忘録

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.