SEOとは、クローラー、読者の両方と対話すること! 「10年つかえるSEOの基本」

 - 

 -  >

 -  マーケティング, 書評

SEO HACKSなどを運営する土居 健太郎さん10年つかえるSEOの基本を読みました。

会話形式の本になっていて、初心者にもとてもわかりやすい内容になっており、一時間あれば読み終えることができるので、忙しくてSEOの勉強とか後回しにしている人とかにもオススメです。

 

概念理解に最適

この本の特徴は、SEOのためのテクニックを解説書ではなく、SEOの概念を理解できるように書かれていることです。

SEOのためのサイトの内部設計などの話はなく、検索エンジンの目的や、SEOの概念整理をすることふができるので、エンジニアよりもライターやデザイナー・ディレクターなどにオススメです。

 

スクリーンショット 2015 07 19 10 25 45

・じつはインデックスって、日本語にすると「索引」のことなんだよ。ある言葉に関連するテーマのページを探して提示しなきゃいけないのに、世界中の全部の情報の中から探して引っ張り出すなんてできないよね。だから、それぞれのページにどういう言葉が書いてあるかをあらかじめ解析して、索引みたいにどの言葉がどのページに書かれているかを整理していって、検索されたときに取り出しやすくしているんだ。

・「このページが、こういうキーワードでヒットするといいな」って思った言葉で、実際に検索してみるのは重要だよ。 たとえばね、仮にそのページが健康食品の通販サイトの商品ページだったとしても、ヒットさせたいキーワードで検索結果の上位にくるのが通販サイトじゃなくて、その食品の成分とか効能に関する情報ばっかりだったとするじゃない。そしたら、「検索エンジンは『この言葉でみんなが知りたいことって、通販じゃなくて、こういう情報だよね』って解釈してるかも!」って仮説が立てられるよね。 もしこういうしくみを知っていれば、その言葉で無理やり上位を狙うんじゃなくて、もっとみんなが「買いたいよー」っていう言葉を探したりできるじゃない。

・アルゴリズムの内容がわからないけど、Googleがどういう検索結果を作ろうとしているか、それを理解して、SEOでやることもそこに合わせればいいってだけなんだ。

①どういう言葉で検索がされているかを知る。
②検索エンジンが正しく理解できるようにサイトを作る。
③みんなが検索を通じて知りたいことをコンテンツ化してサイトに掲載しておく。
④継続的にサイトにリンクを集めていく。

・Googleも自然言語処理の面ではまだまだ課題もあるし、どんどん新しいしくみを取り入れてるから、今後はもっと改善していくと思っておいて。 ということで、話はそれたけど、品質のことに戻るよ。もうね、ポイントとしてはそんなに理解すべきことは多くない。

・ほかのサイトにない情報、ほかのサイトよりも優れた情報を作る。
・量よりも質を重視、“薄・広・浅”ではなく“濃・狭・深”。
・検索エンジン視点ではなく、検索する人の視点・マーケティング視点で作る。

・広告は「商品を買ってもらうために出稿するもの」で、SEOは「検索する人に情報を届けるための手段」なんだよね。まとめてしまえば「商品の販促」なのか「情報の流通手段」なのかの違い。

10年つかえるSEOの基本より)

 

SEOとはクローラー、読者の両方と対話をすること

この本を読んで自分が思った、「SEOとは」をズバリ表す言葉が、「クローラー、読者の両方と対話すること」です。

そして、その前提としてクローラーはどんどん人間に近づいていますし、クローラーに伝わりやすく作られているコンテンツは基本的に人間にも伝わりやすくなっています、クローラーよりも読者にむけてコンテンツを書くことが大切だということです。

 

クローラーにちゃんと情報を伝えるために、タイトル・見出し(h2タグなど)にコンテンツの情報・重要ポイントをしっかりといれ、なども活用することがあります。そうすることで、クローラーにとってそのコンテンツの内容が伝わりやすくなります。こうすることによって、もちろん人間の読者にとってもコンテンツの内容が伝わりやすくなります。

 

SEOに精通することよりも、その分野に詳しいことの方が重要

・Aさん:SEOにはだれよりもくわしいけど、自社の商品や顧客については何も知らない
・Bさん:SEOには全然くわしくないけど、自社の商品や顧客についてはだれよりも知っている

っていう対照的な2人がいた場合、コツさえつかめばBさんのほうがSEOでいい成果が出せることも多いんだよ。もちろん理想は、どっちも知っている人がいるか、AさんBさんの2人がチームでSEOに取り組むか、なんだけど

 

また、この例えがとてもわかりやすいなと思ったのですが、SEOに詳しいことよりも、その商品や顧客などについて詳しい方が重要だということです。

SEOとは、「クローラー、読者の両方と対話すること」とさきほど書きましたが、クローラーとの対話よりも読者と対話できるようになることの方がずっと大切だということです。

クローラーの目的は、検索をしてくれる人に適切に情報を届けることですからそのために試行錯誤して人間の読者に最適な情報を届けられるように日々進化しています。そのため、クローラーだけを向いて、読者を向いていないコンテンツが検索上位に来ることはどんどん少なくなっています。

反対に、SEOの専門的な知識がなくても、読者のためになるちゃんとしたコンテンツを作ることさえできていれば、SEOの効果は出やすいということです。そして、その傾向はどんどん強くなっているということです。

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2015 All Rights Reserved.