コンテクストって本当は何なのか? 「コンテキスト思考 論理を超える問題解決の技術」

 - 

 -  >

 -  マーケティング

コンテキスト・コンテクストというのは、ウェブマーケティング関係でけっこう聞く言葉であり、かなり大事なことだと思いますが、コンテキストについてちゃんと説明してくれている本ってあまりないです。

数少ないコンテキストについて、解説してくれている本であるコンテキスト思考 論理を超える問題解決の技術は、コンテクストが何であり、どう考えるべきものなのかということを非常にわかりやすく書かれています。

 

・「コンテンツ」が氾濫する時代を迎えているからこそ、その「コンテンツ」の真の理解のために、「コンテンツ」の裏側にある背景や前後関係や文脈といった「コンテキスト」の理解が重要になっているということである。

コンテキスト思考の全体像

「コンテキスト思考」とは何か

・「コンテキスト思考」とは、「モノゴトの裏にある物理的に認識できない〝コンテキスト〟(背景、前後関係、文脈など)を能動的に洞察する思考法」と本書では定義する。これに対して、「音声、文字、数字などの物理的に認識できるものに論理や分析などを加える〝コンテンツ〟ベースの思考法」を「コンテンツ思考」と定義する。

・私たちは、「コンテキスト思考」のメリットは「おもしろい成果」を生み出せるようになることであると考えている。「おもしろい成果」とは、周りとは異なる、一歩先を行く結果と定義できる。「おもしろい成果」は、「コンテンツ」傾倒による差別化不全が顕在化している今の時代に、周りとの差別化を実現するための要件であり、これからの時代の成功の鍵である。

 

コンテキスト思考の3Sのフレームワーク

3Sフレームワーク

・本書では、この三つの要素からなる「コンテキスト思考」のフレームワークを、生態系になぞらえて「3S」と呼んでいる。「3S」とは、具体的には「Surroundings(環境)─私たちの周りにある関係性」、「Soil(土壌)─私たちの中にある価値観」、「Sun(太陽)─私たちの前にある目的」である。この「3S」のフレームワークの全体像を第2章では紹介していきたい。

スクリーンショット 2015 02 13 22 21 27

■Surroundings(環境)─私たちの周りにある関係性

・私たちは周りと曖昧模糊とした不思議な関わり合いを持ちながら存在している。このような目に見えない曖昧模糊とした関わり合いが「関係性」の「コンテキスト」である。

・私たちの周りにはさまざまな曖昧模糊とした「関係性」の「コンテキスト」が存在しており、「Surroundings(環境)のコンテキスト思考」は、その「関係性」の「コンテキスト」を能動的に洞察することで「ユニークな視点」を導き出せる。そしてこの「ユニークな視点」は、周りとは違う「おもしろい成果」を生み出すための必要条件なのである。

■Soil(土壌)─私たちの中にある価値観

・私たちは、この企業や人に固有の「価値観」という物理的に認識できない「コンテキスト」を、植物にとっての土壌になぞらえて「Soil(土壌)─私たちの中にある価値観」の「コンテキスト」と定義する。

・企業や私たちの中には、それぞれに固有の曖昧模糊とした評価軸である「価値観」の「コンテキスト」が存在しており、「Soil(土壌)のコンテキスト思考」は、その「価値観」の「コンテキスト」を能動的に洞察することで「ぶれない自分軸」を私たちにもたらしてくれる。

■Sun(太陽)─私達の前にある目的

・私たちの視界の前方には、私たちの進む方向をまとめ上げる曖昧模糊としたありたい姿が固有に存在している。このような私たちの前にある目に見えない曖昧模糊としたありたい姿が「目的」の「コンテキスト」である。

・「Sun(太陽)のコンテキスト思考」は、その「目的」の「コンテキスト」を能動的に洞察することで「共感」を導き出すものである。そしてこの「共感」は差別化が困難なこの「コンテキストの時代」において、周りとは違う「おもしろい成果」を生み出すための必要条件なのである。

スクリーンショット 2015 02 13 22 34 32

 

「Surroundings(環境)=関係性」のコンテキスト思考

「関係性」はなぜ重要か

・この「コンテンツ思考」によって分析できるのは「関係」だけである。その背後にある物理的に認識できない曖昧模糊とした関わり合いであり、無意識的な深層心理の世界に存在している関わり合いである「関係性」を理解することはできない。「関係性」の理解があってはじめて周りと異なる「ユニークな視点」を得ることができ、その「ユニークな視点」からの発想によって「おもしろい成果」を生み出すことができるようになるのである。

・この「Surroundings(環境)のコンテキスト思考」で洞察する「関係性」の「コンテキスト」にはどのようなものがあるのだろうか。私たちは、「関係性」には「因果の関係性」と「補完の関係性」の二つがあると考えている。

スクリーンショット 2015 02 13 22 43 01

□「因果の関係性」を理解して「レバレッジ視点」を得る

・「因果の関係性」のコンテキストとは、物理的に認識できるモノゴトの「相関関係」の背後に存在する、原因と結果の「関係性」のことをいう

□「補完の関係性」を理解して「創発視点」を得る

・続いてもう一つの「関係性」のコンテキストである「補完の関係性」を考えてみたい。「補完の関係性」とは、単体としては「対立関係」にあるモノゴトを組み合わせることによって相乗効果を生み出すモノゴトの「関係性」を指す

■「Surroundings(環境)のコンテキスト思考」の実践のコツ

・この「因果の関係性」と「補完の関係性」を理解することによって「おもしろい成果」をあげるための要件である「Surroundings(環境)のコンテキスト思考」の実践のコツはなんだろうか。そのコツは「相関・対立関係を目印にする」、「観察する」、「トレードオフを考える」の三つである

・複数のモノゴトの間の関わり合いを分析する中で「対立関係」が見つかったら、その「対立関係」の裏側に「補完の関係性」がないかと仮説を持つのである。

 

「Soil(土壌)=価値観」のコンテクスト思考

価値観とは何か

・「価値観」とは、「価値」という文字や数字で表現されるものの背景、つまり、「コンテンツ」の裏側に存在する、「コンテキスト」のレンズのようなものであると定義できる。そして、この「価値観」は、組織や個人において多様なものである。

・モノゴトには普遍的で一義的な「価値」は存在しない。「価値」とは組織や人の「価値観」による評価によってはじめて見出されるものなのである。そしてこの「価値観」とは、組織や人に曖昧模糊として内在する物理的に認識できない「コンテキスト」であり、それは組織や人によって異なり、結果としてモノゴトの「価値」は組織や人によって千差万別に認識されるのである。このように、文字や数字で表現される「価値」という「コンテンツ」の裏側には、「価値観」という「コンテキスト」が常に存在しているのである。

「価値観」はなぜ重要か

・このホンモノの「価値観」の「コンテキスト」が、自分に最も「価値」のあるモノゴトを迷うことなくすばやく見極めて選択する意思決定力を生み出す。つまり、自分に内在する絶対的なものである「価値観」の「コンテキスト」は、今の時代に「おもしろい成果」を生み出すための要件である「ぶれない自分軸」の源泉なのである。

・「価値観」の「コンテキスト」は、企業などの「組織」にも存在しうるし、「人」にも存在しうることを強調しておく。「人」の中に「価値観」の「コンテキスト」があることは理解ができるが、「組織」が「価値観」を持つというと「組織」が生き物のようで違和感を持つかもしれないが、実際は組織は生き物のようなものであり、組織に固有の「価値観」の「コンテキスト」が存在するのである。

「Soil(土壌)のコンテキスト思考」の実践のコツ

・どのようにして自らに内在する「価値観」の「コンテキスト」を理解すればよいのだろうか。私たちは、そのコツは「極論で考える」ことだと考えている。「極論で考える」とは、両極などの極端に単純化したオプションを考えることによって、自分、または自分たちが深層心理で何に「価値」を見出すのかを自覚することである。「価値観ポートフォリオに当てはめて考える」ことである。「価値観ポートフォリオ」とは、前述の「物質に対する価値観」の充足度(その価値観に基づくと価値があるかどうか)を縦軸(ぶれない自分軸)に、「精神に対する価値観」の充足度を横軸(ぶれない自分軸)に取り、二つの「価値観」をどの程度充足させているかを基準にモノゴトをマッピングするものである。  「価値観ポートフォリオ」を活用するメリットは、「価値観に総じて合っているかどうか」によって一義的に判断するのではなく、モノゴトを「物質に対する価値観」の充足度と「精神に対する価値観」の充足度という二つの「ぶれない自分軸」に応じて二次元にマッピングできることにある。すなわち、モノゴトの位置づけや対処方法を示すため、場面に適した意思決定をすることができ、意思決定の質を上げることができるのである。

 

「Sun(太陽)=目的」のコンテキスト思考

・「目標」の「コンテンツ」の背景にある「目的」の「コンテキスト」が共有されない場合、思うように周りの人が動かない、つまり「ありたい姿」に向かって進むことへの「共感」が得られないという問題が生じてしまう。「共感」を定義するならば、「人と人があたかも同じ立場にあるかのようにして判断し、行動すること」といえるであろう。「目標」に向かって進むことへの「共感」が得られなければ、どんなに立派な発想やそれをまとめ上げた壮大な構想を創り出しても、その実行はおぼつかない

□「目標」の背景にある3つの「コンテキスト」

・「Sun(太陽)のコンテキスト思考」で洞察し、周りと共有する「目的」の「コンテキスト」にはどのようなものがあるのだろうか。「ありたい姿」を数値目標や文字などの「コンテンツ」である「目標」にする際に背景として存在する「果たすべき使命」、「訪れる機会」、「自らの意志」の三つがあると私たちは考えている。

■「Sun(太陽)のコンテキスト思考」の実践のコツ

・この曖昧模糊とした「目的」の「コンテキスト」を洞察してそれを自覚し、それを共有することで周りに「共感」を生み出す「Sun(太陽)のコンテキスト思考」の実践のコツはなんだろうか。そのコツは、「物語を考える」、「論理は尊重する」、「朝令暮改の勇気を持つ」の三つである

スクリーンショット 2015 02 14 0 57 59

 

コンテキスト思考の土台となる基礎能力

「コンテキスト思考」の土台の二つの基礎能力

・「コンテキスト思考」の土台となる二つの基礎能力とは「教養」と「楽観」である。

コンテキスト思考 論理を超える問題解決の技術より)

 

これは、非常に広い範囲でコンテキストについて書かれている本ですので、経営的な部分などから幅広い観点でのコンテクストについての分析が行われています。

また、マーケティング・コミュニケーション的な部分でのコンテクストの分析については、次世代コミュニケーションプランニングも参考になります。

 

・コミュニケーションプランニングを行ううえで把握しておくべき「4つのコンテクスト」とは、「消費者文脈」「パブリック文脈」「所属産業文脈」「ブランド文脈」で構成される。

次世代コミュニケーションプランニングより)

 

関連記事はこちら。

メディア・コミュニケーションを捉え直す! 「次世代コミュニケーションプランニング」
社会への影響力を最大化する「ソーシャルイフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図」
モノを売るための空気を作る! 「戦略PR 空気をつくる。世論で売る。」

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2015 All Rights Reserved.