ウェブサービスで影響力を発揮するには、早く活用しはじめることが大切!

 - 

 -  >

 -  マーケティング

ウェブサービスの活用して、影響力を発揮するに当たって、いい記事があったので、それをもとに書いてみます。

NewImage

 

アーリーアダプターだったからこそアルファVinerになれた

では、なぜ彼らはVineで稼げる程に媒体力を持てたのか。それはVineを早期に始めた事が要因だったのです。Vineがリリースしてからすぐに使い始めたと言い、Johnsさんは特に早期から手をつけていました。そして、MarcusさんにVineをオススメしたの事。

Marcusさんが「Vineをダウンロードして最初の10日間で、1000人のフォロワーを得た。1年以上Instagramを運用していたが、1000人フォロワーを獲得する事はできていなかった。」と語っていたことが印象的でした。さらに、「popular page」に載った事がフォロワー増加に繋がったというお話も。

サービスを早期に始めることって大事なんですね。Twitterなどにも同じことが言えると思います。

対して、GiraldoさんはVineリリースの6ヶ月後に始めたため、「遅すぎた」と語っていました。しかし、ReVineという機能をキッカケに投稿が拡散してフォロワーが増えていったと言います。

Re-Vineするだけで2000ドル稼ぐ16歳がいるってよ| らふらく^^ ~ブログで飯を食う~より)

 

Twitterなどどんなソーシャルメディアでも言えることだと思うのですが、多くのフォロワーを獲得する、大きな影響力を発揮できるようになるパターンは大きく2つあるのかなと思います。

  1. アーリーアダプターとして初期から目立っていく
  2. そのメディア外で有名であること

 

実際にTwitterで色々な人のtweet内容やフォロワー数などをよく見ているのですが、フォロワーが多い人(だいたい万)を越えていて、フォロー数はそこまで多くない人の多くは早くからTwitterを活用している人がほとんどのように感じます。

またブロガーのTwitterやFacebookページのチェックもよく行っているのですが、TwitterもFacebookもちゃんと活用をしている印象の人でちゃんとかなりのアクセスのあるブログを運営している人でも、フォロワー数・いいね数はそこまでない人もいます。

 

同様のことをNewsPicksでも感じます。ある程度有名な人であれば、後発でもフォロワー数が多い場合がありますが、それはよほどコメントが面白い人かある程度の知名度をそこのコミュニティ外で気づいている人じゃないと難しいでしょう。

 

反対に色々な人が活用を始めてから、後発で始めて普通の人がそこで影響力を発揮できるようになることは非常に難易度が高い、というかほぼ不可能なことだと思います。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.