スマホの未来はどうなる? スマホにまつわるデータあれこれ!

 - 

 -  >

 -  マーケティング, 海外記事

The Future Of The Mobile Industry – Business Insiderという記事に、スマホに関する面白いデータがたくさん紹介されているので、面白かった部分を中心に紹介していきます。

けっこう長いですが、色々なデータがたくさんあるので、興味がある方は直接データを見てみて下さい。

 

 

スマホを使っている時間の多くはゲーム

NewImage

まず、スマホだとブラウザではなくアプリを使うのはわかっていたことですが、9割近くがアプリの使用に使っていて、その中でもゲームが一番多くて、その次にFacebookという状態のようです。

細かく見るとこのようになります。

 

NewImage

 

 

NewImage

これは近いデータを他でも紹介したことがあったと思いますが、スマホの広告市場はまだまだ伸びていきそうなようです。

モバイル以外は逆に停滞していきそうなようです。

 

 

モバイルコマースは大きく伸びそう!

NewImage

コマース分野でもほぼ同様です。

 

コマース関連は他にも、色々あります。

NewImage
NewImage

 

 

接触時間は延びているが、広告市場は伸びはそこまで

NewImage

メディアの接触時間で唯一伸びているのが、モバイルのようです。

ただ、広告市場の伸びとしてはそこまで大きいものでもないですが。

 

NewImage

 

また、全体に占める割合も接触時間を考えたらそこまで大きくないように思います。

NewImage

 

NewImage

モバイルからの広告収入はGoogle・FBのみが圧倒的に伸びていますね。

 

 

ヘルス系は伸びる!

NewImage

ヘルス系のアプリが圧倒的に伸びているようです。

ヘルス系はウェアラブルとかとも相性がいいので、これから色々な可能性のある市場ですね。

 

 

デバイス別の推移

NewImage

このそれぞれのデバイスの推移は面白いです。

タブレットはこれからもそこまで伸びる感じはしませんですし、多くの人が5つを使い分けるということにはならない気がしますが。

iPhone6を買った人はタブレットをあまり使わなくなっているというデータもありますし。
ビデオなどのコンテンツ閲覧はiPadからiPhone 6/6 Plusに大幅に移行という調査結果 – TechCrunch

 

 

他にも、モバイルバンキング、タブレットについて、ヘルスについてなどなど様々なデータがあります。

 

自分が印象的だったデータはモバイルコマースの可能性です。

これはかざして募金などが日本にはありますが、モバイルギビングの可能性とも取れます。

 

もう一つはスマホを使っている時間に多くの人がゲームをしているということです。これは日本だったらもっと高そうな気もします。

ゲームが中心だからこそ、広告市場は伸びにくいような気もします。

 

関連記事はこちら。

スマホの広告市場の伸びはやっぱり凄い!
スマホの広告市場の伸びはやっぱり凄い!
ソーシャルメディアのトラフィックは3割ほど。 ソーシャルメディアの重要性はまだまだ増していく!

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.