コンテンツマーケティングの現状を知ることが出来るインフォグラフィック!

 - 

 -  >

 -  マーケティング, 海外記事

The Wishpond Blogというブログの[Infographic] The State of Content Marketing 2013 – The Wishpond Blogという記事の翻訳記事です。

昨年の記事ですが、とてもいい記事でした。

The Wishpond Blogはカナダのソーシャルメディアでのキャンペーンなどを行っている企業です。このブログは初めて見たのですが、他にも面白い記事が結構あります。

インフォグラフィックや画像が多くて、英語でも視覚的にわかりやすくなっています。

 

以下本文の要約です・。

NewImage

・企業ブログの55%がトラフィックを増やしている。

・マーケッターは現在マーケティング予算の25%をコンテンツマーケティングに使っている。

・コンテンツが消費者に与える影響が大きくなっており、68%の消費者が関心がある企業が作ったコンテンツを読むために時間を使っている。

 

 

 

そしてこれが、コンテンツマーケティングの2013年の現状を表したインフォグラフィックです。

(右側、もしくは下のもう一つは本文中で、こっちも見た方がいいよということで、掲載されていた12のコンテンツアイディアのインフォグラフィックです。)

NewImage
NewImage

[INFOGRAPHIC] 12 Brilliant Blog Post Ideas for Businesses – The Wishpond Blogより)

 

・78%のマーケティング担当者がcustom contentがマーケティングの未来だと考えている

・86%のB2C企業がコンテンツマーケティングに取組んでいる

・62%の企業がコンテンツを外部から調達している

・61%のB2Bウェブ上のセミナーをコンテンツマーケティングで最も大切な戦略と位置づけている

[Infographic] The State of Content Marketing 2013 – The Wishpond Blogより)

・商品についてや、その使い方

・商品のサクセスストーリーをシリーズとして書く

・顧客のライフスタイルの問題と絡めたブログを書く

・企業のニュースに関するブログを書く

・人気記事をまとめる

・顧客の成功体験をブログに書く

・業界のリーダーを見つけ、インタビューを行う

・CEOや社員にインタビューを行い、ブランドイメージにパーソナル感を出す

・動画、スライドシェア、インフォグラフィックを活用する

[INFOGRAPHIC] 12 Brilliant Blog Post Ideas for Businesses – The Wishpond Blogより)

 

やはり欧米のマーケティングの進み方は日本企業とは全く違いますね。予算の25%をコンテンツマーケティングというウェブ中心の施策に使用していることはさすが欧米という感じです。

そして68%もの顧客にそのコンテンツがしっかりと届いているということが驚きです。

 

ただブログを書くためのアイディアに載っている内容は、特別な内容ではなく、案外普通の内容です。

コンテンツマーケティングは欧米が進んでいるイメージですが、実際として多くの企業が行っている内容は大きく日本が遅れているわけではないようですね。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.