BULK HOMMEがクラウドファンディングMakuakeで国内最高額の3000万円を達成した方法はズルい??

 - 

 -  >

 -  マーケティング

世界一のメンズフェイシャルエステを造り、「日本の男はカッコいい!」未来を創る プロジェクト詳細  クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)というプロジェクトがサイバーエージェントのクラウドファンディングであるMakuake(マクアケ)で国内最高額である31,396,500円の資金調達を達成しました。

スクリーンショット 2014 04 30 20 52 52

そして記事によって微妙に違うので、はっきりとした数字はわからないのですが、大体240人ほどの人が今回のプロジェクトの支援者となったようです。

つまり平均約12万円ほどの支援をしているようです。

そして高額の購入が多く、300万の支援が3つ、100万の支援が15というように、100万以上の支援だけで、8割の2400万円を達成しています。

 

3000万円を集めたクラウドファンディングの戦略

クラウドファンディング×営業

ウェブで掲載するだけではなく、知り合いの企業経営者らに法人営業をしたことだ。バルクオムの野口卓也代表は、成功した要因を「企業スポンサーを募ろうと、比較的高額な金額を設定し、経営者に営業した」と話している。CFに掲載されていることで、信頼感が増し、営業しやすかったという。

「今振り返ると、多くの企業に営業してきたことで、最終日までに残り1000万円までに到達していたことが大きかった。社内では、1日で1000万円集めることは難しいと諦めかけていたが、最終日の午前中に100万円の大口を購入していただいた方が出た。これが引き金となり、一気に支援者が増えていった」(野口代表)

(クラウドファンディング「国内最高額3000万円」の舞台裏 (オルタナ) – Yahoo!ニュースより)

 

クラウドファンディングを使って法人営業するということは、今まで聞いたことがありませんでした。

クラウドファンディングでのある種のキャンペーンを広めていくために、知り合いの人にお願いをしたりセミナーや講演を積極的におこなっていくということはよくありますが、その範囲を超えて、法人営業をしていくということは初めて聞きました。

 

「この2か月間、他の仕事は全部休んで、企業を訪問し、接待もし、あらゆる人にリターン(支援してくれた人への見返り)を説明して(お金の)支援をお願いする日々でした。」

[安倍宏行]<日本のクラウドファンディングの新たな「幕開け」>過去最高額3000万円の支援金が集まる![連載]デイリー安倍宏行(62) | NEXT MEDIA “Japan In-Depth”[ジャパン・インデプス]より)

 

そしてこの営業にかけている時間も労力もとても大きかったようです。

 

 

3000万円までのプロセス

このプロジェクトは最終日にはまだ1000万円ほどの資金調達をしなければ達成することが出来ないという状況でした、しかし最終日に大型の購入が起きたり、Twitterで有名人にお願いをしたりすることで最終的に目標金額を達成することが出来ました。

Twitterで有名人に直接お願い

全く興味ないんだよね。 RT @nogutaku: @takapon_jp 堀江さん!これ支援してください! https://t.co/2ha53OHnHT pic.twitter.com/CCYK8ZSh5D

— 堀江貴文(Takafumi Horie) (@takapon_jp) April 21, 2014

 

このようにTwitterで直接有名人に対して、支援のお願いをしています。

堀江さんは断っていますが、実際に支援をしている方もいます。

した。 RT @nogutaku: 【残り3時間】 どうかご支援お願いします! https://t.co/aIdfxBFlYD pic.twitter.com/Wc8RjfUWci

— Ryo ishikawa (@VANQUISHceo) April 21, 2014

 

 

クラウドファンディングのこれから

今回のプロジェクトでは国内最高額の3000万円の資金調達をすることができましたが、調達方法にはたくさんの批判もあります。

・「話題性を高めたことで戦略勝ち」や「最終日だけで1000万円近く集めた影響力は見習いたい」というコメントもあれば、身内による大部分の購入の可能性も指摘されている。実際、243人から3100万円を集めたが、その内の2500万円は19人が購入していた。

・クラウドファンディングに詳しい、シン・ファンドレイジングパートナーズの河内山信一代表は、「身内(関係者)が購入するのはNGではない。達成額まであとわずかの時点で、関係者にプッシュするのは戦略上当たり前で、問題ない。ただ、起案者側がたくさん購入しすぎるのは良くないかと。難しいですが、モラルの問題ですね」と話している。

(クラウドファンディング「国内最高額3000万円」の舞台裏 (オルタナ) – Yahoo!ニュースより)

 

 

ネット上のどんなに素晴らしい仕組みにも必ず荒らしみたいな使い方をする人たちが現れる。20%=600万円の手数料分を捨ててでも話題になりたかったのか、あるいはさらに裏があるのか?/クラウドファンディング「国内最高額3000万円」の舞台裏 http://t.co/BDLZZ2bkj0

— くらち たかよし (@Awaresoft) April 25, 2014

 

このように法人営業に力を入れていたのは事実でしょうが、3000万円のうちの2500万円ほどは20程度で購入しているという、非常に身内感のある集め方に問題だと感じる人も多くいます。

 

クラウドファンディングはキャンペーン

自分はクラウドファンディングは一種のキャンペーンのようなものだと理解しています。

今回の資金調達方法はキャンペーンの特質を活かした非常に上手なものだと思います。

 

3000万円という国内史上最大金額を目標にし、ある程度集めている段階で最後のキャンペーンを大々的にインフルエンサーを巻き込むようにして行う。

そしてどこまで身内の人かはわかりませんが、そういった人を巻き込み設定した大きな金額をある程度達成することが、次の支援者の巻き込みに繋がったり、そしてこのキャンペーンを通して自社・サービス自体も知ってもらう。

このようにクラウドファンディングの特性を非常に活かしたキャンペーンの設計を行っています。

 

モラル的にどうかと言われると何とも言えませんが、このクラウドファンディングの使い方は別に悪いことはないのかなと思います。

むしろまだ非常に新しいサービスですし、使い方などで確立されていない部分も大きくあります。

そんな状況のクラウドファンディングを様々な使い方をしてみることはとてもいいことなのではないかと思います。

 

関連記事・書籍はこちら。

クラウドファンディング「国内最高額3000万円」の舞台裏 (オルタナ) – Yahoo!ニュース
【追記あり】国内クラウドファンディングで3,000万円の資金調達に成功ーーMakuakeのプロジェクト「BULK HOMME」 – THE BRIDGE
クラウドファンディング「Makuake」で3000万円のプロジェクトが成功——BULK HOMMEのメンズエステ | TechCrunch Japan
BULK HOMMEがクラウドファンディングで3,000万円を調達!全てをさらけ出した本気度がヤバイ!
[安倍宏行]<日本のクラウドファンディングの新たな「幕開け」>過去最高額3000万円の支援金が集まる![連載]デイリー安倍宏行(62) | NEXT MEDIA “Japan In-Depth”[ジャパン・インデプス]
【出来レース乙】ピーチジョン創業者息子・野口卓也氏のクラウドファンディングまとめ – NAVER まとめ

 

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.