ストーリーの練られ方が半端じゃない! 一瞬で引き込まれるマンガ「僕だけがいない街」

 - 

 -  >

 -  マンガ

 

僕だけがいない街を最近読み終えたのですが、これはめちゃくちゃ面白いです。名作です!

どんどん作品の世界観に引き込まれていって、すぐにハマってしまいました。

 

 

過去に戻ることができる主人公

毎日を懊悩して暮らす青年漫画家の藤沼。ただ彼には、彼にしか起きない特別な症状を持ち合わせていた。それは…時間が巻き戻るということ! この現象、藤沼にもたらすものは輝く未来? それとも…。

スクリーンショット 2015 01 03 15 54 15

スクリーンショット 2015 01 03 15 56 37

 

 

小学生時代の後悔

小学生時代に主人公の身の回りで、誘拐殺人事件が多発していました。

その犯人との接点が偶然、今またできてきます!

スクリーンショット 2015 01 03 15 57 53

スクリーンショット 2015 01 03 15 58 05

スクリーンショット 2015 01 03 15 58 44

 

 

リバイバルで事件前へ!

そして、母親が殺されたことをきっかけにリバイバルが起きて、昭和63年、事件が起きる少し前の時期までリバイバルします!

スクリーンショット 2015 01 03 15 59 28

スクリーンショット 2015 01 03 15 59 47

 

このようにして、過去に戻って、過去を修正し、人を救っていく、犯人の逮捕に繋げていくという、こうやって文字にして書くと少しSFみたいな話にも聞こえますが、ただのSFを越えた面白さが確実にあります!

読んでいくと確実に引き込まれていきます!

 

そして、今は5巻まで出ているのですが、4巻とかかなり感動します!

また、現在はKindleなら一巻が無料セール中なので、ぜひ読んでみて下さい!

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2015 All Rights Reserved.