metaタグ設定したら検索流入が増えたよ! SEOにおいて「metaタグ」の設定はやっぱり必要?

 - 

 -  >

 -  ファンドレイジング

少し前に一気に大量の記事のmetaタグを設定したら、検索流入が大きく増えました。

metaタグの設定って重要なのはわかっているけど、どのくらいキーワードを入れるべきかとかどんな感じにいれるのがいいのか分からない人が多くいると思うので、metaタグのコツを調べて書いてみます。

「metaタグってなんや?」って人はこちらの記事をご覧下さい。
METAタグ(keywords description)の使い方 – SEOのホワイトハットジャパン

 

NewImage

キーワードの強調効果が期待できないにしても、metaタグはやはり便利です。デザインや文章表現の関係上、ページ本文に十分に重要なキーワードを含められなかった場合などは、代わりにmetaタグ内に含めておくことで、ページ全体における重要キーワードの相対的な割合を高められるからです。

metaタグは、「直接的にページの順位を押し上げるため」のテクニックというより、「検索エンジンにページのテーマをより的確に伝えるため」にある補助的な本文と考えましょう。ここで欲張ってコンテンツ内容と違うキーワードをたくさん埋め込んでしまうと、ページのテーマが曖昧になり、全てが台無しになってしまうため要注意です。

上位~下位ページのmetaタグ内に含まれる検索キーワードの回数は、3、4回(※下グラフ参照)。

NewImage

【SEO】実施率の高いmetaタグへの重要キーワード設定は効果があるのか? (1/2):MarkeZine(マーケジン)より)

 

META-KEYWORDSで効果を出すための3大要件

ページタイトルに含まれている
本文中の強調系タグに適用されている ※見出し(Hn)、論理強調(Strong/En)、リンクアンカー(A)のこと
そのキーワードでリンクを受けている

META KEYWORD関連|間違いだらけのSEOより)

ただ、これら記事はけっこう古しですし、他にも色々metaタグに関連する記事もあるのですが、明確なコツというのはよくわからない部分も大きいです。

ちなみに2009年にはGoogleがmetaタグを検索結果に影響しないと発表している時期もあったそうです。

Googleは、2009年9月21日にウェブマスター向けオフィシャルブログで「メタキーワードを検索順位を決定づける要素としては利用していない」と記述しています。

SEO上メタキーワードは記述するべき?より)

 

ただ、Googleで検索してみたところたぶんmetaタグをある程度検索の要素に入れているようです。
(もしかしたら誤読しているかもしれません)

 

Google では、ページで使用しているコードに関係なく、HTML と XHTML の両方のスタイルのメタ タグをサポートしています。
例外扱いの verify タグを除き、ほとんどのメタ タグでは大文字と小文字は区別されません。
上記は利用可能なメタ タグの一部で、サイトにとって重要な場合は上記以外のメタ タグも使用できます。ただし、Google でサポートされないメタ タグは無視されますのでご注意ください。

Google がサポートしているメタ タグ – ウェブマスター ツール ヘルプより)

 

 

まあ、詳しいコツとか重要度はよくわかんないのですが、とりあえず多分自分はmetaタグを設定した数日後に検索流入が増えたのである程度意味はあるのかなと思います。

また、metaタグを入れすぎないことも重要らしいので、そんなに手間をかけないで、ささっと入れておくくらいが丁度いいのかなと思います。

 

ちなみに自分は、meta descrpitonは設定するのが面倒すぎるので一切書いていません。(meta descrpitonが同じになる記事だけ書いています。)

基本毎日数本記事更新するなかでmeta descrpitonを付けていくことはめちゃくちゃ面倒なんですよね。

 

追記:volareによるとやっぱりmetaタグはサポートしていないようです。

何で、検索増えたんだろう?

meta keywordsはGoogleの検索エンジンでサポートされていません。
Yahoo!JAPANはGoogleの検索エンジンを使用しているため、日本の検索の9割以上はGoogleの検索エンジンのランク付けに従っています。
他の検索エンジンでmeta keywordsを使用するものも存在しますが、苦労して設定しなくてもほぼ問題はないでしょう。

SEOの基本中の基本!「titleタグ」「meta description」「h1タグ」の書き方まとめ | 株式会社LIGより)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.