Wikipediaのファンドレイジング

 - 

 -  >

 -  ファンドレイジング, 海外記事

Wikipedia starts new fundraising appeal for Internet’s ‘temple of the mind’ | VentureBeat | Education | by John Koetsierより翻訳記事です。

[browser-shot width=”600″ url=”http://venturebeat.com/2013/12/03/wikipedia-starts-new-fundraising-appeal-for-the-internets-temple-of-the-mind/”]

昨年110万人以上の人がウィキペディアを運営している、ウィキメディア基金に80種類以上の通貨で3000万ドル以上の寄付をしました。
そして今年ウィキペディアンは5000万ドル以上の集めようとしている。

今ウィキペディアは再びバナーにより、「心の中の教会」「私たちみんなが考えることができる場」であると寄付を呼びかけている。

利用者の皆さまへ
私たちは世界で五番目のウェブサイトを運営している小さなNPOです。
私たちには175名しかスタッフがいませんが、5億人以上のユーザーがいます。
私たちは独立性を保つために、広告や政府の補助金を受け入れていません。
私たちは平均約15ドルの寄付金で成り立っています。

今私たちはお願いする時です。もしこの記事を読んだ皆さんが3ドル寄付をしてくれたら、私たちのファンドレイザーは一時間以内にそれをするだろう。
ウィキペディアは図書館・公園のような場であり、心の中の教会・寺社のように場です。何かを考えたり学んだり全てを行うことができる場です。
もしウィキペディアがあなたにとって役立つものであれば、広告を取らずに運営できるように少しの寄付をお願いします。
そしてこの寄付はウィキペディアのために使われます。
Thank you.

資金の一部はウィキメディアの拡大のために使われ、世界で最も大きな情報のアクセスがあるサイトの運営資金としてはとても安いです。
2014年度の計画では、ウィキメディアは新たに19人の開発者と5人の助成部門を雇い、、世界中でウィキペディアにアクセスできるようにしていきたいと考えています。

想像してください、人類すべての知識を無料で共有することができる世界を。
寄付は全てのウィキペディアやウィキメディアのサイトで行うことができます。

こうやってしっかり寄付をお願いしている素晴らしい例ですね。

これだけ世界中に広まっているウィキペディアが寄付で運営されているNPOだと最初に知ったときはとても驚きましたが

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2013 All Rights Reserved.