「momo創業10年目の挑戦!地域金融機関をNPO支援に本気で巻き込む「白書」を発行したい!」に支援したよ!

 - 

 -  >

 -  寄付

ずっと書き忘れていたのですが、momo創業10年目の挑戦!地域金融機関をNPO支援に本気で巻き込む「白書」を発行したい! | プロジェクト活動報告一覧 | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)の支援をしました!

コミュニティ・ユース・バンク momoは、東海地方で活動をしているコミュニティバンクで、コミュニティバンクは全国に色々な事例は出てきていますが、その中でもとても先進的な活動をしているコミュニティバンクの一つです。

スクリーンショット 2014 11 03 16 29 51

 

 

コミュニティバンクとは?

・NPOバンクとは非営利で運営される金融機関のことです。momoの場合は、出資者から配当のない出資金を集めて、NPOや社会起業家といった「地域の担い手」に融資をしています。

・出資者は、経済的なリターンではなく、地域における社会課題の解決や起業家の育成など、社会的なリターンを期待してmomoにお金を託しています。寄付ではなく出資なので、返してもらえるお金ですが、元本より増えることはありません。

・多くのNPO法人は資産を持っていないし、株式会社のように出資を集めることもできません。そうなると、商品開発的な財源としては、補助金や助成金を獲得するか寄付を集めるしか資金調達の選択肢がない。そこで融資という選択肢を提供するのが、NPOバンクの役割です。

・これまでに延べ45の事業者に、累計1億円強の融資を提供(2014年2月時点)してきましたが、融資先のほとんどはNPO法人や一般社団法人などの非営利団体です。事業者の法人格ではなく社会性を重視しているので、株式会社に融資するケースも当然あります。

・「地域のリーダーと若者が出会ったら、おもしろいコミュニティができるのではないか」と思ってアイディアベースで始めたのが”momoレンジャー”です。数十名の若手社会人や大学生によるチームが、情報発信など、様々な形で融資先を応援しています。

「非営利の金融機関・NPOバンクとは?」コミュニティ・ユース・バンクmomo代表理事・木村真樹さんインタビュー(1) | DRIVE – ソーシャル・NPO・ベンチャー 求人情報より)

 

 

momoについて

momoの正会員、つまり出資してくださる人、融資を受ける人、ボランティアで活動を支えるmomoレンジャーなど、momoに関わるすべての人がともに考え、活動していく中で、持続可能で豊かな地域づくりを目指しています。

コミュニティ・ユース・バンク momo – momoについてより)

NewImage

コミュニティ・ユース・バンク momo – momoについてより)

 

 

プロジェクトについて

・NPO向けの融資に関する議論でよくあるのが「NPOはリスクが高い」という指摘です。しかし、実績ではむしろ、一般企業より低いことをご存じですか?
例えば西武信用金庫(東京都)のNPO向け融資のデフォルト(債務不履行)は、過去10年間で203件中1件のみ。momo(愛知県名古屋市)でも2006年度から50件、累計1億2千万円超の融資を実施してきましたが、貸し倒れはありません(14年9月末現在)。

 

・このように地域金融機関を核としたNPO支援の「生態系」を地域につくることで、NPOへの“志金”循環が生まれ、新たな需要や雇用を創造できないでしょうか。人口減少と少子高齢化が加速する日本では、地域の課題解決が今後ますます確かなニーズになるからです。

momoの次の10年のチャレンジは「地域内“志金”循環モデル構想」の実現です。団塊の世代が後期高齢者になる2025年までに、愛知県に本店を置く15の信用金庫の預金総額(約12兆円)のうち、地域外へと流出している約6兆円の1%(600億円)がNPOに循環する社会を実現します。

この夢の実現のためにも、地域金融機関をNPO支援に本気で巻き込む「白書」が不可欠です。発行パートナーとしてぜひご参加ください!

momo創業10年目の挑戦!地域金融機関をNPO支援に本気で巻き込む「白書」を発行したい! | プロジェクト詳細 | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)より)

 

 

ソーシャルファイナンスについて

コミュニティバンクの事例はまだまだ知らない部分も多いのですが、このように10年以上やっていて、デフォルトが0件ということをよく聞きます。

少し分野も違いますが、マイクロファイナンスなどもデフォルトは非常に少ないようです。

Q.お金が戻ってこない可能性もあるので、融資をためらっているのですが。
A.2010年9月15日現在、Kiva全体のの返済率は98.90%です。高い返済率を誇りますが、100%ではありません。その国や個人の事情などにより、返済されないこともあります。

Kiva Japan | よくある質問 – 融資についてより)

 

このような金融をソーシャルファイナンスと言いますが、マイクロファイナンスと教育のLIVING IN PEACE(LIP)などを運営している、慎泰俊さんソーシャルファイナンス革命 ~世界を変えるお金の集め方 (生きる技術! 叢書)という本にこのようにあります。

 

NewImage

・夢や想いがあってお金のニーズがあるところには、これまで以上に容易にお金が集まるようになるだろう。人の心を引き寄せるもの、人の関係性を強めるものは、資本コストを下げ、それは資金の流れをより円滑にするからだ。

(本)慎 泰俊「ソーシャルファイナンス革命 世界を変えるお金の集め方」 : まだ東京で消耗してるの?より)

 

コミュニティバンクやマイクロファンナンスのような貸し手・借り手の顔が見えるお金のやり取りはお互いにとてもいい効果があるということです。

 

 

なぜ、支援したのか

このように、コミュニティ・ユース・バンク momoはコミュニティ・バンクとして、お金を中心として地域に素晴らしい循環を生んでいます。

この動きを加速させていくためには、白書のようなもので活動の意義を明確化できるものが必要です。

そのため、この白書制作プロジェクトに大きな意義を感じたので、支援をしました。

 

また、このプロジェクトの目標金額は達成していますが、100万円を目標にしています。

当初の目標は達成しましたが、地域金融機関をNPO支援に“ますます”本気で巻き込むために、「約600」ある全国各地の地域金融機関(※)に「白書」を郵送・配布し、その参画を促すことにしました。

momo創業10年目の挑戦!地域金融機関をNPO支援に本気で巻き込む「白書」を発行したい! | 【まだまだ募集中】目標金額「100万円」を目指します! | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)より)

 

このプロジェクトに共感した方は、ぜひ下記リンクより支援をして下さい。

momo創業10年目の挑戦!地域金融機関をNPO支援に本気で巻き込む「白書」を発行したい! | クラウドファンディングサイト – ShootingStar(シューティングスター)

 

関連記事・書籍はこちら。

「非営利の金融機関・NPOバンクとは?」コミュニティ・ユース・バンクmomo代表理事・木村真樹さんインタビュー(1) | DRIVE – ソーシャル・NPO・ベンチャー 求人情報
10年で貸し倒れゼロ-NPOバンク経営者が語る「志金」循環 — オルタナ: 「志」のソーシャル・ビジネス・マガジン「オルタナ」
ソーシャルファイナンスとしてのクラウドファンディング / 山口浩 / 経営学 | SYNODOS -シノドス-
(本)慎 泰俊「ソーシャルファイナンス革命 世界を変えるお金の集め方」 : まだ東京で消耗してるの?
まだまだ支援者募集中! 「日本初!世界が注目する、社会的投資市場形成に向けたロードマップの共同発行人になりませんか?」に支援したよ!
リターン?共感? クラウドファンディングで支援をするタイミングを考えてみる!

 

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.