EvernoteのCEOが語る人生に役立つ3つの教訓 成長したければ、自分より賢い人がいる環境を作れ

 - 

 -  >

 -  キャリアデザイン

「Evernote Business」「Ipad mini」を導入し話題になっている品川女子学院がEvernoteのCEOであるフィル・リービンを招いて講演を行ったようです。

正直Ipadだけでもめちゃくちゃ羨ましいのに、さらにEvernoteのCEOが来るなんて本当に凄過ぎです。

NewImage

 

1.自分よりも賢い人を周りにおくこと

・まわりの人が自分より「面白い」「興味深い」「頭がいい」環境に自分を置いてください。まわりがすばらしいからこそ、自分が走り続けなければいけないように仕向けるんです。より簡単な道のりを選ぶのではなく、むしろ自分自身を大変な境遇においてみることが大事です。

2.大切な友人たちを大切にし続け、育むこと

・いま出会った人たちを大切に、友人たちとの関係を磨いていってください。そのように勤めていた会社や母校の友人たちとつながることで、僕はEvernoteをつくっていきました。

3.市場や他人が何を望むかではなく、自分自身は何が欲しいかを考えて、ものをつくること

・2つめの会社を売却して、3回目の起業をしました。そこでは「他社」でなく「自分自身」を顧客にして製品をつくろうと思いました。これがEvernoteです。ぜひみなさんも、自分自身のために何かを作り出したり、取り組んだりしてみてください。自分のために作っているので、「良いものは良い」と判断ができるはずです。自分自身のためにつくり、それに共感してくれる人が現れたら、みんなが使ってくれるようになりますよ。

EvernoteのCEOが品川女子学院の生徒に教えた、人生に役立つ3つの教訓 : ライフハッカー[日本版]より)

 

当然のことですが、すごくいい内容ですね。

特に普段個人的にも意識していることなのですが、「自分よりも賢い人を周りにおくこと」ということは成長していくためにはとても重要なことです。

自分が周りと比べて優れれている環境にいてしまうと、どうしても成長しなければならないという意欲が生まれにくくなってしまいます。そのため結果的に成長の速度が鈍化してしまいます。

 

またフィル・リービンの場合は起業家なので、「おくこと」になっていますが、自分でそのような人を置くのではなく、自らそういう人が多い環境に飛び込むことも非常に大切なことです。

学生なら、企業への中長期のインターンなどが、「自分よりも賢い人を周りにおくこと」になるでしょう。

 

もっと成長したい人は、自分よりも賢い人を周りにおくこと」ができる場所に飛び込みましょう!

 

 

関連記事はこちら。

[Evernote Business]Evernoteで高校はこう変わる?品川女子学院が2年生全員に – 産経アプリスタ
品川女子学院がEvernote導入、iPad miniを活用する女子高生たち | リセマム
EvernoteのCEOが品川女子学院の生徒に教えた、人生に役立つ3つの教訓 : ライフハッカー[日本版]

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.