ブラック企業を売りにする採用方法が出ていて面白い!

 - 

 -  >

 -  キャリアデザイン

自分が就職活動をしていて、面白いなと思う採用サイトが二つありました!

WEBブランディング/コンサルティング会社・セブンコードグループというウェブコンサルティング企業とdof inc.という広告の企業です。

 

そしてこれが二つの採用サイトです。

ブラック企業へようこそ。

スクリーンショット 2014 05 02 13 48 59

スクリーンショット 2014 05 02 13 51 51

 

「ブラック企業dofに入社しないほうがいい10の理由。」

スクリーンショット 2014 05 02 13 49 26

 

ブラック企業は基本的に就活生にとって嫌がられるワードですが、こういう売り出し方をされると非常に興味を持ってしまいます。

この二社の採用の現状がどうなのかまでは分からないのですが、とても面白いなと思います。

 

実際にTwitterの声を見ていると、結構面白いと言われていますね!

ブラック企業へようこそ http://t.co/ZxSHT3kxMY セブンコードさんから「ブラック企業への招待状」というメールでスカウトを頂いたw採用HPやブログを拝見したのだがこの会社面白すぎる。

— おもち@お布団 (@omotipettann) December 10, 2013

秀逸な採用PR。こういうブラック企業なら全然入りたい。/「ブラック企業dofに入社しないほうがいい10の理由。」 http://t.co/fAEMySXsGk

— とも (@_______tomo) May 2, 2014

 

 

ブラック企業って自分は二種類あると思っています。

①とても大変だけど、それに見合った能力が身に付く企業
②とても大変だけど、能力が身に付きにくい企業

 

この二種類があると思います。

①に当てはまる企業としては、アクセンチュアやリクルートなどが当てはまるのかなと思います。こういった企業は労働環境は大変だけどブラックではないという人も多くいて、ブラック企業をどう定義するかによって入るか入らないかが別れる企業です。

実際にリクルート出身の人材コンサルタントの常見陽平さんはリクルートはブラックではないと言っています。

リクルートの原点とは、自分たちよりも優秀な人材の採用に魂をかけることにある。人間の可能性にかけ、そのためによい待遇を用意する。今年、創業者の江副浩正氏が亡くなった。故人を偲ぶ会で紹介されたエピソードや配られた冊子をみて、そうした原点を確認させられた。私はリクルートはブラック企業ではないと思う。

本当の「ブラック企業」とは、どういう職場か:PRESIDENT Online – プレジデントより)

 

 

そして②のタイプは飲食店などに多いタイプで、ワタミやすき家のZENSYOなどがその典型です。
(もちろんその中でも色々なことを学んでいる人もいます。)

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)の著者である、NPO法人 POSSE今野晴貴さんによると、「使い捨て」型に当たると思います。

・彼らにとって、新卒、若者の価値は極端に低い。「代わりはいくらでもいる」、取り替えのきく「在庫」にすぎない。大量に採用し、大量に辞めていく。ベルトコンベアーに乗せるかのように、心身を破壊する。これら大量の「資源」があってはじめてブラック企業の労務管理は成立する。「代わりのいる若者」は、ブラック企業の存在基盤なのである。

・「使い捨て」型の「ブラック企業」に関して寄せられる相談では「辞めさせてもらえない」というものが増加している。労働者を安く長く働かせる「ブラック企業」では、労働者が自発的に辞めることが許されない。企業が辞めさせたいと思ったり、労働者が体調を崩したりしたときにはあっさり解雇されるものだが、特に企業の考えていたタイミングの離職でもなく、労働者が「壊れて」いないうちには、ブラック企業は労働者を辞めさせようとしない。

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)より)

 

 

ブラック企業には、色々な問題がありますが、①のタイプは起業したい人・働くことで能力を身につけたい人にとっては悪くはない部分も大いにあります。

そのためこのようにブラック企業を売りにして、公言している採用方法は、忙しくて、大変だけどそれに見合った能力などを得られることを望んでいる人をターゲティングしているだろうと思います。

 

変わったブランディングな気もしますが、予めブラックであることを言っているため、労働環境がキツいというミスマッチも起こりにくいですし、ブラックでも何かを得たいという意欲が高い人が集まりやすいと思うので、非常に面白いです!!

 

 

関連書籍はこちら。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.