採用基準 地頭より論理的思考力より大切なもの

 - 

 -  >

 -  書評

マッキンゼーで10年以上勤務し、マッキンゼーの人事も経験した
伊賀泰代さんの新著である「採用基準」を読みました。

この本はいい意味で期待をものすごく期待を裏切られた本でした。

マッキンゼーにおける面接の立ち振る舞い等の単なる就活本ではなく、
伊賀さんのマッキンゼーの経験を通して知ったこと、考えたことを主に書かれています。

主にリーダーシップに関して書いた本であり、
日本ではあまり重要視されていなく、考えられていないタイプのリーダーシップに関して書いています。
つまり地頭よりも論理的思考力より大切なものが
リーダーシップであるということです。

以前から自分が考えていたリーダーシップ論に非常に近いものがあり共感することができました。
マッキンゼーに入社したい人、コンサル会社に入りたい人問わず、どんな人でも読んでおくべき一冊だと思います。
リーダーシップに関する考え方が一気に変わると思います。

まずマッキンゼーの本当の採用基準について
一般的な誤解としてマッキンゼー問わず外資系コンサルティングファームでは下記のような人が求められていると考えられている。
・ケース面接での対応力がある人
・地頭がいい人→思考スキルを知っている人(ロジックツリー、マッピング等々)
・分析力が高い人
・優等生な人

しかし本当にマッキンゼーで求められている人はこの3つを満たす人です。
①リーダーシップがある人
②地頭がいい人→考えることが好きな人
③英語ができる人

なぜこのような人をマッキンゼーは求めているのかというと
③は外資系企業なので当然世界で活躍することができる人を求めています。

②については
マッキンゼーのコンサルティングファームとしての役割は顧客の問題を解決することだからです。
顧客の経営課題を解決するためには現状分析はもちろんのこと、それ以上に
よりよい対応策を考え続ける必要があるからです。
解決策というのは、現状分析の結果その場しのぎのコストダウンのような解決策ではなく
新たな仕組みを作るような本当の解決策を生み出すことを求められています。
それには仮説構築力が必要とされます。
このような方法で解決できるのではという仮説を組立てる力です。

③については
まず次世代の顧客となるリーダーを創出することが、マッキンゼーのミッションであるからです。
そして問題解決のためには、リーダーシップが不可欠だからです。
ここでいうリーダーシップとは問題解決リーダーシップで
これは問題解決のために解決策を実行する力のことです。

次に本書の肝であるリーダーシップについて述べてあります。
まず本書で書かれている内容を紹介します。
ここで述べられているリーダーシップは以下のようなものです。
1.一部のリーダーだけではなく、全ての人に必要なもの
2.成果を徹底的に求めること

次にリーダーがやらなければならないことは以下の4つです
①目標を掲げること
②先頭に立つこと
③決めること
④伝えること

そしてマッキンゼー流のリーダーシップの学び方は以下の4つです。
Ⅰバリューを出す
Ⅱポジションを取る
Ⅲ自分の仕事は自分がリーダー
Ⅳホワイトボードの前に立つ

つまりどういうことかというと
1.リーダーシップは全員に必要だということ
2.成果を求めるというのは、組織にとって大切なことは組織の和を尊ぶことではなく、成果を出すことだということです。
そのためには①の目標が必要です。
だからこそリーダーが先頭に立つこと、リーダーが決めることが重要になります。
そしてそれらをメンバーに伝えることでメンバーを引っ張っていくことが必要です。

それらを学んでいくためには
成果を求める→バリューを出す必要
マッキンゼーは非常に成果を求める組織なので、常にバリューを求められています。
決めるためには自分の意見をはっきりさせなければならない→ポジションを取る必要
また自分の仕事は自分がリーダーであるという意識も非常に重要です。
そしてメンバーに伝えるためにホワイトボードの前に立つ必要があります。

マッキンゼーはこのようにしてリーダーシップを学び
各界に様々なリーダーを輩出しています。

最後にリーダーシップは全員に必要な能力であるという部分ですが
まずリーダーシップに対する言葉としてフォロワーシップという言葉があります。
多くの人には馴染みがないかもしれませんが。

この本においてメンバーに求められるリーダーシップはフォロワーシップの概念に非常に似ています。
フォロワーシップとはメンバーの人がどうリーダーについていくか
どうリーダーをサポートしていくか、どう主体的に動いていくかという概念です。
つまり指示待ち人間はフォロワーシップがある人間とは言えません。

このようなリーダーシップ・フォロワーシップがある人間が今必要な人材なのです。

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2013 All Rights Reserved.