年末年始にゆっくり読んでみたい! 2014年150冊以上の本を読んだ中のベスト本12選!

 - 

 -  >

 -  書評

2014年中にたぶんちゃんと数えていないんでよくわかんない部分もありますが、150冊くらいの本を読みました!

NewImage

 

その中の面白かった本とその書評を紹介していきます。

なお、今年読んで良かった本を紹介していくので、少し古い本も混じっています。

 

 

ウェブ系

メディア化する企業はなぜ強いのか? ~フリー、シェア、ソーシャルで利益をあげる新常識 (生きる技術!叢書)
企業のメディア化は避けて通れない! 「メディア化する企業はなぜ強いのか? ~フリー、シェア、ソーシャルで利益をあげる新常識 」

Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール
NPOにも応用できそう! グロースハックの心理モデル「Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール」

ITビジネスの原理
IT・ネットのめちゃくちゃわかりやすい解説書! 「ITビジネスの原理」

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)

 

メディア系

今こそ読みたいマクルーハン (マイナビ新書)
メディア業界のポーター、マクルーハンから学ぶ! 「今こそ読みたいマクルーハン」

5年後、メディアは稼げるか――Monetize or Die?
ネット時代ののメディアの教科書 「5年後メディアは稼げるか MONETIZE OR DIE」

次世代コミュニケーションプランニング
メディア・コミュニケーションを捉え直す! 「次世代コミュニケーションプランニング」

 

その他

影響力の正体 説得のカラクリを心理学があばく
人はどのように影響を受け、行動するのか? 「影響力の正体 説得のカラクリを心理学があばく」

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか
世界を変える起業哲学 「ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか」

未来予測 ―ITの次に見える未来、価値観の激変と直感への回帰
ネットが本当に社会をかえ始める! 「未来予測 ―ITの次に見える未来、価値観の激変と直感への回帰」

評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている
これが今起きているパラダイムシフト! 「評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている」

「幸せをお金で買う」5つの授業 ―HAPPY MONEY

 

2つだけ、昨日読み終わった本なので書評はまだ書いていませんが、これらの本が非常に面白かったです!

ウェブ系とメディア系の本が多いですね。NPOが直接的に入っている本は一つもないのか。。。

 

今度はこれらをランキング付けをしていきます。

 

 

12位.ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

 

ペイパルマフィアの一人であり投資家のピーター・ティールの「ゼロ・トゥ・ワン」は哲学・価値観はまだまだ自分のなかに落とし込むことができていませんが、めちゃくちゃ面白かったです!

世界を変える起業哲学 「ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか」

 

 

11位.メディア化する企業はなぜ強いのか? ~フリー、シェア、ソーシャルで利益をあげる新常識

インフォバーンの代表取締役でウェブに関するマーケティング様々な本を書いているHiroto Kobayashiさんのこの本は、ウェブマーケティング全体について捉えるのに非常に面白かったです。

企業のメディア化は避けて通れない! 「メディア化する企業はなぜ強いのか? ~フリー、シェア、ソーシャルで利益をあげる新常識 」

 

 

10位.次世代コミュニケーションプランニング

高広伯彦さんの著書で、メディアやコミュニケーションをどう捉え、どのように考えて行くかという視点がとても面白いです。

メディア・コミュニケーションを捉え直す! 「次世代コミュニケーションプランニング」

 

 

9位.評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている

岡田斗司夫さんの著書で、この本のもとが90年代に書かれているということがスゴいですが、社会のパラダイムシフトが非常にわかりやすく書かれています。

これが今起きているパラダイムシフト! 「評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている」

 

 

8位.未来予測 ―ITの次に見える未来、価値観の激変と直感への回帰

湯川鶴章さんの著書で、評価経済社会に近い部分もありますが、ネットを中心とした社会の未来予測がとても面白いです。

ネットが本当に社会をかえ始める! 「未来予測 ―ITの次に見える未来、価値観の激変と直感への回帰」

 

 

7位.5年後メディアは稼げるか MONETIZE OR DIE

少し前にNewsPicksに移籍をして、どんどん新たな手を打っている佐々木紀彦さんのメディアのマネタイズについて書いた良書です。

ネット時代ののメディアの教科書 「5年後メディアは稼げるか MONETIZE OR DIE」

 

 

6位.「幸せをお金で買う」5つの授業 ―HAPPY MONEY

どのようにお金を使うことによって、人は幸福を感じることができるのかということを様々な研究に基づいて明らかにしている行動経済学の本です。

寄付の有効性についても書かれていて、非常に面白いです。

 

 

5位.ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

ウェブ2.0を提唱していた梅田望夫さんの本で、様々なウェブ関係の本に引用されている本で、2006年の発売から10年近く経っていますが、何が変わって何が変わっていないのかを考えるととても面白いです。

 

 

4位.今こそ読みたいマクルーハン

メディア研究者のマクルーハンについてまとめた本で、マクルーハンの考え方が非常にわかりやすくまとめられています。

わかりやすくまとめられているけど、まだわかりにくく捉えきれない部分もありますが、マクルーハンの考え方・捉え方がとても面白いです。

メディア業界のポーター、マクルーハンから学ぶ! 「今こそ読みたいマクルーハン」

 

 

3位.ITビジネスの原理

Googleやマッキンゼーなど様々な職を経験している尾原和啓さんの著書で、IT・ネットの歴史やビジネスの原理を知るためにとてもわかりやすいです。

IT・ネットのめちゃくちゃわかりやすい解説書! 「ITビジネスの原理」

 

 

2位.Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール

グロースハックについての本ですが、人の行動を起こしてもらいグロースさせていくということを心理学から書かれていて、とても面白いです。色々なサービスを考える際に応用できそうです。

NPOにも応用できそう! グロースハックの心理モデル「Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール」

 

 

1位.影響力の正体 説得のカラクリを心理学があばく

人がどう影響を受けて行動を起こしているのかということをまとめた本で、人に影響を与えるためにはどうしていくべきか考えるためにとても参考になります。

人はどのように影響を受け、行動するのか? 「影響力の正体 説得のカラクリを心理学があばく」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.