ブロガーとしてのネイティブ広告を考えてみる。

 - 

 -  >

 -  ブログ, メディア

ネイティブ広告ってこういうことらしい。ネイティブ広告の事例をまとめてみました。で、ネイティブ広告の定義と事例について、書いていきましたが、最後にブロガーとしてどのようなネイティブ広告の選択肢がありうるかを考えてみます。

NewImage

 

 

ネイティブ広告の種類

NewImage

スマホ広告市場の起爆剤か、それとも信用失墜への入口か 日経デジタルマーケティングより)

 

まず、おさらいとしてこれらの種類があります。

 

 

インフィード型

インフィード型は今後のネイティブ広告の主流となっていくものになりそうですが、ブロガーとしての参入は難しそうですね。

やるとしたら、トップ画面のフィードに固定表示をするという感じでしょうか。

 

悪くはないけど、それほどいいものとは考えにくいです。

フィード型はネイティブ広告の主流にはなりそうですが、できるメディアはキュレーション系・ソーシャルメディア系と限られてきそうですね。

 

検索連動型・プロモートリスティング型は基本的に意味がないので飛ばします。

 

 

レコメンドウィジェット型

これは、比較的簡単にどこでもできそうですね。

自分のようにプラグインで入れていても可能ですし、関連記事を手動で入れる場合も可能です。

 

 

インアド型

これもまあ、普通に可能ですよね。

実際このように広告枠を売っているという人もいますし。

 

 

カスタム型

カスタム型は本当にそれぞれのブロガーによるとしか言いようがない部分で、それぞれのブログの書き方によって色々な可能性がありますよね。

自分の場合はあまり選択肢がなさそうですが、よく記事の始まりにつけているアイキャッチ用の画像を広告化するとかそういう感じでしょうか?

 

もしくは、記事中のアフィリエイトではなく、ネイティブ広告を入れこんじゃうのもありそうですね。

キュレーションの記事も書いているので、そこへ入れることも考えられそうです。

 

 

ネイティブ広告ってアフィリエイトのようなもの

ブロガーとして考えると、アフィリエイトとネイティブ広告ってけっこう似ている気がします。

ネイティブ広告って枠のことらしいですが、その枠に適したコンテンツがないとあまりよくないものです。

 

アフィリエイトも同様で、その記事に適したものじゃないと売れません。

そして、理想論を言ってしまうと、ブログのようなアーンドメディアに掲載される企業だったら、アフィリエイトで十分載りますし、アフィリエイトなしでも紹介してくれるところはいくらでもあるでしょう。

 

 

記事広告とセットがやっぱりよさそう

人によりますが、ブロガーって個人の色が凄く出ている場合が多いので、その色にあった記事を作ることも必要です。

そのためには、記事広告とセット作るのがやっぱり効果的なのかなって思います。

 

イケダハヤトさんの場合はバナー広告ですが、広告主のブラインドサッカー協会の記事も書いています。

あなたは「目隠し」でサッカーができますか?驚愕の障害者スポーツ「ブラインドサッカー」 : まだ東京で消耗してるの?
「日本ブラインドサッカー協会」のバナー広告掲載が始まりました。 : まだ東京で消耗してるの?

 

こういう形式の方が、お互いにメリットがありそうです。

 

 

こんな感じで色々まとめてみましたが、ブロガーとしてはネイティブ広告よりも、記事広告・ブランドコンテンツの方がやりやすそうですね。

もしくは既にやっているところが多そうですが、レコメンドウィジェット・インアド型ですね。

 

このブログにももし、ネイティブ広告を載せたいということがありましたら、気軽に問い合わせまでご連絡下さい。

もちろん通常のバナー広告・記事広告も可能ですので、まずはご連絡ください。

 

 

関連記事・書籍はこちら。

ネイティブ広告ってこういうことらしい。
ネイティブ広告の事例をまとめてみました。
ネイティブ広告の役割は潜在顧客へのコンテンツのディストリビューション/資生堂・ケンタッキーの事例紹介 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.