バイラルメディアから学ぶ! コンテンツをどう拡散させる?

 - 

 -  >

 -  ブログ, マーケティング

バイラルメディアから学べることはたくさんあります。

バイラルメディアって定義にもよりますが、とりあえずこの記事では、ソーシャル流入が多いメディアとでもしておきましょう。

 

ソーシャル流入が多いということは、ネットで受ける文脈を捉えているからバイラルに拡散できるということです。

だから、ネットでの受け方、タイトルの付け方などのコンテンツの作り方を学ぶことができます。

Imgres

 

ネットで受けるコンテンツの作り方

ネットで受ける文脈をウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)などの著者である、中川淳一郎さんはこのように言っています。

(1)話題にしたい部分があるもの、突っ込みどころがあるもの
(2)身近であるもの、B級感があるもの
(3)非常に意見が鋭いもの
(4)テレビで紹介されているもの、テレビで人気があるもの、ヤフートピックスが選ぶもの
(5)モラルを問うもの
(6)芸能人関係のもの
(7)エロ
(8)美人
(9)時事性があるもの
(10)他人の不幸
(11)自分の人生と関係した政策・法改正

ウェブで儲ける人と損する人の法則より)

2個増えました。まずは (12)韓国が関わっているもの。世論に嫌韓感情が高まったのが大きいです。もう一つは(13)ジャズ喫茶理論が適用されるもの。

「これからの編集者」 第7回:中川淳一郎(ネット編集者)5/5|インタビュー連載「これからの編集者」 – DOTPLACEより)

 

バイラルメディアのバズはこれらに基づき、ソーシャルメディアで受ける必要があります。だからこそ、バイラルメディアのコンテンツにはネットで受けるものがたくさんあります。

 

CuRAZY | 笑うメディアの実例

最近受けた記事はこのようなものがあります。

【性格診断】あなたがパートナーにしたいのはどのネコですか? | CuRAZY【性格診断】あなたがパートナーにしたいのはどのネコですか? | CuRAZY

この記事を共有する “【性格診断】あなたがパートナーにしたいのはどのネコですか?”いつもの道を歩いていたところ、通りの角に段ボールがありました。中をのぞくとそこ…

約3400いいね

 

過去最高のいいねの記事はこちらです。

そうとも言える!!バツとも言えないテストの秀逸な珍回答10選(画像) | CuRAZYそうとも言える!!バツとも言えないテストの秀逸な珍回答10選(画像) | CuRAZY

この記事を共有する “そうとも言える!!バツとも言えないテストの秀逸な珍回答10選(画像)”1,昔の人はこういうだろうということ2,いっぱい書いたのに3,山手線…

約35万いいね この記事はかなり多くの人がシェアしていました。

 

Spotlight(スポットライト)- 話題を生み出す発掘メディア

スポットライトの最近の人気記事です。

毎度女心を鷲づかみにしているLUMINE広告の最新コピーがセンセーショナルだと話題に毎度女心を鷲づかみにしているLUMINE広告の最新コピーがセンセーショナルだと話題に

約15000いいね

 

初めての育児に不安だらけだった1年。1歳児検診の帰りにパパがママに贈った感謝のサプライズ初めての育児に不安だらけだった1年。1歳児検診の帰りにパパがママに贈った感謝のサプライズ

約13万いいね

 

このようにバイラルメディアには、「(1)話題にしたい部分があるもの、突っ込みどころがあるもの(2)身近であるもの、B級感があるもの」この二つに当てはまるコンテンツが多いです。

 

そして、このようにFeedback – ブログの反響を可視化を使いながら拡散状況を見ていくのも結構面白いです。

CuRAZY | 笑うメディアの実例

2014 08 12 02 24 322014 08 12 02 24 56

 

Spotlight(スポットライト)- 話題を生み出す発掘メディア

2014 08 12 02 25 27 2014 08 12 02 25 41

 

 

バイラルメディアから学ぶタイトルの付け方

バイラルメディアはそのメディアにもよりますが、タイトルでの勝負が他のメディアよりも圧倒的に大きいでしょう。特に動画のキュレーションが中心のバイラルメディアはタイトルが全てといっても過言ではありません。

現状のバイラルメディアは自作でコンテンツを作っているところはまだほとんどないので、タイトルでソーシャルメディアに表示された時に見たいと思えるものをつけることができているかということがめちゃくちゃ重要です。

 

タイトルの付け方にめちゃくちゃ拘っていることでも有名なアメリカのUPWorthyはこのようにタイトルをつけているようです。

1:不正に怒る
2:驚く、刺激を受ける
3:〝エンジン〟を組み込む
4:数字を使い、読者が短時間で多くのことを知ることができるとアピールする
5:古典的煽り要素を躊躇せず活用:セックス、セレブリティー、〝驚きの効果〟
6:言葉で遊び、古典的な見出しの禁じ手に縛られない
7:奇妙で興味をそそる言葉を組み合わせる
8:見出しでストーリーを語る

9番目の〝秘密〟は、1本の記事につき、毎回25本の見出し案を書き出す、というアップワージーの〝鉄の掟〟だ。

バイラルメディアの見出しを分析する:その9つの法則 | 新聞紙学的より)

 

ネットで受けるコンテンツの内容について書きましたが、ネットで受けるコンテンツを作っても、それをタイトルに落とし込むことができなければ意味がありません。

数字はタイトルをつけ方としては鉄板ですが、特に最近増えていて重要だと思うのは、「見出しでストーリーを語る」の部分です。

 

最近の記事はタイトルが長いものが多いです。そしてタイトルを見ると何となく内容がわかってしまうものもよくあります。

このようなタイトルにストーリーがあるものっていうのはソーシャルの受けを考える時には重要だと思います。(SEOを考える際は一般的にタイトルは32字以内が言われているので、そこの兼ね合いは考えるべきところですが。)

 

また上記のネットに受ける記事の部分に被りますが、この記事にUPWorthyで実際にPVを集めることができた記事についてもこのようにあります。

アップワージーのSXSWの資料では、同サイトで100万を超すページビューを集めた、10のトップコンテンツから読み取れるいくつかの傾向をまとめている。次のようなものだ

・質の高い動画である
・衝撃的な内容である
・リアルで人間的、真に迫った場面がある
・悪役、いじめ役が登場する
・そして、正義の味方が勝つ
・その時の読者の気持ちを代弁している

バイラルメディアの見出しを分析する:その9つの法則 | 新聞紙学的より)

 

そして、このトップコンテンツの法則では、「その時の読者の気持ちを代弁している」という点が重要です。

これに近いことをらふらくさんはこのように書いています。

「フリーライダーはシェアした書き手の腕を認めた上で、気軽にドヤ感を得るために優れた文章にただ乗り」するという事実です。

「あー、俺も同じこと思ってた」という言葉が嫌い| らふらく^^ ~ブログで飯を食う~より)

 

読者の気持ちを代弁してくれているから、ただ乗りをして、シェアなどをしてくれるのです。

 

このように、ネットで受けるコンテンツを集め、しっかりとそれをバイラルさせるためのタイトルをつけて拡散することができているバイラルメディアは、批判も多いですが、ちゃんと見てみると結構学べるところがあります。

 

 

関連記事はこちら。

バイラルメディアは価値がない?いやいや学べる事がいっぱいあるよ| らふらく^^ ~ブログで飯を食う~
バイラルメディアの見出しを分析する:その9つの法則 | 新聞紙学的
バイラルメディア「Upworthy(アップワーシー)」に学ぶ、バイラルさせるために大切な5つのこと | Ginzametrics
バイラルメディアは成長のための手段! | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
意外と奥が深いまとめブログのノウハウ! 「はちま起稿 月間1億2000万回読まれるまとめブロガーの素顔とノウハウ」 | 新卒でプロブロガーを目指すブログ!
2014年最大のトレンド・バイラルメディアのすべて。今話題のバイラルメディアを徹底分析【前編】

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

はてなブックマークに追加

 更新をチェックする! follow us in feedly

カスタム検索

Popular Post

Copyright© 新卒フリーランサーのブログ!2014 All Rights Reserved.